新しいグッズ

 カニスさんに伺った際に見つけた可愛い雑貨を 早速買い求めてきました。

グラスアート作家Tさんの手から生み出された小物たちです。

 

パグの容器。

本体はプラスティック製なので、紙ナプキンなどを入れるのに適しています。

 

猫の後ろ姿に哀愁を感じる小さなガラス製の容器は、つまようじ差しや一輪挿しにいいかな。

少し丈のあるガラス製のコップはペン立てにもいいんじゃないでしょうか。

 

ステンドグラスというものは、やはり光を受けて本領発揮ですね。

窓辺に置いたら 犬たちが水を得た魚の如く活き活きして見え始めました。

 

こちらは 写真立て。

ウイーンの街角で飼い主を待つ犬の写真と 偶然イメージが似ています。

 

こちらは 白いわんこの容器。

ビンチェーロでは 早速 啓発チラシを入れてみました。

常時 カウンターでほほ笑んでいる「かずぼん」ともポーズが似ていて あらまあと、笑みが浮かびました。

 

ご来店の際には どうぞご自由にお取り下さい。

かわいいわんこの姿も楽しんでね。

 これらのグラスアートは ほんの一部ですが、カニスさんで販売しています。

ご注文にも応じてくれるかも知れません。

なお、売り上げの一部は アニマルリンク鳥取の基金となります。

 

昨今の新型コロナウイルス肺炎騒動で、当店も アルコールを買ってきました。

いやはや、これまでは他国のことと楽観していたのですが、どうやら もう 明日は我が身状態となっているようですね。

 4年ほど前から中国駐在員として勤務している甥っ子の身が案じられ、久々に 怖々、安否を尋ねてみたら、先月、会社の指示で避難帰国しているとのこと。

妻子を置いての単身赴任ですが、それを支えている家族も どれほど心配だったことでしょう。

とは言え、事が収束したら また彼の地に赴くそうです。

世界も日本も もう どこに居ても 安全安心の地などないようです。

我々自身は勿論、我々を頼りの愛犬、愛猫をも 守る使命があります。

 今なお、コウモリやネズミなどの野生動物が店頭で売られ、珍味愛好の食通をうならせているというのも、食文化だからと容認する気になれぬまま、素直にうなずけない自分が居ます。 

じゃあ、カニはどうなのよ、あれも野生動物だろうがと食ってかかられても 本当に困ります。

人間とはまことに勝手なものです。

 何はともあれ、コロナウイルスの一日も早い終息を心より祈るばかりです。

|-|11:05| - | 2020.02.19 Wednesday |

土日の記録

もう春到来かと錯覚させるようなお天気に恵まれた15日(土)のビンチェーロドッグランには、すっかり場慣れした子たちが、偶然来合わせ、集うように和やかな光景が展開しました。

 

タブちゃんと春香ちゃん

 

ご機嫌上々の大爺さん。

週一度 体調さえよければ 運動と気分転換に連れてきてもらいますが、老体の元気な姿を確認することができ、私もホッとします。

 

とは言え、中型犬の16才なので 無理のない範囲に留めます。

外で満足したら こうして 店内で、お母ちゃんの懐が休憩の場となります。

赤ちゃんみたいで可愛いですね。

 

ペロちゃんが遊びに来ました。

ドッグランで、どんな連中が遊んだのか あちこち点検中。

 

 

クロちゃんもつきあいます。

 

お嬢様然として、飾り物のようななっちゃんですが、実は 相当なワイルド系です。

雨風が吹こうとも なんのそので 外を走りたがる男前ななっちゃん。(女子です)

今日は お天気なので さらに力が入って とりつかれたように駆け回ります。

 

ついでに おいらも走っちゃえ。

滅多に力走姿を見せないペロちゃんも びゅんびゅん走ります。

 

負けてたまるか〜〜。

カメラでは追えない速さで、何枚写してもブレまくり。

走ってなんぼのなっちゃんです。

 

先日 急に元気がなくなり 歩くのもやっとという状態に急変したコブシちゃんでしたが、3日ほど点滴を受けに通ううち、回復に至ったそうです。

ほぼ元通りの状態になった姿そ見ることができて一安心です。

飼い主さん不在時に、コブシ急変の報を受け、とりいそぎ搬送を担った者として、当時の不安が払拭できたことに ひとまず胸を撫でおろします。

 

