本日の営業時間について

まことに申し訳ありませんが、本日 29日は、都合により 午後1時からとさせていただき

 

ます。

 

|お知らせ|07:28| - | 2017.05.29 Monday |

なつかしの実家訪問

何年ぶりかで訪ねてくれたチロルちゃん。

以前の譲渡会で、ご縁を授かって この店を後にしてから ずいぶん時が流れました。

今は8才になったチロルちゃん。

少しふっくらした感じですが、怖がり性格は 当時より幾分緩和されっとはいえ、馴れない場所ではお姉ちゃんに甘え、頼ります。

保護犬同士、光希やティティーちゃんとも 大人の挨拶ができました。

 

 

 

遊びに来た親友第一号のポタちゃんとは、気温のせいか、今ひとつ乗りがよくありません。

でも、思い出したように 短い時間でしたが、交流を楽しむことができました。

|店主のつぶやき|17:58| - | 2017.05.28 Sunday |

日なたは つらいが、つい がんばっちゃう

チーバ山と若光希の一番、今日も見ごたえありましたよ。

ブチコが行司を務めます。

 

 

 午後からは ティティーちゃんがやって来ました。

暑さに注意しながらの交流が始まりましたよ。

みんな とっても嬉しそうに 今日も 子分のように ティティーちゃんについて回ります。

 

 

 

モテモテのティティーちゃん。

人気スターのように取り囲まれます。

|店主のつぶやき|17:52| - | 2017.05.28 Sunday |

ちょっと淋しい話

 

この春より 保護犬保護猫の医療費や管理費などを稼ぐために、募金ばかりに頼らず、自力で頑張ってみようと始めた「わんにゃん応援市」でしたが、残念ながら 売れ行きは不振状態が続いております。

可愛い服、まだまだ使用できる新しい服、アイディアがおもしろい服など たくさん吊り下げて お客様のお買い上げを待っていたのですが、そうこうする間にも犬猫に費用がかかることが多々重なり、わずかながらでも基金獲得を加速しようと、これらをリサイクル業者に売ることにしたのです。

スタッフで 吊り下げた服を全部下ろして、ダンボールに詰めました。

他にも、箸とか犬関係グッズを詰め込んで まずは リサイクルショップに運んでみることにしました。

果たしていくらになるのか分りませんが、いつ売れるとも分らないまま歳月ばかりが過ぎるのも つらいところです。

なんだか、ちょっと淋しいのですが、しかたありません。

愛犬の服をご寄付いただいた皆様には 感謝しておりますが、せっかくのものを 売ってこそのご支援品と思い、そうさせていただきます。

今日は 犬も猫も希望者は無く、こうした作業に精を出す日もたまにはあります。

たくさんのワンちゃんに見てもらい、買ってもらいたかったのですが、また、次のご縁を待つとしましょう。

そんなわけで、しばらくは 「犬の古着屋さん」はありませんのでご了承下さい。

なお、ご寄付いただいた方、ご利用いただいた方々には 心から御礼申し上げます。

|店主のつぶやき|17:47| - | 2017.05.28 Sunday |

モンタ会場の電話番号 訂正しました

昨夜のブログを読み返していて、間違いに気がつきましたのでお詫びして訂正します。

本日 猫譲渡会が行われる「モンタさん」の電話番号が間違っており、本文を訂正しましたので 連絡なさる場合は 改めて確認をお願いします。

なお、同会場の「スタッフブログ」も参考になさって下さい。

 

http://ameblo.jp/7528535?

 

ビンチェーロ同様、モンタ会場も どうか よろしくお願いします。

気楽に脚をお運び下さいね。

|お知らせ|06:56| - | 2017.05.28 Sunday |

母子猫 大募集中 ご相談承ります

の〜〜んびり優しいおっとり母ちゃんと その母ちゃんを頼りに生きる子供。

どちらも既に不妊手術を終えています。

個性的な雰囲気が魅力的な母ちゃんは いつも娘を温かく見守っていますので こちらは母子セットでの譲渡を希望します。

受け入れを検討いただける方、どうかご連絡下さいね。

明日は ビンチェーロには連れてきませんが 面会希望の方には個別対応できます。

なお、猫譲渡会は いつものように鳥取市興南町にモンタさん(0857−20−2313)で1時〜4時に開催です。

ご相談も面会も どちらの会場でもご利用下さいね。

上光子犬の面会は ビンチェーロへどうぞ。

 

|里親情報|22:28| - | 2017.05.27 Saturday |

今日は 一周忌でした

 

外来種の黄色い花が咲き乱れるこの頃になると思い出すのが 昨年天寿を全うした愛犬テコです。

今日は 彼女が17才9ヶ月の一生を終えて旅立って一年目の祥月命日です。

旅立ちの胸に抱かせたのも 家の前に咲き乱れる野のタンポポでしたっけ。

晩年の胃捻転と前庭疾患以外 病気らしい病気もせず 健康な一生を送ってくれて、常に私のことを見守ってくれたテコ。

10ヶ月の介護経験も勉強させてくれて これが大いに役立ったことは言うまでもありません。

ありがたいことに 認知症にもかからず、最後の日まで食も衰えることなく、むしろ私は 介護を楽しむことすらできたのです。

私を手こずらせたりすることもなく、優しく私を見てくれていたテコには感謝しかありません。

良い世話をしたね、と人は言いますが、世話になったのは私の方。

生涯 一度も洗うことがなかったにもかかわらず、体臭も、皮膚問題も知らぬまま 本当にありがたい愛犬でした。

いつも手入れが行き届いてますね、などと言われると、まさか、一度も洗ったことないなんて言えませんでした。

でも 実際 それは事実なのです。

雑種で生まれて 生後10日ばかりで捨てられて(今の上光子犬と同じ)、ご縁あって 私の許に授けられた素晴らしい愛犬でした。

彼女は天からの贈り物だったのだと思います。

そうか、今日だったのか。

なんだか バタバタ忙しくて しみじみ思い出す間もないまま、今日を迎えてしまいましたが、テコは そうやって、他の仲間のために頑張ってる母ちゃんを見て安心と満足をしているように思います。

想い出の写真を見ると、私みたいな 行き場のない子を なんとか助けるために かあちゃん がんばってね、と言ってるテコが居ます。

 

|店主のつぶやき|22:17| - | 2017.05.27 Saturday |
全 [359] ページ中 [1] ページを表示しています。