飛行犬撮影会のおしらせ  このチャンス逃すな〜♪♪

http://canis-field.com/2018hikouken.jpg

 

カニスさんで 毎年開催されている 恒例の「飛行犬撮影会」が 18日と迫ってきました。

愛犬の元気な姿、躍動感を 記録に残したいとお考えの方は 是非 参加をオススメします。

所用時間は10〜15分の場合が多いようです。

愛犬の輝く瞬間を一生の想い出に刻みませんか?

これまでも 大好評で、中には毎年記録している飼い主さんもおられるそうです。

午後の分に空きがあるように聞いております。

完全予約制ですのでご承知下さい。

 

お問い合わせ、お申込は 0858−71−0805 カニスさんまで

 

 

|お知らせ|07:28| - | 2018.11.14 Wednesday |

14日(水)は臨時休業させていただきます

明日14日は 勝手ながら都合により 臨時休業とさせていただきます。

翌木曜日は定休日で 二日連続でのお休みとなりますのでご注意下さい。

なにとぞ ご了解のほど お願い致します。

 

 

   店  主

|お知らせ|18:07| - | 2018.11.13 Tuesday |

ベルリンカフェ 無事終わりました

ベルリンカフェの前の日 お手伝いに来てくれたサクラ母ちゃんに同伴のサクラちゃん。

ドッグランで、束の間ながら 居合わせたギンジロー君と遊んで 想わぬ運動ができました。

 

気が合ったようです。

また 会えるといいね。

前日も その前の日なども 手の空いたアニマルリンク会員さん方が準備に尽力して下さいました。

写真を撮りそびれましたが、掃除、整頓、廃棄、整理、配置、設定など 本当にお疲れさんでした。

たくさん来てくれればいいですがねえ。

 

 

ドッグランの一隅に試食コーナーが設けられました。

豆腐ちくわで有名な「ちむら」さんが、犬猫用の減塩ちくわを再度 開発に着手されて、今回 来場のワンちゃんたちに試食をしてもらうことになったのです。

ご希望の方には 販売もしていました。

塩分ゼロは ちくわの弾力を出すという点で困難であるため、最低限の減塩設定となっています。

人間用に入っているアミノ酸などの化学調味料も使用せず、どこまでも安全を意識したものです。

食感もよく、製造後1年保存可能なため、非常食としてもオススメ。

開封したら できたての生の味そのもの。

鮮度も食感も味も 豆腐ちくわのまんま。

どの子も 気に入って 早速買ってもらっている子もいましたよ。

人間用とは製造ラインが違う特別設定ラインなので お値段が人間用より高いのはご理解を。

未開封で常温保存可能。

人間は 生姜醤油でいただくと最高ですね。

※ ご希望の方は ビンチェーロで販売しております。

  今回は ちむらさんのご厚意により、売り上げの全額が アニマルリンク鳥取の基金となります。

 

 

ベルリンカフェ開会の挨拶に続いて 犬と飼い主さんが一緒に楽しむゲームのはじまり はじまり〜〜。

 

既にブースでのお買い物を抱えた飼い主さんもおられます。

 

保護犬譲渡活動で お世話になった 当時の担当者さんも この日は 私人としてお子様連れでお手伝いを買って出て下さいました。店員や雑用で とても よく働いて下さり、頭の下がる思いです。

 

 

優しい手作り雑貨のお店「大坪ショップ」さん

 

 

毎年、東京から駆けつけて下さる 「R2」さんは ドイツ製のオーガニックフードや 自社開発品の和風ドッグフードを紹介するブースを出して 会場のワンちゃんにも試食をさせてくれました。

早速 お口に合った商品を購入される飼い主さんも。

 

 

保健所の猫を主に保護、譲渡に尽力中の「モンタ」さんのブースは とても賑やか。

あんなもの、こんなもの、猫ちゃんのオリジナル品が満載です。

 

