猫好きも猫嫌いも 聴いてみる価値あり !!

 

 地域猫についての勉強会のご案内です。

なかなか こういう類の会合がありません。

野良猫を、単に、厄介者としてとらえるのではなく、排除だけを望むのではなく、どうしたら 安心することができるかを共に考えてみませんか?

猫にも人にも納得のいく方法があるか、地域が気持ちよく受け止める策はあるか、名案はあるのでしょうか。

せっかくの機会ですから、猫好きはもちろん、猫嫌いの人も 是非 お話しを聴いてみて下さい。

経験豊かなベテランのお話しに 突破口やヒントがもらえるかも知れませんよ。

いやだいやだ、いけんいけん、かなわんかなわん、などと 不平不満を叫んでるだけでは 事は解決しません。

たくさんのご参加に期待しております。

|お知らせ|17:55| - | 2020.01.17 Friday |

週末の様子

 先日ご紹介のTOWAちゃん、病をおしての訪問後、様子が気になっていましたが、都合よく 訪ねる機会を得ました。

共通の犬友と一緒でしたが、我々の姿を見るなり、クレイトから出てきて、大歓迎でした。

嬉しそうに尻尾を振り、我々を順番に歓迎して回る彼女の動きは、とても重度の腎不全とは思えず、嬉しい悲鳴を上げました。

 ひとしきり 愛想を振りまいたら、わきまえたかのように、部屋のくつろぎスペースに寝ころびました。

 

大好きな家族と共に 好きなように寝そべったり歩き回ったりできる部屋には、つい昨日から始めた家庭での点滴の専用ベッドもしつらえてあり、病める愛犬を支える態勢は万全です。

そう長くは残っていない余命を 十分満ち足りたものにできるよう、あらゆる気の配りように感心するばかりです。

ここまでしてもらったら 愛犬も どんなに幸せでしょう。

飼い主さんの許容範囲での最善を尽くしておられるのが手にとるように分り、後悔のない安らかな想い出の日々は、後に振り返るとき、きっと笑顔であることは間違いないでしょう。

老犬、療養中の子などは、こうした家族の心遣いほど安心につながるものはありません。

 

注文していた帽子ができあがったと 受け取るや否や 光希母ちゃん、早速かぶせてみました。

お好みの青で 希望の通りのができました。

 

こちらは 新しく発想した真っ赤な「トマト帽」です。

が、モデルのゴンコを見てお察しの通り、今一つ しっくりと収まりません。

「ふうちゃん」さん、持ち帰って デザインと設定など、手直しをされるそうです。

改良後のトマト帽をお楽しみに〜♪♪

 

ラピス君のは もちろんラピスカラーの青で頼んで はい、この通り!!

 

ところで 今日、愛猫にもと関心を示された方があったので、試しに、我が家の猫部屋に暮らすにゃん蔵にかぶせてみました。

にゃん蔵、手早くかぶせるも 決して容易ではありませんでした。

猫は、ほぼ野生動物に近いので、そう簡単にはいかにゃいようです。

人工的な異物を身体にまとうなんて たいていの子はお断りかも知れませんねえ。

でも、一瞬でしたが なかなか可愛かったですよ。

|店主のつぶやき|16:47| - | 2020.01.17 Friday |

TOWAちゃんの来訪

 誰かを待つ間、一瞬 どことなく沈鬱な表情を見せたなっちゃん。

今日は 特別な訪問客を迎えるために、待ち受けているところです。

 

やがて 一台の乗用車が到着しました。

バックドアを開けると そこには TOWAちゃんが後部座席全体をベッドに仕立てた上に居ました。

 

幾重にも敷かれた毛布は ふんわりとクッションの利いたベッドになっています。

これまでは 家族犬の紬ちゃんと 大型乗用車に並んだクレイト(バリケン)に入っているのが常でしたが、にわかに老衰が進み、

不調の身体に優しい移動方法ということで あえて ベッド仕様に変更です。

 

あれあれ、歩行もままならないのかな? 

