ラッキーの幸せを求めて

一度目の譲渡後、思わしい経過を辿らなかったと推測できるラッキーが、保健所を経由して、またアニマルリンク鳥取に戻ってきました。

言葉なき本犬に 一体、この数年間 どんな暮らしをしてたのか、どんな扱いを受けていたのか 尋ねてみたい我々です。

こんな良い子が たった20年にも満たない短い一生の半分を、逆境の下で過ごしていたとしたら なんという勿体ないことを!!

 

アニマルリンク鳥取の事務局を務め、犬の飼養管理場所を担うカニスさんの手厚いケアの下、彼は 穏やかに日々を過ごしています。

きれいに刈り込まれた清潔で明るいドッグランにやってくる たくさんの犬達を見ながら、自分には「うちの子」という幸せを味わえた時期があったのだろうかと 淋しく問いかけているようなラッキーを見ると、愛しくてたまらなくなります。

 

いろんな性格の子が 日々やってきては 飼い主さんと あるいは他の子と 元気に駆け回ります。

飼い主さんの笑顔と愛情をふんだんに受けながら 自由奔放の犬たち。

ラッキーも 共に歩きながら どこか 淋しそうなのです。

 

彼にも「父ちゃん」「母ちゃん」と呼べる人はいたのしょうか。

慕って 後を追う彼を 優しく見守る人は居たのでしょうか。

 

Mさんが 彼に面会に来てくれて 優しく語り掛けていました。

早く幸せという終着駅に到着できるといいな。

周りの子たちのように、「うちの子」と呼んで 可愛がってもらえる境遇を手にできるといいな。

Mさんは、帰りがけ、ラッキーの医療費の一助にと そっと封筒を手渡して下さいました。

このお気持ちを活かして 心身共に健やかな状態で送り出せることを心から祈る私です。

まだ若い子に 誘われています。

 

秋晴れのドッグランを それでも楽し気に歩いて回ります。

 

いろんな子がちょっかいを出しに寄ってきます。

それでも 全く攻撃したり、機嫌を悪くすることなく、さりげなく身を交わしたり、よりそったりの 心優しいラッキー。

 

彼は「大人」です。

どんなタイプの子に 言い寄られようと、何かしかけられようと 意に介すことなく、悠然と おおらかに歩みます。

 

早く 良いお家にもらわれるといいね。

人々は 彼の行先が決まることを願っていてくれます。

ドッグランに連れてきてもらい、元気いっぱいに駆け回り、帰宅すれば 優しい家族のそばで休める生活を ラッキーも心待ちしています。

 

 安心して身を置けるカニスという待合室、仮の宿で、ラッキーは 慈愛深い店主さんの愛情に守られています。

犬にも人にも優しいラッキーを、どうか 良縁に導いていただけますようにと 私は祈りながらシャッターを切ります。

 

皆さん、おいら、こんなに痩せっぽちだけど、全力で 身体の健康にも配慮してもらってます。

今度こそ そう 今度こそ幸せになりたいので 二度と保護犬にならなくて済む家庭に おいらが行けるよう 力になってもらいたです。

カニスは とっても気に入ってるけど、おいら「おうち」というところで暮らすのが夢なんです。

おうちというところで ニコニコと おいらのこと見てくれる家族とやらに 毎日かまってもらいたいです。

ご縁を授かるまでは ここで おいら お利口さんのままで待ってますからね。

|里親情報|21:06| - | 2020.10.01 Thursday |

平日ドッグラン

ご近所のジョナちゃんが ドッグランに遊びに来ました。

 

毎日 ビンチェーロの界隈を せっせと散歩する姿は日常の光景ですが、たまには、リード放しての自由運動もいいですよね。

 

開けた窓から 胡散臭そうに外を眺めるのはオジちゃん。

その好奇の視線は ドッグランでは ほとんど見かけることのないジョナちゃんを追っています。

 

喉が渇いたので 某スーパーで買ってきて 飲んでいた北海道ドリンクヨーグルトを ちょいと オジ母ちゃんにもお裾分けしました。

どろ〜〜りとした半固形ともいえる粘度の飲み物ですが、「これ おいしい!」と飲み干した後、紙コップの底にへばりついているヨーグルトが勿体なくて、側に居るオジちゃんに「始末」してもらおうと促したところ、紙コップに吻を突っ込んだ状態で、抜けなくなりました。

