涙止まらず・・・

 

 今朝 報じられたニュースを見て この時間に あろうことか涙があふれてしまった私。

ローマカトリック教会のフランシスコ法王が この写真をカードにして配布というニュースでした。

はじめは 戦時中の子供の写真かと思いました。

昔は 小学生の子が幼い弟や妹を背負って遊んだりする姿は珍しくありませんでしたから。

ところが 写真の説明が あまりに衝撃的で 固まってしまいました。

背中に背負った弟は、なんと 既に絶命しており、火葬する順番を待つため 立ち尽くしている姿だと言うのです。

その表情から、自分の身にふりかかった悲しみと悔しさを必死でこらえているのが解ります。

これは長崎に原爆が落とされた後に アメリカの従軍カメラマン オダネル氏が撮影したものです。

オダネル氏は 自分が 原爆を落とした側の立場であるにもかかわらず、この恐るべき過ちを世に訴えようとしたそうです。 

まだ10歳にも満たないであろう少年の親は おそらく 犠牲者の一人となったのでしょう。

放置するわけにいかず、弟を たくさんの犠牲者を火葬する場所に自ら連れてくるしかなかったのでしょう。

この写真を目にして、説明を聞いた瞬間、どっと両目から水がこぼれてきてしまいました。

亡くなった子だけでなく、自分も この過酷な現実を受け入れられない年齢なのに、ぐっと耐える少年の姿が あまりに可哀想すぎて、愛おしくて愛おしくて テーブルを拭くつもりの布巾で 思わず目頭をぬぐわずに居られませんでした。

ローマ法王が どのような経緯で この写真をご覧になったのかは知りませんが、たいそうな衝撃を受け、世界の人に この写真を見てもらいたいと強く願われたとのことです。

カトリック教徒でなくとも、宗教や人種、思想を問わず、人として、戦争を いかなることがあっても食い止めなくてはならないと思わされる写真ですね。

この写真が、愚かな戦争を思いとどまらせる重い一枚として役に立つことが、この不幸な兄弟の、何よりの供養になると確信します。

当時 敵でありながら、激しい慟哭で身を震わせつつ ファインダーを覗いたオダネル氏の情感が手に取るように解る気がしませんか?

きな臭い話が飛び交う今だからこそ、たくさんの人に この写真を じっと直視していただきたいと思います。

この衝撃的な写真には「焼場に立つ少年」というタイトルがついています。

 

|店主のつぶやき|15:27| - | 2018.01.16 Tuesday |

つ、つ、ついに !!! 

 

 残り物には福があると言いますが、まさに、ユカリちゃんがそうです。

長らく待った甲斐あって、ようやく出会うことができた里親さんが お迎えに来られました。

アニマルリンク鳥取のにゃんカフェスタッフ Kさんが 手厚く育てた子なので ついに迎えためでたい日に 感慨ひとしお。

この子は どこに行っても すぐに慣れて 甘えん坊になりますよ、と満面の笑みです。

長らくの想い入れがあるだけに、ねばりにねばった子だけに、送り出すときの愛おしさと言ったら・・・・。

はなむけに、嫁入り道具にと、なんやらかんやら 渡しても ちっとも惜しくは無い様子。

これからの20年近くを どうぞ幸福に送ってと、祈りながら 優しくて温かい里親夫妻を 私も共に見送らせていただきました。

残り物だけに 必ず このご一家に福をもたらしますように。

 

ユカリちゃん、長いこと 待った甲斐あったね。

あんたにも とうとう「おうち」ができたんだよ。

よかったね。

|店主のつぶやき|15:11| - | 2018.01.16 Tuesday |

兄妹

「上光兄妹」の一期(いちご)君がお買いものに来てくれました。

昨年末、日本海テレビさんの年末特番でとりあげた元野犬一家の物語に出演の協力をいただいてから、今年初のご来店です。

目が開く前から譲渡までの約2ヶ月間を過ごした想い出の地なので ここに来ると いつも嬉しそうです。

無論 迎えるシホも 大好きなお兄ちゃんの訪問は大歓迎。

今日も 水しぶきが上がるも、お天気のドッグランを縦横無尽に2頭が 楽しげに走り回っていましたよ。

 

 

店内に入ると、いつもながら 気になる試食コーナー。

えっと、ええっと、おいら あれがいいんだよな。

歯ごたえのあるやつ。

フードと好物のおやつを買ってもらって 満足そうに帰っていきました。

 

|店主のつぶやき|15:03| - | 2018.01.16 Tuesday |

謎の物体

ん? またしても謎の物体発見!!

こないだのはまん丸だったけど、今朝のは四角。

一体なんだ、こりゃ?