この大きな身体を抱こうとする直前、手を貸そうとする私に「もう軽ぅなっとるけえ。」と苦笑いのお母ちゃん。

いとも軽々と抱かれた姿に、体重が減り、老いの進んだ現実を実感しました。

 

ドッグランに入る最初のゲートを通ると、もう匂いを嗅ぎだしました。

地面に下ろしたら、意外にも 慣れた場所と知ってか 脚の運びは滞りません。

 

第二のゲートを出ると そこは 若い頃から つい先日まで 遊びに来ていたおなじみの場所です。

 

入念に匂いを嗅いで、往時を懐かしむかのようです。

 

ためらうことなく すぐに排尿。

 

風を感じ、楽しい日々を感じ、元気だった時代を想い出す表情は、幸せな境遇に満ち足りた顔をしています。

 

 

昔なじみのなっちゃん母ちゃんが 愛おしそうに抱き留めます。

 

そうそう。いつも 平和をそのまま表したような顔で 大好きな人に甘える仕草です。

 

なっちゃん母ちゃん 感無量!

ずっと この15年ばかりを 友達として接してきた彼女も こうして TOWAちゃんを ひしと抱きしめるのは久しぶり。

TOWAちゃん、この世の極楽という顔で 全身を委ねたまま、身体をくねらせて甘えるひとときを 温かい陽光が包みます。

 

 

彼女の水の飲み方は、昔から これ。

蛇口からの直飲みです。

ほどよいところで 蛇口を止めます。

 

春には程遠いのに、優しい日光に味方してもらい、ドッグランでのふれあいのひとときに満足した後、店内でお茶をすることにしました。

これまで 元気すぎるTOWAちゃんは、無作法があってはならじと、お母ちゃんの遠慮とお気兼ねから、店内には入れることなく、ドッグランから車に直行だったけれど、今日は違います。

彼女がよく知る顔ぶれがお茶を手に談笑する場に、こうして同席させました。

ほ〜ら、ブログで紹介のわんこ帽も かぶせてみましょうよ。

サイズが違うため、かぶることはできませんが、この愛らしさを目で楽しもうと、注がれた視線を いつもの笑顔で受け止めてくれました。

 

 これまでも、寝たきりの子を同伴でご来店の方もあり、こういう子が来ると 毛布で対応しますが、あの元気印のTOWAちゃんが、柔らかい毛布の上で休む光景を見るとは想いませんでした。

目に力こそありませんが、安らかで 嬉し気です。

 

今日は 病院帰りに 脚を伸ばしての訪問です。

常に笑顔で 場を明るくしてくれるお母ちゃんのそばで、仲間との談笑を 毛布の上に伏せて見守ります。

強引にお菓子をねだることもなく、ただ その優しい時間を味わっているようです。

 

談笑のひとときを終えて さあ、そろそろ帰るよ。

老犬に優しい仕様の服には、前半身と後ろ半身に 体重を支える持ち手がついています。

それを引っ張り上げるように 前進を手伝います。

みんなが 「TOWAちゃん がんばって。」と声援を送ります。

TOWAちゃん、それに応えて 危なげな足取りですが、車の方に歩みを進めます。

 

元気なころは、この車より車高のある車のバックドアを開けたら、一瞬で飛び乗ったものです。

しかし、今日は このように優しく抱かれて よいしょと乗せます。

 

 

今度、いつ来れるかな。

お天気がよく、体調も悪くなければ、是非 また来て欲しいと願いながら 車上の友を見送ります。

 TOWAちゃん 3月で15才です。

これまで 年齢の割に元気だと 皆さんに感心されており、この調子では二十歳も目指せるようだと 健康面での不安が話題になることがありませんでした。

しかし 年明けて 急に食欲がなくなり、嘔吐、多飲多尿の症状が出始めたかと思ったら あれよあれよというまに老化が加速してしまったようです。

診察と検査の結果、なんと、重度の腎不全ということが判り、最終章に入ったことを認めざるを得なくなったご家族のご心情は まだ心の準備ができていないだけに とてもお辛いものがあります。

これまで 深刻な病気もせず、元気いっぱいだった14年間でした。

しかし、ここに来て まさかの腎不全という現実は 平素関わっている私にも大いにショックです。

老いは どの子にも避けることのできない身体の宿命です。

それを承知で迎え、長命を目指し、最善を尽くしての管理に努めて来られた飼い主さんにとって、急に坂を駆け下るような、予兆のない老衰現象を自然体で受け入れることは とても酷であり、哀しいものです。