 

嫌がって外そうと顔を振るのかと思ったら、まあ、じっとして 底面を舐めています。

しばらく舐め尽くしたら そこで初めて首を左右に振りだして 周囲に付着したものを どうにか舐めようと必死です。

犬に無害のものは こうやって きれいに始末してもらう手もありますね。

 

初めての美味しいヨーグルトに舌鼓を打った後は ドッグランを元気に飛び回りました。

 

若いオジちゃんの集中力は抜群です。

お母ちゃんの目を見て 次の指示を待つような視線は なかなか素養あると見ました。

 

マメタ君のマナーベルトは 使い捨てですが、最近では、いろんな柄物も出てきていますね。

 

いつものように、お店を一巡して、彼なりの流儀で 運動をして満足そうなマメタ君でした。

老犬になっても、いや、保護当初から老犬ですが、まだまだ長生きをしてね。

 

ミッキー君は久しぶり。

おやつを控えつつ 体重コントロール中ですが、今回も やはり、体重コントロールフードでした。

なんか違う味、食べてみたいのになあと、ちょっと異議ありの目つきで、こちらを見ていましたよ。

|店主のつぶやき|17:54| - | 2020.09.30 Wednesday |

小型犬同士

 久しぶりに晴れ間の広がった月曜日。

ポロちゃんが お買いものです。

お母ちゃんと水入らずのドッグランを楽しんでくれました。

 

いつも手入れが行き届いて ふわふわふんわりです。

 

店内の窓から 外を興味深げに凝視するオジちゃん。

視線の先には、ふんわり丸々のポロちゃんが動いています。

 

ならばと ドッグランで対面することに。

最近 レディーのふるまいとは言い難い手荒な挨拶をすることがあるので 注意深く観察です。

一瞬 危うい場面もありましたが、どうにか お互い無事で やれやれ。

 

ちょっと あんた。

名前は?

年は?

どっから来た?

職務質問には あまり答えたくないポロちゃんなのでした。

これまでの怪しげな空が すっきりと青く広がって、小型犬同士のふるまいを お日さまも ほほえましく見下ろしているかのようでした。

 

|店主のつぶやき|17:21| - | 2020.09.28 Monday |

猫譲渡会と 雨に濡れたドッグラン

本日は猫譲渡会でした。

三毛母ちゃんと その2匹の子が参加です。

 

抱っこしても大丈夫。

 

でも、母ちゃんの側が一番安心。

 

本日の来場者は二組でした。

皆さん 膝に抱いて その感触を確かめ、迎えるべきかどうかと検討なさっていました。

ひとまず、「内定」にこぎつけたのは二匹セットの子猫です。

三毛母ちゃんは さらに良縁を待つことになります。

とっても大人しくて、慣れたら 可愛い愛猫になれますから この母ちゃん猫にも 出会いを期待しています。

 

譲渡会出身のチロルちゃんが お買いものに来てくれました。

最初は とっても臆病で 他人も他犬も全然苦手でしたが、10年以上経つ今は もう すっかりベテラン家庭犬です。

 

まん丸お目目が特長。

愛らしい顔が人気の秘密。

 

店内で 他の子や人に近づいて おやつを貰ったりするなんて、以前は考えられませんでした。

慣れと 家庭生活のもたらした成果です。

 

2頭のゴールデンさんが登場。

 

1歳のマアチちゃんは、とっても怖がりさんのようです。

初めての場所で、戸惑う様子。

 

今日は ハーネスを選びに来てくれました。

試着用を 初めて着けてみて、不安そうです。

 

人間のお兄ちゃんの誘導で それでも そろって笑顔を見せてくれました。

 

お兄ちゃん犬、フェブ君は 社交的なようで、側に居たなっちゃんにグイっと顔を寄せて クンクンクン。

 

犬専用の肩掛け袋に納まったなっちゃん。

何されても受け入れる子です。

 

アサヒ君が来ました。

 

お友達というゼロ君も 後から合流です。

 

2頭は 気が合うのか よ〜〜く一緒に駆け回っていました。

 

