なつかしの実家訪問

何年ぶりかで訪ねてくれたチロルちゃん。

以前の譲渡会で、ご縁を授かって この店を後にしてから ずいぶん時が流れました。

今は8才になったチロルちゃん。

少しふっくらした感じですが、怖がり性格は 当時より幾分緩和されっとはいえ、馴れない場所ではお姉ちゃんに甘え、頼ります。

保護犬同士、光希やティティーちゃんとも 大人の挨拶ができました。

 

 

 

遊びに来た親友第一号のポタちゃんとは、気温のせいか、今ひとつ乗りがよくありません。

でも、思い出したように 短い時間でしたが、交流を楽しむことができました。

|店主のつぶやき|17:58| - | 2017.05.28 Sunday |

日なたは つらいが、つい がんばっちゃう

チーバ山と若光希の一番、今日も見ごたえありましたよ。

ブチコが行司を務めます。

 

 

 午後からは ティティーちゃんがやって来ました。

暑さに注意しながらの交流が始まりましたよ。

みんな とっても嬉しそうに 今日も 子分のように ティティーちゃんについて回ります。

 

 

 

モテモテのティティーちゃん。

人気スターのように取り囲まれます。

|店主のつぶやき|17:52| - | 2017.05.28 Sunday |

ちょっと淋しい話

 

この春より 保護犬保護猫の医療費や管理費などを稼ぐために、募金ばかりに頼らず、自力で頑張ってみようと始めた「わんにゃん応援市」でしたが、残念ながら 売れ行きは不振状態が続いております。

可愛い服、まだまだ使用できる新しい服、アイディアがおもしろい服など たくさん吊り下げて お客様のお買い上げを待っていたのですが、そうこうする間にも犬猫に費用がかかることが多々重なり、わずかながらでも基金獲得を加速しようと、これらをリサイクル業者に売ることにしたのです。

スタッフで 吊り下げた服を全部下ろして、ダンボールに詰めました。

他にも、箸とか犬関係グッズを詰め込んで まずは リサイクルショップに運んでみることにしました。

果たしていくらになるのか分りませんが、いつ売れるとも分らないまま歳月ばかりが過ぎるのも つらいところです。

なんだか、ちょっと淋しいのですが、しかたありません。

愛犬の服をご寄付いただいた皆様には 感謝しておりますが、せっかくのものを 売ってこそのご支援品と思い、そうさせていただきます。

今日は 犬も猫も希望者は無く、こうした作業に精を出す日もたまにはあります。

たくさんのワンちゃんに見てもらい、買ってもらいたかったのですが、また、次のご縁を待つとしましょう。

そんなわけで、しばらくは 「犬の古着屋さん」はありませんのでご了承下さい。

なお、ご寄付いただいた方、ご利用いただいた方々には 心から御礼申し上げます。

|店主のつぶやき|17:47| - | 2017.05.28 Sunday |

今日は 一周忌でした

 

外来種の黄色い花が咲き乱れるこの頃になると思い出すのが 昨年天寿を全うした愛犬テコです。

今日は 彼女が17才9ヶ月の一生を終えて旅立って一年目の祥月命日です。

旅立ちの胸に抱かせたのも 家の前に咲き乱れる野のタンポポでしたっけ。

晩年の胃捻転と前庭疾患以外 病気らしい病気もせず 健康な一生を送ってくれて、常に私のことを見守ってくれたテコ。

10ヶ月の介護経験も勉強させてくれて これが大いに役立ったことは言うまでもありません。

ありがたいことに 認知症にもかからず、最後の日まで食も衰えることなく、むしろ私は 介護を楽しむことすらできたのです。

私を手こずらせたりすることもなく、優しく私を見てくれていたテコには感謝しかありません。

良い世話をしたね、と人は言いますが、世話になったのは私の方。

生涯 一度も洗うことがなかったにもかかわらず、体臭も、皮膚問題も知らぬまま 本当にありがたい愛犬でした。

いつも手入れが行き届いてますね、などと言われると、まさか、一度も洗ったことないなんて言えませんでした。

でも 実際 それは事実なのです。

雑種で生まれて 生後10日ばかりで捨てられて(今の上光子犬と同じ)、ご縁あって 私の許に授けられた素晴らしい愛犬でした。

彼女は天からの贈り物だったのだと思います。

そうか、今日だったのか。

なんだか バタバタ忙しくて しみじみ思い出す間もないまま、今日を迎えてしまいましたが、テコは そうやって、他の仲間のために頑張ってる母ちゃんを見て安心と満足をしているように思います。