子犬時代から関わってきた私にとっても 動揺は禁じえません。

 もう幾日も食べていないTOWAちゃんは 補液(脱水予防の点滴)を毎日受けて 生命を保っています。

今日 小さなときめき、ワクワク感をと思い、指先に ほんの少量だけ乗せたおやつを それでも 口にしてくれる瞬間を目の当たりにして小躍りしてしまいました。

嘔吐が日常的な症状となっているTOWAちゃんにとって 食の可能性は もう皆無なのかと 残念でなりませんが、あとは、ささやかな喜びを絶やすことなく 力まずに向き合う日々を最良の薬として 笑顔で支えていくことが肝要かと思う次第です。

 15の誕生日が迎えられたら嬉しいけれど、数字にこだわるのはやめにして、一日一日の満足感を大切に、安らかな晩年を守ってもらいたいと願うばかりです。

 今度いつ会える? そうつぶやきながら 家路に帰っていく車を 押し寄せる深い感慨を振り払うように 手を振る私たちでした。

 

今日は 昨日のにぎわいとは対照的に とても静かな一日でした。

午後からは 鳥取市の犬収容所から 一頭の中型犬を遊ばせに来られ、解放感を味わう犬と、相手をして遊ぶ職員さんの姿が 窓の外に展開するのを そっと見守っている店主でした。

どの子も幸せであれ。

|店主のつぶやき|17:59| - | 2020.01.14 Tuesday |

日曜日も 辛うじて晴天なり

 これまでは、祝日というのは意外にも来客が少ないビンチェーロですが、今日は 初めてのお客様もご来店で いつもの祝日よりにぎやかでした。

お天気も どうにか青空が広がる時間帯があり、いっとき、強い寒風が吹きましたが 皆さん  愛犬と楽し気に遊んでくれました。

 

初めて来てくれたコロンちゃん。8ヶ月だそうです。

 

まん丸お目目のシンディーちゃん。

たいそう怖がりだそうです。

 

ペコちゃん。

 

 2頭はお身内同士。

今日はシンディーちゃんのフードのご相談に来て下さいましたが、2割引きセール中のハーネス(展示品)も試され、早速お求めいただきました。

短吻種は 気道の関係で 首輪では、負担が過度にかかることが懸念されるため、緩和策として ハーネスに興味を示されたので、ちょうどよいタイミングでのお買いものとなりました。

 

今年の走り初めに来てくれたくるみちゃんです。

ご機嫌の笑顔が弾けます。

 

自前のボールを 得意げにくわえての力走でした。

 

そこにやってきたオジちゃんとは 緊張漂わせながらも、どうにか遊びのモードに持っていくことができました。

 

あ〜そぼ!!

どちらも心の武装を解くには もう少し回数が必要のようですが、良いお友達になれそうです。

 

初めて登場は、清正(きよまさ)君。

あの天下無双の戦国武将 熊本城主 加藤清正に由来だそうで、実は、元の飼い主さんの事情(老齢)により 長期お預かりの末、

引き取られたそうです。

お店に入った時は 震えていましたが、時間経過と共に落ち着いてきて、他の犬の挨拶をも受け入れる寛容さが 社会性の余裕を示していました。

 

ドッグランに出るのは どうやら生まれて初めての様子。

珍しそうに、でも、とても楽しそうに 解放感を満喫してくれたようです。

これまでの飼い主さんが高齢のため、存分に運動をさせてもらうという経験は乏しいようです。

まだまだ これから 取り戻してもらいたいですね。

いつでも歓迎しますよ。

 

マメタ君が来てくれました。

 

 

ビンチェーロ族が一斉に出たドッグランに、小さいなっちゃんとペロちゃんの姿もありましたが、ちんまりとしているペロちゃんには 幸い 誰も手出しをすることはありませんでした。

やれやれ。

 

 

ペロちゃん。

なっちゃんと一緒に 某所にて保護された経緯がありますが、今は 転身し、愛情まみれの家庭犬です。

わんこ帽の宣伝に一役。

 

 

マメタ君、高齢ながらも、わんこ帽をかぶって、まだ愛らしさを演出できそうです。

 

初めての帽子に戸惑いつつも 拒否することなく、満足気に飼い主さんのお膝でくつろぐマメタ君。

今日は 試着の甲斐あって かわいい帽子を誂えてもらうことになりましたよ。

お母ちゃんの膝で 大人しく採寸にも協力してくれ、あとは仕上がり連絡を待つばかり。

楽しみだな。

嬉しいな。

本犬はともかく、飼い主さんが ウキウキかも。♪♪♪

 