店主の愛犬チーバにそっくりの風貌ですが、琉球犬ではなく、甲斐犬だそうです。

2歳の若犬で 元気いっぱいです。

初めてのビンチェーロドッグラン、気に入ってくれたかな。

|店主のつぶやき|17:41| - | 2020.09.27 Sunday |

譲渡猫ちゃんの近況報告  💛  明日は猫譲渡会

先だって 相次いでもらわれていった保護猫ちゃん2匹(同じ家庭)の近況報告を受けましたのでご紹介しましょう。

フクマル君(最初に譲渡された子)が、後で貰われてきたメイちゃんに優しくふれあいを求めているところ。

メイちゃん、すっかり慣れた様子ですね。

手前の立派なキャットタワーはご家族のお手製だそうです。

こうなると、猫の遊び場というより、木工芸の域に達しているレベルですね。

壁は ひっかき放題のコルクボードでしょうか。

猫仕様にあつらえて下さったのでしょう。

恵まれていますね。

 

野良の子として 道端で鳴いていた子らが、この幸せを手にすることができました。

どの子も こういう結果に至って欲しいものです。

 

 

保護猫時代は「たましお」と呼ばれていたメイちゃん。

すっかり 家庭の中心的存在として、ふんだんなる愛情を フクマル君と分かち合う毎日です。

 

カラスや野生動物にやられる前に、車に轢かれる前に、ようこそ保護して下さった保護主さんあってこそ、つながった命です。

難儀している子を目にしたら、救いの手を差し伸べて下さる人は どれだけ居るでしょうか。

率にして何パーセントでしょうか。

飼える、飼えないという判断ではなく、助けて、望ましい飼い主に渡すという選択もあります。

それには、勇気と根気、そして 手間とお金が要ります。

しかし、恩返しという見返りを求めないまでも、「ああ、助かってよかった、幸せに送り出せてよかった。」という達成感と幸福感が味わえるという 素敵なオマケがついてきますよ。

今度 こういう子を見たら、あなたも是非 お店では貰えない この素敵なオマケを手にしてみませんか?

 

ところで 明日27日(日)は 子猫譲渡会あります。

母猫と子猫2匹を迎えていただけるご家庭をお待ちしております。

足を運んでみて下さいな。

初めての方にも、猫専門指導員がアドバイス致します。

 

 

1 時 〜 4 時 p m

|里親情報|20:41| - | 2020.09.26 Saturday |

愛しき子らに面会に

定休日には いろんな用事で出ることが多いのですが、楽しみなのが、モグちゃんの面会です。

 

ふむ。また少し、毛の密集度が上がっているような・・・。

ね、そう思われませんか?

 

気持ちよさそうに寝ていましたが・・

 

相変わらずのゴツゴツ感ながらも、うっすらと毛が伸びているように見えます。

 

これから寒くなる季節に向かうので、大切なモグちゃんを風邪ひかすまいと、モンタさん、日々服を着せ替えておられます。

冬になるまでには間に合わないけれど、ちょっとでも毛が増えますように。

 

おばちゃん、今日も なんか おいらに持って来てくれたんか?

 

大きなアクションはありませんが、生きる意欲すら消えていた引き取り当初とは、確実に違っています。

感情も芽生えてきているような表情が嬉しい!!

 

やっぱり、ハニカムマット(床ずれ防止用の弾力マット)の柔らかい厚みが好みのようで、眠たいときには この布団に身を横たえに来るそうな。

そりゃそうですよ・このゴツゴツ凸凹の身を横たえるのですから、硬い床に毛布だけというわけにいきません。

 

私が手を出すと 顔を寄せてきます。

甘えているのかな?

まだ 露骨な感情表現を見せませんが、徐々に 気持ちが仕草、動作に反映されてきています。

栄養失調でやられたのは肉体だけではないのです。

心まで栄養不足で枯れていたのですから。

 

店内を好きなように自由に動き回れるモグちゃんは、意志のままに あっちへ移動、こっちに帰る ができる環境にも慣れた様子。

後肢は相変わらずですが、見慣れると かわいい!!