また ドッグランを歩けるようになって よかったね、コブシちゃん

 

 

新しく誂えてもらった服を披露してくれた春香ちゃん。

背中の大きな笑顔が元気の素になるといいな。

 

久々におやつを買いに来てくれたトム君。

 

ご注文のわんこ帽が出来上がり、受け取りに来てくれたコハルちゃん。

 

早速かぶってみたら イメージ通り。

お好みのデザイン、色など いろいろオプションを選んでの注文なので まず 二つと同じものはありません。

温かいニット帽で もう少し続く寒い日の散歩に花が咲きますね。

 

テンちゃんも うちの子ワッペンを受け取りに来てくれて、ご満悦。

 

コツブちゃんも そっくりね。

 

力走、爆走が生きがいのハペ君登場。

 

風を切る音まで聞こえてきます。

が、あまりの速度に カメラは追いつけず。

水を得た魚とは こういうのを言うのでしょう。

 

リンポチェちゃんは、ハペ君のように走れるまで もう少しかかるかな。

ハペ君と並走して ビュンビュン飛ばし合う光景が見られるのは いつかしら。

そんな日が来るのが とても楽しみです。

 

今日も ドッグランに出て遊べたので満足して入ってきた店内では、とても静かなハペ君。

彼はONとOFFの使い分けができる賢い子です。

リンポチェちゃんの速度と空気に合わせるかのように 音もなく ひっそりとしています。

我を出さず こうして店内の空気を読んで抑えるところが 苦労犬ににじみ出るけな気さというものでしょうか。

 

こちらは 譲渡会に参加した猫ちゃんたちです。

あいにく、来場者も少なくて、良縁には到りませんでしたが、あきらめず 希望をつないでほしいものです。

 

偶然、みんな同じ柄ですが、それぞれが他人の保護猫です。

誰かに捨てられても、優しい人に迎えてもらい、幸福に暮らしていただけに、思いがけない事情により、再び 次の落ち着き先を探すことになりました。

運命とは分らないものです。

大切にお世話を受けてきただけに、こういうお別れは 実に辛かろうと 人も猫も そのご心中お察しします。

 

 今度こそ終の棲家に 安心して身を置き、幸福な生涯を全うできますようにと祈る気持ちで 次なる良縁を待っています。

譲渡会に限らず、この子らに関心をお持ちの方、引き取りをご検討いただける方からのご連絡 お待ちしています。

全員 不妊去勢してあります。

 春よ来い!!

|-|17:53| - | 2020.02.16 Sunday |

16日(日)は猫譲渡会です

 明日は お天気 どうでしょうかねえ。

空模様は心配ですが、店内では心ほっこりの猫ちゃん譲渡会を開催します。

 猫ちゃんを迎えたい方 検討いただける方は、是非 会いにいらしてみませんか?

今回の猫ちゃんは これまで大切に飼われていましたが、飼い主さんのご事情により やむなく譲渡されることになりました。

 

呼び名 コムギ

4才 4.3kg  オス

 

呼び名  びわ

5才  3.1kg  メス

 

 

わたし、ビワと言います。

 

 

呼び名  ビスケ

10才 オス

 

甘えん坊のおいらを宜しく。

 

上記猫ちゃんの詳細は ご来場の折に、面談にてご説明させていただきます。

お待ちしております。

 

譲 渡 会   1 時 〜 4 時

|里親情報|16:19| - | 2020.02.15 Saturday |

15日(土)は、ひょっとして開店時間が少し遅れるかも

明日、事情があり外出するため、11時の開店時間に 店主が帰着できないかも知れません。

とは言え、11時半ごろまでには戻れると思います。

なにとぞ ご承知のほど よろしくお願いします。

|お知らせ|18:01| - | 2020.02.14 Friday |

バレンタインチョコ   ボス君のお買いもの

バレンタインデイなんて ぜ〜んぜん興味なしです。

でも、チョコレート好きの私には 行く先々のスーパーで店頭に並ぶチョコレートの数々を 買う、買わないにかかわらず物色するのが この時季の楽しみです。

 先日 デパートのチラシで 白猫の絵が印刷されたハート型の缶入りチョコを見つけ 気になっていました。

何年も行ってないデパートにまで足を運ぶついでも時間もなくて 欲しいなあと思いつつも断念していました。

 そうしたら、なんと とあるお客様から 思いがけなく それ そのものを頂戴したのです。

まさしく買いたいけど果たせなかった白猫缶です。

 もう 嬉しくって嬉しくって 小躍りしました。

なんで、この白猫缶だって分ったのかしらん?