ペロちゃん、さすがに そりゃ大きすぎるわ。

その見本は中型犬サイズです。

 

あたしゃ、もう 何度もかぶせられて 疲れた。

なっちゃんは 帽子を見ても今日は見物に徹していました。

 

100円服を試着してみたら、濃い鼠色の毛色に赤が映えて 背番号10番、なかなか似合います。

 

久しぶりに来てくれた右君は、ドッグランを楽しんだ後、新しい肩掛け可能リードを新調してもらいました。

 

病気に負けず 元気さをアピールするホクト君を ビンチェーロも応援しています。

目の奥の腫瘍を抱え、どれほど鬱陶しいことかと思いますが、来る度、彼の笑顔に救われ、逆に励ましてもらってる気がしています。

飼い主さんも 素晴らしい自慢の愛犬を 全力で支え、守り、機会をつくっては ビンチェーロドッグランに連れて来られます。

病気に打ち勝つことが理想ですが、それが叶わずとも、生の質を保つ努力に頭が下がります。

だから 我々も 及ばずながらも手を添えたいと思っています。

お店でホクト君と出会っても、どうぞ温かく 笑顔で見守ってあげて下さいね。

 

リンポチェちゃんが帽子の試着です。

 

うん。このデザインも可愛い。

 

あ、こっちもいいな。

 

ほ〜らね。

可愛いリンポチェちゃんが さらに可愛くなりました。

 

ハペ君も 「花ちらし」をかぶってみました。

2頭ともに気に入って下さり、早速のご注文。

採寸後、色、デザインを選んでいただきました。

出来上がりが楽しみですね。

 

小さな身体を覆う服の背中には 来てる本犬とは あまりにも対照的な猛獣の名前が並んでいます。

でも、これ、四肢を覆う防寒性が気に入り、お買い上げ〜〜♪♪

帽子に服に、ご協力に感謝致します(アニマルリンク鳥取)

 

今日も楽しかったね。帰り際に来たももちゃんに見送られて 「それじゃあ、お先に失礼します。」と 満足気にお帰りのハペちゃん一家です。

|店主のつぶやき|22:06| - | 2020.01.13 Monday |

12日 日曜日のビンチェーロ

 ヘルマンの「サーモン100%」が えらく気に入って また買いにきましたと来られたくるみちゃんちです。

早速、「ふうちゃん」のわんこ帽に興味をお持ち下さって、試着です。

 

どれもいいけど、迷った末に、青より黄色が似合うなあということで 早速 ご注文いただきました。

 

100円の古着も サイズぴったりで こちらもご購入。

 

ちょうど遊びに来たイブキ君と気が合って、そのまま一緒にドッグランを楽しみました。

 

小型犬同士、バランスがとれて、いい感じです。

 

 

それぞれが独走場面もありました。

 

今日「ふうちゃん」さんが 新作のデザインをお持ち下さいました。

名付けて「花ちらし」。

まずは 中型サイズモデルとして 光希が装着してみました。

 

 

「花ちらし」は、クロちゃんサイズなのですが、このデザインでも 小型から大型までお作りいただけますよ。

 

ちょっと女の子っぽいけど、強面犬のイメージ緩和にはなります。

 

こはるちゃんも 早速興味津々での試着開始。

 

あれこれ迷って デザインと色を決めたら、採寸です。

早速のご注文を承りました。

 

こちらも わんこ帽のことをブログでご覧になって 2頭の愛犬に誂えようと来て下さいました。

カメラのタイミング悪く、クルリちゃんの貴重な一枚しか収められませんでした。

ラブ君も かわいかったですよ。

ご注文の帽子が届いた折に あらためてご披露させてもらいますね。

 

 

午後からは曇天で寒い風が吹くドッグランでした。

コロ君と、ラッキー君が楽しそうに遊んでくれました。

 

いつの間にかシニア年齢に達したクウ太君は、まだまだ若者のように元気です。

いつものように投げたゴム製わっかを 喜々として回収してきます。

 

 今日は 猫譲渡会もありました。

こちらは 連絡の行き違いで にわかに参加された3匹の子猫たち。

白い子

白地にハチ割れの子

 

グレーの毛の子

 

まだまだ幼い幼猫です。

面会ご希望の方は 来週の日曜日にご来場下さい。

本日のご縁がなかったので また次週に参加の予定です。

なお、ビンチェーロにはおりませんので、面会に来られてもご覧いただけません。

 