私も記念と協力で一つ求めた「ホイゾーバッグ」。

以前 ビンチェーロのケージで世話を担った頃を懐かしく思い出させる愛しの「ほいぞー」そのものがモデルなんですって。

片目がちょっとおかしかったけど それがチャームポイントだったっけ。

ちょっとお高めでも、オリジナル品であることと、何よりも保護猫たちを救うための寄付金付きであることを思えば 安いもんです。ご希望の方は モンタさんにどうぞ。

 

赤ちゃん抱えての店番。

モンタさん 多忙なのに よ〜く頑張ってますよ。

店主さんだけでなく スタッフの尽力は尋常じゃありません。

小さな命を助けるために 必死ですもの。

猫を預かれなくても 買い物で金銭支援という手がありますよ。

 

 

手作り弁当で人気のお弁当を販売。

今回は 私のリクエストであったかおでんも販売していただいた「ほんにゃら洞」さん

 

福浜さんの焼きそばショップも大忙し。

次々と 鉄板で焼かれるそばを さばく手つきもお見事。

毎回 なんともいえないアロマをただよわせて その香りと味で会場を楽しませてくれる「まる達」の焙煎コーヒーは、今じゃベルリンカフェ名物といえます。

焙煎したての豆も販売され、挽き立てコーヒーの香りに誘われた人々が次々と 温かいコーヒーを注文していましたよ。

 

「大江の郷」さんのパンは ちょっと変わってて美味しいですよ。

ザッハトルテはベルリンカフェ名物になってます。こちらは智頭の「くりのみ学級」さんの大藤パティシエさん作。

こちらの売り上げは全額がアニマルリンクを支える基金となります。

 

ウイーンの名物 ホテルザッハやデーメルの「ザッハトルテ」より美味しいと評判のケーキ。

私も楽しみにしています。

自分の食べ分は ちゃっかり確保してまっせ。

 

倉吉から出店の「ココロガーデン」さん。

おしゃれな空間は、文字どおり「花を添えて」います。

 

 

は〜い。もうすぐですよ〜。

熱々を注文するお客さん。

 

 

豚肉ぶっこんで ジュ〜〜!!

あ〜〜、いい匂い。

 

南部町に引っ越してから 滅多にビンチェーロには来る機会のない谷畑さん。

彼女の出番です。

さあ、楽しいゲーム みんなで参加しよう。

 

倉庫内では キャベツ投入で、焼きそばが どんどん焼けていきまっせ〜〜!!

ああ、この匂い もう たまらん!!

 

谷畑さん考案のゲーム。なんだか ついつい飼い主も興奮しちゃいます。

 

 

 

はい、集中して、優しく声をかけて 励ましてね。

決して どやしつけないこと。

 

アジリティー気分を味わえるワッカくぐり。

未知の空間を恐れる子には 最初は緊張で先に行けません。

 

 

おッ!! いいぞいいぞ、行けるイケル。

 

ほ〜ら くぐれた〜〜!!

えらいよ〜〜♪♪♪

おかあさん ほめてほめて。

 

 

スラロームも 誘導のしかた次第ですよ。

そうそう 上手上手♪

 

 

お馴染みの「椅子とりゲーム」です。

 

おッ、スゴイスゴイ!!

がんばってますねえ。

誘惑に負けるな。

 

見事一等賞に輝いたのは タブちゃんでした。

インタビュー受けて まんざらでない母ちゃん。

もう野良犬なんて言わせないぞ。

この後 賞品が楽しみ。

 

 

休憩時間は どこも和やかです。

初対面の交流やら なつかしの再会やら。

 

現在 貰い手募集中の「もじゃお」君も来て 谷畑さんに会ってもらいました。

 

あたし 店番します。

美味しそうなお菓子は人間用なので ワンちゃんは 食べないよ。

飛びつきもせず、看板娘に徹するサクラちゃん。

 

 

今回のメインゲストは ドイツから来日し、現在 鳥取市の国際交流員を務めておられるアンドレーコビッツ=マリーさんです。

ご自身は犬をお持ちではありませんが、犬の先進国ドイツの犬文化、犬事情について語ってくれました。

 