想い出の写真を見ると、私みたいな 行き場のない子を なんとか助けるために かあちゃん がんばってね、と言ってるテコが居ます。

 

|店主のつぶやき|22:17| - | 2017.05.27 Saturday |

引率付の散歩トレーニング 順調

他犬なんて 大の苦手で 一緒に散歩なんて冗談じゃない、というラピス君が、今じゃ、機会あるごとに 散歩初心者の光希を引率して ビンチェーロの周辺地区を歩くのが板についてきました。

おなじみの青い服、光希は 新緑のネオングリーンのハーネスで 季節の色と香りを楽しむ余裕も出てきた散歩トレーニング。

いいぞいいぞ。その調子だ。

ラピス母ちゃんの力を借りて ただいま光希 どんどん進化中。

野犬の過去を忘れる日は もうすぐ。

ラピス先輩 指導 ありがとう。

|店主のつぶやき|22:01| - | 2017.05.27 Saturday |

(記憶では)初めての病院訪問

 

今日は 生涯で初めてのフィラリア検査を受けるため、病院に出向いた光希。

保護当日よりお世話になっている病院に赴くのは これで二度目。

だけど、前回(初回)は、鎮静のかかった状態での来院でしたので、素面(しらふ)で来るのはこれが初めてとなります。

捕獲されてから5ヶ月間を暮らした収容施設を出るとき、職員さんや我々が見守る中 ゆっくりと時間をかけて出所作戦の一部始終を見届けたのが昨日のことのようです。

あの頃は 誰にも触らせることはできなかった光希。

待合室では こんな空気を味わったことがないので、大人しいけれど どこか落ち着きません。

伏せをしたいけれど、「有事」にそなえて、尻をあげたたままの態勢が笑いを誘います。

 

 

呼ばれて 不安げな表情と足取りで診察室に入り、誘導されるまま診察台へ。

恐怖と不安を懸命に抑えて、身を任せるしかない状況と悟ったか。

優しい女性先生が、声をかけながら 手際よく採血する間も じっと固まっています。

 

 

無事に採血も済んで待合所に戻ったところで 施設出所時に お迎えからお世話になった院長先生が 光希を労いに出てきてくれました。

「すごいな光希。好く頑張ったな。おまえは 本当にいい子だ。」

先生が おやつをくれて 優しく声かけをしてくれるのを 事が済んで ひとまず安堵したのか、光希は黙って撫でられながら聞いています。

で、血液検査の結果ですが、な、な、なんと!!!

フィラリア陽性間違いなし!と 勝手に「自信」を持って赴いた我々に 信じられない結果が知らされました。

「結果は陰性でした。」

野犬暮らしをしていた光希にはフィラリアが居なかったことが判明!!

これは もう奇跡です。

嬉しくて ありがたくて、本当に感激でした。

これで安心して 予防薬を与えることができます。

よかったなあ、光希!

|店主のつぶやき|21:55| - | 2017.05.27 Saturday |

ユウキちゃんは 常に笑顔

ポロちゃん いつもの赤いハーネスを着けて ドッグラン訪問です。

光希や 大ちゃん&タブちゃん、ラピス君も居合わせて 久々に駆け回りました。

満足そうなこの笑顔。

 

よくカニスさんのブログに登場するユウキちゃんが来てくれました。

ドッグランで遊んだ後 いつもの愛嬌たっぷりの笑顔で店内に入ってきましたよ。

 

 

ラピス君も いろんな犬に慣れつつある途上で、これも 光希たちとの接触を重ねたおかげですね。

今日は 試食コーナーでおやつを貰うユウキちゃんを見てるうち、自分も欲しくなったのか 好奇心丸出しで、いつのまにか近づこうとしているラピス君でした。

|店主のつぶやき|21:33| - | 2017.05.27 Saturday |

同い年 嬉しい予感のはじまり

 