こちらは 先週に引き続き 参加するも、ご縁につながらなかった茶トラ君です。

穏やかで 人懐こい子です。

また来週 是非 会いにいらして下さいね。

 

生後4か月前後ですが、まだまだ風貌が幼い子猫です。

 

|店主のつぶやき|17:35| - | 2020.01.12 Sunday |

12日(日)は猫ちゃんの譲渡会あります

 先週に引き続き 茶トラちゃん(通称 コトラちゃん)の 譲渡先を求める譲渡会を実施します。

面会ご希望の方、ご検討中の方、是非 ご来場下さい。

先着順ではなく、面談の上、個体にとって最良と思われるご家庭にお話しを進めさせてもらいます。

対象猫ちゃんが滞在する時間は1時〜4時となっております。

良縁をお待ちしております。

|里親情報|21:35| - | 2020.01.11 Saturday |

土曜日ドッグラン

嬉しくてたまらないという顔で走り回るポロちゃん。

 

 

店内で 早速 わんこ帽の試着。

 

あら、予想以上の可愛さ。

よく似合ってる!!

 

な、な、なにすんねん!!??

 

こいう型のも いいねえ。

 

テル坊も、モデル協力

 

帽子なんて おいらには無用さ。

やっぱり 素っ裸でドッグランというのが性に合ってるテル坊です。

 

土曜日の男、大ちゃん、年明けて この秋17才になりますが、跳ねるように走る姿を披露してくれました。

本犬も大満足。

 

ええ〜〜? なになに、なにすんの〜?

あっと言う間に、新作帽子をかぶせられたタブちゃん。

 

乗り気じゃないけど、周囲が勝手に盛り上がってるので 仕方なく協力。

 

後ろ姿も見てよ。

 

クロちゃん帽を大ちゃんがかぶると こうなります。

 

タブちゃん、女の子指数上がるフラワースタイル。

 

わ〜い、あたしゃ、昨日 もう あれこれとかぶる仕事済ませたもんね〜〜♪

独り ドッグランで跳ね回るなっちゃんです。

 

 

キャバリアのヒナタ君をドッグランで迎えるルル君。

 

 

ヒナタ君、久方ぶりのご来店の今日は ハーネス選びということで、試着品をまとっての試験遊びです。

 

違和感なく、運動に支障なく、自然体で動けることを確認。

そばで 近寄って 若いあんちゃんの行動を見守るのはタブちゃんです。

 

今日は独り、お母ちゃんとお買いものに来たついでに 解放されて遊びに興じるのは ももちゃんです。

 

いつも一緒の家族犬は居なくても 嬉しそうに走り回るももちゃんでした。

 

 

さて、かわいこちゃんのモデルばか登場しましたが、強面(こわもて)の子にもかぶせて、どんな感じになるかご覧いただきましょう。

光希がかぶると こうなります。

ものものしいヘルメットの方が似合うかも。

 

強いイメージを緩和するのには 役に立ちそうです。

 

 

時々 運動に連れてきてもらうももちゃん。

ももちゃんという名前はとても多いのですが、こちらは柴系のももちゃん。

運動の後、大好きなお父ちゃんの腕で得意げな笑顔は 彼女のトレードマークです。

 

笑顔を見せたまま、帽子モデルも務めてくれました。

 

今日も いろんな子が 「ふうちゃん」のわんこ帽が どんな感じかのモデルになってくれました。

協力してくれた子たち ありがとう。

 このわんこの帽子は、Mさんが ご注文(オーダー)を伺って、採寸に基づき、色、デザイン、細部のオプションなど、お好みで制作するものです。

既製の展示品販売はしておりません。

こちらの商品は 全て 飼い主さまとのやりとり(ご注文)を受けての完全オーダー品となりますのでご了承下さい。

展示品は、見本であり、お気軽に その場でお試しいただけます。

 

 超小型犬サイズ     1,000円

 小型〜中型犬サイズ   1,300円

 大型犬サイズ      1,600円

 

という設定になりました。

なお、売り上げの一部は アニマルリンク鳥取の基金となり、当会が関わる保護犬猫の医療費、飼養管理費に充てられます。

関心ある方は、現物(見本)をご覧の上、愛犬ちゃんに試着させてみて、お気に召しましたら、ご注文下さいね。

 

|-|21:31| - | 2020.01.11 Saturday |
全 [602] ページ中 [1] ページを表示しています。