ミュンヒェン在住のお友達に協力してもらい送ってもらった 犬の居る風景の写真を見ながらの説明をするマリーさん。

ドイツは州によって条例、法律が違うので 国中どこも同じというわけではありません。

レストランやカフェ、居酒屋に犬同伴OKかどうかは その店のオーナー次第だそうです。

また、電車にも同伴可能ですが、州によっては口輪の装着が義務付けられています。

犬税の話なども 皆さん 興味深く耳を傾けておられました。

犬はペットというより 社会の一員として 飼い主自身もちゃんと教育を受けるのがドイツの常識です。

「うちの〇〇ちゃん」と 溺愛、盲愛の対象としてかわいがるだけの飼い主さんが多い日本とは違いますね。

猫の問題も 日本と変わらないところがあるようです。

ただ、動物に対する福祉感覚は 日本の比ではないようですね。

 

熱心に聴き入る人々。

 

同伴犬たちは 静かにつきあっています。

ドイツの風景みたい。

 

まだまだ たくさん商品あるで〜〜。

誰か買って下さいな。

 

ただいま里親募集中のもじゃお君を連れて来てくれたのは、先日 最愛のニコちゃんを看取ったばかりのYさんです。

一次預かりを買って出てくれました。

良いご縁に出会えますように。

やんちゃだけど 甘えん坊の可愛いもじゃお君です。

去勢も終えました。

 

マリーさんのお話は 興味が尽きません。

日本と9000km離れた異国の犬文化には 大いに関心をそそられる内容です。

マリーさん、そして 現地で撮影協力して下さったお友達に感謝します。

犬だけでなく、大好きなバッハやメンデルスゾーンなどの音楽、ソーセージ、美術、建築など、知りたいことがいっぱいです。

また機会があれば 是非ドイツのお話し聞いてみたいものです。

マリーさん ありがとうございました。

 

 

午後からの ドッグランでのゲームに熱が入ります。

 

谷畑さんのジャッジ。

 

ダメ出し。賞賛。

メリハリのある元気な声に 参加者も 反応します。

 

 

午前中も参加した組で午後も頑張ってる笑顔がこちらを見ています。

見覚えあるお顔ですね。

楽しい一日も そろそろ終わります。

来場者数は決して多くはありませんでしたが、それでも 意欲満々で 交流を求めてきて下さった皆さんには感謝します。

たくさんのことを学び、気づき、明日へのドッグライフに活かしていただければ 主催者として報われる思いです。

加えて 猫ちゃんについても この日の譲渡会はできませんでしたが、来週には再開します。

犬も猫も 同じ家族、仲間として どうぞ その生を幸せに守ってあげて下さいね。

 

ご協力の出店者さんたち(ほんにゃら洞さん、まる達珈琲さん、福浜焼きそばさん、大江の郷さん、くりのみ学級さん、ちむらさん、ココロガーデンさん、モンタさん、手作り雑貨のおおつぼさん、R2さん)、ゲストとして講師を務めてくれたマリーさん、救護班として見守ってくれた たなか動物病院院長先生、大藤さん、後藤さん、アニマルリンクショップを担ってくれた会員諸氏、

当日、前日 何度も足を運んで支えてくれた仲間たち、ご来場者の皆さま、本当にお疲れさまでした。

そして ベルリンカフェを盛り立てて下さった皆さん、ブログで応援、拡散してくれた人々、ベルリンカフェのポスターを貼ったり、宣伝で協力してくれたお店さん、お世話になりました。

 

 

ベルリンカフェが済んで、お客様も退場するころ、店内で顔を合わせたもじゃお君とはるちゃん。

どちらも保護犬同士。

先に幸せ見つけたはるちゃんに続き、もじゃお君も 必ず良縁に出会えますように。

 

|店主のつぶやき|17:48| - | 2018.11.13 Tuesday |

「ベルリンカフェ」で お待ちしております

 さあ、いよいよ毎年 愛犬家愛猫家が楽しみにしている「ベルリンカフェ」が 明日11日となりました。

 