単なる偶然とはいえ、サイズ的にささやかなものとは言え、私には特別なものです。

 

そっと開けたら、これまたビックリの可愛い猫どもが現れました。

しかも どれも美味しい!!

食べるのが勿体ない愛おしさを あえて無視し、口に入れると 亡き愛猫の想い出が そのまま甘い味になったような、不思議な感触でした。

「ヨシオ〜〜!」と呼びかけ、白い猫缶は 我が家の宝物となりました。

ゴンチャロフのヨシオチョコ。

会えてよかった。

 

こちらも 嬉しいチョコレート。

私好みのキャラメル味やミルク味で、深い味わい。

サイズも数も関係なく、一粒一粒を 時間をかけて口中の体温で溶かしながら味わいました。

なんと これもゴンチャロフ。

愛犬家、愛猫家仕様なのでしょうか。

デザインだけでなく、品質も大満足でした。

ごちそうさま〜〜。

 え? バレンタインチョコを男性にあげたかって?

いや 私の場合、そういうこと抜きで、いろんなチョコを あれこれ楽しむ日という概念になっておりますので、ひっそりと、熱いお茶で 味わうのが至福の時なのです。

 ところで余談ですが、チョコレートって賞味期限過ぎたら もうダメでしたっけ?

昨年は 5年前に どなたかに渡しそびれたチョコレートが冷凍庫の隅にあるのを発見し、泡吹き覚悟で、恐々口に入れてみましたが、ほとんど変わらぬ味でしたし、救急車騒ぎにもなりませんでした。

皆さんは真似しない方がいいですよ。

 

随分前の子犬時代に しつけ教室参加で来てくれたボス君が久々にご来店です。

前から気になっているというハーネスを試着してみることになりました。

 試着品を装着したままドッグランに出て、リード付きで歩く体験をしていただきましたが、いつものグイグイ感がなく、引きが緩和されたようだと納得されました。

これからの散歩が苦痛でも負担でもなく、飼い主さんにも、ボス君にとっても 楽しいひとときになりますように。

 

|店主のつぶやき|17:13| - | 2020.02.14 Friday |

公民館での「学習会」  

 2月13日(木)、鳥取市遷喬公民館で、人権学習会が実施されました。

ご依頼を受け、人権学習会に講師ならぬ「語り部」として伺ってきました。

「犬猫との幸せな暮らし」というタイトルですが、私は、アニマルリンク鳥取の一員として いつもお話ししている内容をお伝えしました。

モンタ譲渡会の猫担当N女史は、猫の保護活動経験から感じることなど、静かな語り口ながら、その子らの命に向かう必死さがにじみ出ていました。

 

二人のお話しを聴いていただき、学習会が終了となったら、事務室へと案内されました。

その部屋の窓辺で目にしたものが この可愛いわんこと猫です。

格調高く空間を陣取る神々しい姫路城の模型も立派ですが、それよりなにより、この愛らしい動物に惹かれてしまいました。

 

思わず手が伸びて からかいたくなるプードルちゃん。

ペーパークラフトですが、実によくできていますよ。

話しかけずにはおれません。

 

好奇心丸出しで ひっくり返してみたら、あらま、裏も精巧にできてます。

肉球まで 芸の細かいこと!!

 

ちょっと困った顔の猫ちゃんが これまた可愛くて!!