歩みは不格好でも、のろくても、これがモグちゃんです。

後ろ姿は さらに愛おしくて たまりません。

 

さて、モンタさんをおいとましてから向かった先は、カニスさんでした。

もちろん、譲渡先募集中のラッキーに会いに。

 

芝刈りロボット「カリーナちゃん」の仕事っぷりのすばらしさに まず目が奪われます。

いつ見ても 完璧な芝生のじゅうたん。

ここで 自由に駆けまわる子は 本当に楽しかろうな。

ビンチェーロは 手刈り(便利屋さん)なので こうはいきません。

 

ラッキー、元気そうね。

身体の方がまだ痩せっぽちのまんまだけど、ここでの暮らしは すっかり慣れて 穏やかに過ごせています。

 

こんなはずではなかった。

数年前に譲渡された時には想像もしなかった逆境を 彼は黙って受け入れるしかなかったのかと想うだけで、詳しい事情は分りませんが、新たな憤りと悲しさが 涙より先に湧いてきます。

不遇の歳月を取り戻せる環境を、そして 慈しみと限りない愛で守ってもらえる家族を 今の彼が最も必要としていることは明白です。

我こそは この子に「生まれてきてよかった。」と思わせてみせるという方の登場を 心待ちにしている我々です。

アニマルリンク鳥取の事務局、カニス店主さんの手厚い世話が報われる良縁を鶴首して待ちます。

 

犬にも人にも とても温和。

お散歩も引っ張らず、疾走もしません。

老犬ではありますが、穏やかな家族として 一緒に暮らしてみたいという方、彼との暮らし ご検討いただけませんか?

 

嬉しいことがありました。

みかけないお客人が到着されて、店主さんが対応しはじめると、あらら、お知り合いだったことが判りました。

久々の再会のようです。

 

息子さんの腕には 愛犬が抱えられています。

名前はコケマルだそうです。

まだ若い衆だそうな。

 

会ったことがあるような高校生らしい息子さんが 会釈をしてくれました。

なんと、過日、私が呼ばれて 出前授業を務めさせていただいたクラーク高校の生徒さんでした。

私が 当時、保護犬の話しをした折、カニスさんの看板犬バニラちゃんや、ラッキーのことを写真でお伝えしたことがきっかけとなり、関心を持った息子さんが わざわざ訪ねてくれたのだそうです。

嬉しいじゃありませんか。

熱く語った内容が ちゃんと伝わって こうしたご縁につながっているのは 大いなる手ごたえを実感するものです。

そうか、わざわざ訪ねてくれたのかと感激すると同時に、話を聴いた人々が、動物愛護への関心を高めていただけること、さらには、なんらかの関りを持って実行してもらえることが 語り手の悲願であることを あらたな意欲につなげたいと思いました。

|店主のつぶやき|21:40| - | 2020.09.24 Thursday |

連休明けの水曜日

 黒柴のギン君が遊びに来てくれました。

とても落ち着いた温和タイプの子ですが、尋ねたところ、鳥取市の保健所からもらい受けた子だそうです。

経緯は分りませんが、素直に人に甘える仕草から察するに、かつては 可愛がってもらっていたように思えます。

今度こそ 終生変わらぬ愛情で守り切ってもらえるといいですね。

初対面の他人にも穏やかに挨拶ができます。

 

ドッグランでは、楽しそうに足取り軽く遊んでいました。

 

店内試食コーナーでは、初めて目にする、鼻にする 美味しそ〜〜〜〜なおやつに吸い寄せられます。

 

 ちゃんとスワレもマテもした後、やっともらえたのは、ビンチェーロ人気のおやつ タラの皮です。

見た目はグロテスクですが、サクサクと噛み砕く音が楽しめて、食べてる当犬だけでなく、傍で その軽やかな咀嚼音を聞いてる飼い主さんをも楽しくさせてくれます。

ここに来ると 珍しくて美味しいものがあるから また来たくなる子もいっぱい居ますね。

 ちなみに、市販品の人工的な味や香りに慣れた子の場合、最初はためらう場合もありますが、素材だけのホンマモンの味を受け入れると、身体も それを ちゃんと理解してくれるようになるものです。

 

春香ちゃんは ドッグランで お母ちゃんと水入らずで秋の風に吹かれていました。

 

最近、何かと忙しくて 大好きな母ちゃんと居る時間は 春香ちゃんにとっては とても貴重なものです。

「親子」の会話は聞こえませんが、どんなお喋りをしていたのでしょうか。

 

店内では、黒柴のギン君と 初対面の挨拶を促されるも その気になれない春香ちゃんでした。

 