 ここ2〜3日の間に アニマルリンク鳥取の会員諸氏が 準備に来て、今日、最後の仕上げを済ませました。

掃除、分別、セッティングなど、お天気の下、どうにか無事準備が整いました。

会員の皆さま お疲れさまでした。

 

 明日は 予報では好天のようで たくさんの来場者を期待したいところです。

ビンチェーロに来たことない人も、いつも出入りしている人も ワンちゃん連れも そうでない人も どうぞ お気軽に遊びにいらして下さいませ。

愛猫家さんも歓迎ですが、猫ちゃんの同伴は見合わせましょう。

 

 ドッグランでは、楽しい歓声が響き、美味しそうな匂いがただよい、嬉しげに走り回るワンちゃんたちの光景が展開されることでしょう。

愛犬にはリードを着けて、安全第一を最優先でお越し下さい。

 

お買いものも しっかりとお願いします。

売り上げの全額、または一部が アニマルリンク鳥取の活動基金となります。

そちらの方でも 是非ご協力をお願いしますね。

 

では、明日 10時半開始ですが、10時に開場となります。

 

駐車場は お店が満車になりましたら、店に向かって右側の空き地をお借りしていますので、そちらにお停め下さい。

ただし、他の車の出入りを妨げないように駐車願います。

また、煙草の吸殻などを投げ捨てないようにお願いします。

 

なお、空き地に設置されている簡易トイレは使用できませんのでご注意下さい。

 

では、明日、ビンチェーロドッグランでお会いしましょう。

 

なお、ご来場の折は まず店内にお入りいただき、「ご案内」をお受け取り下さい。

ドッグラン直行はできませんのでご承知下さい。

 

道中お気をつけてご来場下さいませ。

|お知らせ|18:15| - | 2018.11.10 Saturday |

焚きつけ用枝くず いりませんか?

  ビンチェーロ駐車場に置いてある伐採くずを 風呂やストーブの焚きつけ用としてご利用いただける方は おられませんか?

ほとんど枝ものですが、使っていただける方があれば、できるだけお早めに引き取りに来ていただきますようお願いします。

本日お越しになれない方は 週明けの月曜日以降にお願いします。

11日は 現場にたくさんの車が出入りするため、回収作業はできませんので ご了解下さい。

ご希望の方は ご連絡の上 お越し下さい。

 

 

 0857−82−1681  ビンチェーロ(岡)

|お知らせ|08:52| - | 2018.11.10 Saturday |

ベルリンカフェ 是非とも来て下さいね

今年もありますよ。愛犬家愛猫家文化祭「ベルリンカフェ」。

今年は ドイツの犬の生活についてのお話を ドイツ出身の国際交流員 アンドレーコビッツ=マリーさんにしていただきます。

犬の先進国ドイツに学ぶことはたくさんありますが、はたして どんなお話が聞けるか楽しみですね。

 

飲食ブースも 熱々淹れたてコーヒー、手作り弁当、Fさんの焼きそば、ザッハトルテ、パンなど、ベルリンカフェ名物ともなっている美味しいものが皆さまをお待ちします。

雑貨、多肉植物、フリーマーケット、それに猫ちゃんグッズ専門ブースもあって、楽しみです。

さらに、当店で販売して大人気の商品であるメーカーさんが東京から この日のために駆けつけて、来場者のワンちゃんたちに、美味しいものを味見させてくれます。また、鳥取東部で名産品豆腐ちくわのメーカーさんが ワンちゃん用ちくわの試食品を提供してくれます。会場のワンちゃんたちの感想を聞かせてもらいますね。

 

万一の怪我や体調不振には ICU担当の看護師さんが、そして、愛犬への対応に、獣医師さんも待機していますので、安心です。

当日は駐車場も かなりの数がご利用いただけますが、来られた方は、奥から順番に 出やすい体勢を意識してお停め下さい。

 

入場は無料。

マナーを守り、何かを学ぼうという意識を持ってのご参加であれば どなたでも大歓迎です。

 

11月11日(日) 午前10:30〜午後3:00(開場は10:00)

 ビンチェーロでお待ちしています。

※ 雨天でも開催します。ただし、荒天の場合は予告なく中止とさせていただきます。

|イベント情報|18:12| - | 2018.11.07 Wednesday |

過激? いや、現実を知ることは愛犬愛猫を守ることです

2週間ほど前に 某有名週刊誌に連載されたペットフードの真実を伝える記事をコピーして持参して下さった方がありました。

危ない商品(食品)が実名で一覧表にさらされています。

え? あの有名メーカーのが?