初めてのチロル君が来てくれました。

ご覧のように、家族の側から離れることをためらい、光希たちの誘いに乗ることができません。

それどころか、安全地帯を求めて 椅子の下に入ってみたり、お母ちゃんに抱っこをねだったり・・・・。

 

 

30分も経つかという頃になって チロル君の様子に変化が見られました。

あれほど苦手そうにしていた光希姉弟の存在を、徐々に馴れたのか、いつのまにか尻尾が上がっています。

しかも、くっつき虫だったのに、もう 自由にドッグランを力走してみたり、他の犬の後を追っかけてみたりと、段々積極的に動き回るようになりました。

聞くところでは なんと チロル君と当方の子犬たちの誕生日はほぼ同じだそうです。

生後6ヶ月の同年同士ということもあり、どうやらお互い、良いお友達になれるのは時間の問題のようです。

社会化第一歩を踏み出したばかりのチロル君、これから どんな成長を遂げるのか のびしろが楽しみです。

短時間に 愛犬の目覚しい進歩を目の当たりにした飼い主さんも 大いに手ごたえを感じておられました。

今日は来られた甲斐がありましたね。

そうそう、チロル君の飼い主さんに お詫びです。

今日お買いものをしていただきましたが、肝心な商品をお渡ししそびれてしまいました。

申し訳ありません。

お帰りになった後に カウンターに残っているのを見つけ 連絡先を存じ上げないので このブログで おしらせします。

近いうち、また是非ともご来店下さいね。

|店主のつぶやき|21:24| - | 2017.05.27 Saturday |

余裕

夜のお世話に 毎晩のように通ってくれているNさんに同伴のラピス君も、普通に光希と おやつをもらえる余裕ができましたよ。

光希と一緒に 美味しいものを待てるようになって嬉しい進歩です。

|店主のつぶやき|21:06| - | 2017.05.27 Saturday |

久々の実家

 

昨年12月に 捨て犬として保護されたダックスちゃんが 縁あってもらわれてから初めて ビンチェーロを訪ねてくれました。

可愛いミッキーマウスの服をまとい、家族にとても可愛がっていただいているようで 元気な姿を見て安心しました。

今は 名前をキャンディーと改めています。

あら、あなたも名前を改めたのね。

うちも 店名が変わったのよ。

心機一転 新しい人生を始める者同士です。

 

 ビンチェーロと屋号が変わる前に引き取られていったので この店名になって初めての訪問ですが、少しばかり暮らしたので いわゆる実家に久々に帰ってきたという感じです。

居合わせたお客様のナナかあちゃんから ビンチェーロの試食コーナーのおやつをもらって 何やら興味津々です。

どうやら ホッケフードが口に合ったようですね。

 

くまのプーさんの衣装で決めているナナちゃんの どや顔は自信たっぷり。

衣装ならた〜〜くさん持ってるわよ。

そういえば いつも可愛らしい衣装が目を引くナナちゃん。

背中のひらひらは プーさんの耳だそうで、あたしゃ、天使の羽かと思いましたよ。

小型犬は こういうのが似合うんですよねえ。

な、な、なにすんねん。

お母ちゃんが 黙々とキャンディーちゃんに服を着せています。

偶然 お店で一緒になったナナちゃんからのプレゼントなんですって。

よかったねえ、キャンディーちゃん。

 

ええ?! これって スイカ〜?

なるほど、見た瞬間に分りましたよ。

これから夏に向かい、また衣装が増えましたね。

頭頂部のフードには ちゃんと切り口の茎まで付いていて 芸が細かいこと!

キャンディーちゃん、月曜日に下腹部の腫瘍除去手術を受けるそうでぅ、免疫力高めるエゾ鹿肉少々をお見舞にお渡ししました。

これ食べて しっかり回復して、元気に戻ってきてね。

今保健所に居るダックス爺さんも キャンディーちゃんや春香ちゃんのように 幸福にたどりつけますように。

|店主のつぶやき|16:27| - | 2017.05.26 Friday |
全 [185] ページ中 [1] ページを表示しています。