これ、私も欲しいなあ。

こんなの 傍に置いてたら、気が和むだろうなあ。

な〜んて しばし 見つめてしまいました。

 

たった今 聴衆に語りかけてきた内容と この子らが重なります。

どんな子にも 生まれてきたからには幸せをとの思いが また沸々と熱くなってきます。

この紙と もろくて はかない彼らの命が一つに重ななりました。

強風にさらしたり、強く握ったり、無造作に転がしたりしてはいけない素材のように、命も大切に扱わなくてはならないのです。

誰かに守ってもらわないと生きられない紙と犬猫は、どちらも同じくもろい存在です。

 

モンタ譲渡会で活躍しているN女史の話。

声高に訴えるという話法ではなく、誰かに語るような静かで落ち着いた口調が 聴き手を心地よくしますが、眠くなる内容ではありません。

経験したからこそ口にできる、辛いからこそ伝えることができる そんな内容です。

単に かわいそう、見てられない、という感情論ではなく、人として 身近な生きものである彼らと どうつきあうのが良いかという話です。

環境問題、人権問題、そして 遠い昔から解決できないままの社会問題と どう向き合うかという話です。

迷惑な生きものだから駆除してもいい、捨てるのも止む無しなどという悲しい社会認識も 現存することは事実です。

いや、猫の生きる権利を擁護したい私としては あえて「はびこる」と表現したい!!

世の中 猫が嫌いという人も居ます。かつての私がそうでした。

猫に不快な思いをさせられた経験やイメージが 猫忌避論を正当化しているのだと理解できたのは、自身で猫を飼ってみたからです。

猫は悪者ではない。猫を悪者にしている人間が責められるべきだと解ったのです。

 「駆除」という言葉も、人間に都合が悪くなった対象動物に よく使われがちですが、安易に口にしたくない単語です。

N女史の語りは長くはありませんが、とても心に残り、沁み込みました。

もっと踏み込んで もっと長く、いろんなところで 聴かせてあげていただきたい内容です。

こうした話により 現実を知った人々が 人と安心して共存できる対象として動物を認識し、真の動物愛護に意識が働くのではないだろうかと思いました。

 

ただの猫好きおばさんのお話しではありません。

可哀そうだから 捨てないで、殺さないで、というのではなく、人にとっても有益な未来を阻むことになるから、動物好きの視点ではなく、人間の幸せのためにも、望ましい環境とはなにかを一緒に考える好機としていただければと願いながら聞かせてもらいました。

 

N女史に続いての私の話。

これまで 中学生や小学生を前にお話しする機会を幾度か経験させてもらいましたが、大人に向かってのお話しは あまり経験がなく、その反応に不安を覚えつつも、いつもどおり 語らせてもらいました。

 内容もですが、表現方法、単語一つにも神経を配るべきだと、今更ですが、あらためて勉強させてもらう学習会でした。

事実や現状をお伝えするにも、聴き手側への配慮や、聴きたい内容についても さらに慎重に対応することが望まれるということです。

話す内容は良いと思っていますが、私の場合、年齢の割に、スキル面での熟練度はまだ十分ではないのがお恥ずかしいところです。

それでも、20名ばかりの方が熱心にお聴き下さり、伺った甲斐がありました。

ありがとうございました。

|店主のつぶやき|11:48| - | 2020.02.14 Friday |

冷たい雨の水曜日

久々に来てくれたポタちゃん。

あいにくの天気で ドッグランは水びたしだけど、ちょっとだけ遊べました。

 

店内に居たおじちゃんに気付いて 好奇心丸出しで窓辺に近づくも、次の瞬間 窓は無慈悲にも、ぴしゃりと閉められてしまいました。

 

こちらも久々に遊びに来てくれたムギちゃんです。

飼い主さんは、倉敷帆布を使ったバッグ制作をしておられます。

お客様の接待も得意で、保護犬として救われ、迎えてもらった大恩に報いるように お母ちゃんを見事に補佐しているムギちゃんは、2頭と居ない自慢の愛犬です。

 

ものづくりでの共通点でつながれた「ふうちゃん」さんとも歓談が弾み、そのわんこ帽をかぶせて 大満足の笑顔を見せて下さいましたが、果たして 本犬の感想は?

 ちなみに、倉敷帆布のバッグにご興味ある方は、3月4日〜8日まで「日出華(ひのでばな)」さんの個展が、鳥取市丸山の「ギャラリー330」さんで開かれますので いらしてみてはいかがですか?

 

人懐こいムギちゃんは、帰り際に カウンターにご挨拶してくれました。

元気いっぱいのムギちゃん、たくさんお友達ができるといいな。

お母ちゃんの個展も成功するといいですね。

|店主のつぶやき|17:56| - | 2020.02.12 Wednesday |
全 [607] ページ中 [1] ページを表示しています。