うっそ〜!! うち、いつも これ買ってるわよ。

ええ〜〜? やだ、これもそうなの?

という声が聞こえてきます。

添加物王国と揶揄される日本で、特に犬猫用食品は まだまだ安全安心とは明言できません。

誰もが知ってる猫の あの商品も 「国産だから安全だと思ってたのに。」などと ため息をついている飼い主さんが居ました。

これらを食べたからといって 必ずしも病気になったり、早死にしてしまうとは限りません。

長年食べても 元気で長生きする子が居るのは事実です。

でも、それは、毎日一箱の煙草を吸っていても、肺癌になることなく百歳まで生きた人が居るのと同様、たまたま堅牢強靭な身体を持っていたから太刀打ちできたという話でしょう。

添加物に厳しい国では、日本の有名メーカーの出汁の素が売られていますが、なんと、化学調味料(グルタミン酸ナトリウム)を抜いた形での販売となっているようです。

本国で見慣れたパッケージですが、「化学調味料抜き」の文字がくっきりと記されています。

日本では 化学調味料は ほとんどのものに使用されていても、誰も文句言うどころか、国でさえ許可しているのですがねえ。

 多くの飼い主さんは 「国産」と「無添加」の文字イコール安心マークと判断して 選んでおられるようですが、この記事を読んでいると、愛犬愛猫の健康に関わる日々の食に対して もっと しっかりと厳しい眼で向き合ってもらいたいなあと思いました。

犬猫を守る、つまりは その命を守るという飼い主の使命を果たすには、事故や怪我だけでなく、健康を大切に保つことが原点と考えています。

 先般 初めてご来店の方がおっしゃった言葉です。

「こげなええもん(こんないいもの)を食わせよったら、メシを食わんようになるから、いけんわい。」

ビンチェーロは 高級品やグルメを売っているつもりはありません。

犬や猫の味覚を贅沢にしてしまおうなどとは さらさら企ててなどおりません。

ただ、ひたすら 安全な食で 彼らを守りたい!! それだけなのです。

別の言い方をすれば 「毒フード」だけは 絶対に与えたくないのです。

 この週刊誌の担当記者さんは 犬猫の小さな命を守るために、猛烈な反論や攻撃、仕返しを覚悟の上、矢面に立つ姿勢で書いたのでしょうね。かなり勇者だと思います。

どんなことを言われようと 真実を書く。俺が(あるいは女性?)責任とる! どんな仕打ちも受けて立つ!! などと あまりの現実に我慢と容認ができなくなり、立ち向かってくれたのかと思うと 拍手喝采です。

 

ビンチェーロが 愛犬愛猫の健康を支援している店と理解して、親切心から 面倒なコピーまでして提供してくれた方には 本当に感謝しています。

テレビのCMで宣伝しているものが全て安心できる商品とは言えません。

数回食べたぐらいで 即危険な症状に陥るわけでもありません。

しかし、有害添加物は 肝臓や腎臓を疲れさせ、やがては病院通いで 愛犬愛猫はもちろん、財布までが苦しむことになるやも知れません。

本当に安全なもの、信じて良いものとは何かを  じっくり時間をかけて考え、選んであげて下さい。

ちなみに、この記事には 言うまでもなく ビンチェーロで販売しているものは一つとしてリストに載っておりません。

|店主のつぶやき|16:12| - | 2018.11.07 Wednesday |
全 [533] ページ中 [1] ページを表示しています。