 さて、ところ変わって こちらは 市内のある牧場です。

猫に案内される後をついていくと・・・・・。

 

 

 生い茂る草に足をとられそうになりながら、注意深く進むと、着いた先には 質素な土まんじゅうらしきものがありました。

猫の案内に頼らずとも、ここの地理を心得てる友人が、水先案内人をしてくれました。

まず、彼女が 土まんじゅうを前に しゃがんで手を合わせます。

お察しのとおり、ここは、つい先日 フィラリアで亡くなったタローを埋葬した「墓」です。

牧場で亡くなった子は、代々、ここに埋められるそうです。

遺骸を弔った印に、置かれた石は、墓石となり、土に帰った子らを鎮めます。

 今日は、自分がろくに手伝いもできぬまま Aさんたちの尽力の下に旅立ったタローを弔問しました。

保健所からの引き揚げ後、牧場に何度か様子を見に行くことがあったものの、私は この手で直接世話をしたことはありませんでした。

昨日のブログに記した通り、Aさんが主導して それを担っていましたが、今日、墓に案内してくれた友も 彼の晩年には、足しげく通って 世話の助太刀をしてくれていました。

誰かに捨てられ、保健所で暮らし、牛たちを友として、牧場の地に一生を終えたタローよ、来世は、きっと 誰かに家族として愛される存在として生まれておいで。

「ほんに よぅがんばったなあ。」

そう言いながら 友と二人、質素な墓を撫でて 彼を労いました。

タローが、再び犬として生を受けたなら、二度と 行き場の無い不遇を味わうことのないようにと 願いをこめて手を合わせました。

 

仔牛が何頭も生まれていました。

きっと タローも気にかけていた子かも知れません。

すくすく無事に育っておくれ。

今年の猛暑で、多くの畜産農家さんが 家畜を失ったと言うことでした。

しかし、幸いなことに、この牧場では 工夫して風を取り込み、懸命に暑さ対策に全力をあげたことが功を奏したらしく、一頭も熱中症で死なせることなく この夏を乗り越えたということでした。

よかったよかった。

みんな よ〜〜くがんばったね。

友は、ここで暮らす元野良猫(全て不妊処置済み)の世話にも 仕事の合間に通っていたそうです。

 

 墓参を終えると、友の案内で 前から気になっていたポニー(元保護馬)のカメジローに再会できました。

削蹄を受けていないため、蹄が伸び放題になっていたのを案じておりましたが、他の専門家のアドバイスもあり、広い場所で、本馬の望むように運動させるうち、自然と良い具合に古い蹄が落剝(?)したそうな。

毎日のように、好物のニンジンを与えるそうで、カメジローの至福のひとときです。

タローの世話に通ってきたAさんも しっかり人参を買い込んでは 食べさせていたそうですよ。

犬だけでなく この子らともふれあっていたのですね。

カメジロー。美味しそうに シャキシャキ音を立てて 食べていました。

与えているのは 友。

何を隠しましょう、時々タローの手伝いやら、保護猫の世話に通ってくれた友の一人が あの、なっちゃん母ちゃんです。

撮影は私。

 

じゃあ、こっち、と促されて向きを変えたら あらら、同じ広場に山羊のユキちゃんもいるじゃありませんか。

かわいいな〜〜。

ユキちゃんにはキャベツだよと なっちゃん母ちゃんから手渡された葉っぱを 早速口元へ。

彼女は 犬猫だけでなく、家畜の扱いにも慣れているようです。

 

オバちゃん、もっと。

ユキちゃん、食欲旺盛で、勿体つけてた私の手から ムシャムシャと食べきってしまいました。

ユキちゃんも 元保護山羊です。

カメジローと別々の保護ですが、双方仲良しで、一緒に居るようになって お互いが とても明るくなり、落ち着いてきたそうです。

狭い敷地に限定されたいた頃のカメジローは 荒れ馬だったと言いますから、馬も 犬同様、淋しいのは苦手みたいです。

食肉を育てる畜産農場ですが、それでも 命に対する優しい心遣いもなされており、ワイルドな環境ながら それなりの幸福があることを感じます。

|-|21:16| - | 2020.09.24 Thursday |
全 [639] ページ中 [1] ページを表示しています。