いぶかしげに近づいて 正体を調べるチーバ

 

無論 他の子も寄ってきて、解明中。

四角の横には、丸も在って、どちらも成分は同じよう。

寒い朝しか現れない不思議な物体だな。

 

20cmほどの直径の食器と比べると こんな大きさ。

去年 上光一家を保護した折、保育中のケージに敷いた毛布が しょっちゅう濡れるので 洗濯用のタライを寄付していただいたのですが、今は用のなくなったタライにたまった雨水が凍ったものです。

 

シホも 味見。

味はしないですが、その冷たい感触も珍しいようです。

 

うまいうまい。

味はないけど、悪くないぜ。

ちょっと あたしも味見させてよ〜。

あら、けっこう癖になる冷たさね。

 

 

そうそう。

人間もコタツでアイスクリームという楽しみがあるように、我々だって、冷たいもの たまにはいいねえ。

 

おっとっと。

光希は うっかり滑っちゃった。

猿も木から落ちる。

犬も雪で滑るって言うからね。

 

 

そんな若い奴らの騒ぎには無関心なゴンコ婆さん。

 

|店主のつぶやき|17:44| - | 2018.01.15 Monday |

里親さんからの嬉しいメッセージ

 

 米子に貰われていった保護猫ちゃんのご一家から 新年のご挨拶が届いていました。

もう松の内も終わろうかという今ごろですが、ご紹介させていただきます。

カフェちゃんとラテちゃんという名で可愛がっていただいています。

15年の譲渡から3年ばかり経つ今、すっかりなじんで セットで暮らす毎日が 安らぎに満ちています。

今年も 息災に暮らせますように。

|店主のつぶやき|17:30| - | 2018.01.15 Monday |

モコモコミッキー君

 ビシャビシャのドッグラン、雪でグチョグチョの道中を嫌がって 冬場のご来店は 少ないのが常です。

が、今日は ミッキー君が 来てくれました。

もふもふ指数、モコモコ度が上がって、「剪定」が必要なようです。

伸ばしっぱなしも可愛いのでしょうけど、衛生上も やはり 定期的な散髪はしたほうがいいのでしょうかね。

こういうワイルドなモフモフも 愛らしくて好きなのですが・・・・・。

犬は、散髪によって 極端に変わる子もいますね。

寒いときは 散髪は ちょっと酷な気もしますが・・・・・。

|店主のつぶやき|22:29| - | 2018.01.14 Sunday |

小さな訪問者

譲渡先募集中のシホに なんと面会希望者が!!

 

お父さんと

 

三人の子供さんです。

 

昨年末のテレビ放送をご覧になって シホに会いに来て下さったと聞き 思わず顔がにやけるほど嬉しい気分でした。

ご縁につながるかどうかは、まずは期待して待ちましょう。

犬に理解ある上に、愛護心もお持ちのご一家なので、良縁であることを祈るばかりです。

 

|店主のつぶやき|16:48| - | 2018.01.14 Sunday |

凍てつく朝

ん? なんだ、これ?

得たいの知れない白色透明の円盤にいぶかしげながら 興味津々のチーバ

 

どれどれ、ちょいと、味見すっか。

 

あれ!! 想ったより硬いぜ。

いやに冷たいしなあ。

 

うわ〜〜、歯が立たないか。

いや、おいら それほど年はとってないぜ。

この後、バリっとやってました。

 

 

寒さなんか平気!

中年も若いやつも 凍った大地がけっこうお気に入りです。

おっちゃん、遊んでよ〜!

例によって しつこく遊びをせがむ女子たちに またしても相撲で応えるチーバです。

|店主のつぶやき|16:38| - | 2018.01.14 Sunday |

パールちゃん 自由に駆けていこう

 パールちゃんとの出会いには 特に感慨深いものがあります。

まず、パールちゃんの飼い主ご一家は 私の一家が昔お世話になった檀家さんだったということ。

お寺を離れて随分経った頃に、ご縁あって再会したとき、愛犬パールちゃんの病気についてのご相談を受けたのでした。

発症後しばらくは安静にしていたそうですが、これまたご縁で まもなく当店会場で開催された「ベルリンカフェ」にご来場の折、会員で救護班担当のT病院の先生との出会いがあり、そこで初めて「DM」(変成性脊髄症)の疑いがあることを告げられたというわけです。

現在の医学では、この病気の根治に到る治療法が確立されておらず、せめて進行を遅らせるためのケアをと、飼い主のOさんご一家の理解と熱意の下、全力での支援が始まりました。

安静ではなく適度の運動を勧められ、時折 ドッグランに来ては 無理のない範囲での運動をする姿を見て、まだ大丈夫、少し麻痺傾向が進んだかな? 後ろ脚に力が入らないな、などと一喜一憂の日々でした。

心も肉体も元気なのに、なんで? と 不思議に思ったものです。

 

 後にNHKのドキュメンタリー番組で、流行犬、人気犬種とされた犬たちが 商業路線最優先で濫繁殖の犠牲となり、こうした宿業の病で苦しむ個体が 健康を無視した状態で大量に繁殖されていることを知りました。

かつては 水頭症のチワワ、股関節形成不全のレトリーバー、精神をも蝕む重篤疾患のダックスフント、膝蓋骨形成不全のトイプードルなど、遺伝的な問題を背負わされて「大量生産」されて送り出されるという悲しい実情がありました。

健康上のリスクを負ってでも欲しがる消費者が居ることが問題だとする人、獣医師が何度警告しても耳を貸さずに不健全な繁殖を繰り返す悪意ある繁殖者を一掃すべきだと憤る人、いろいろな専門家が 熱く こうした日本の犬業界の実態を語っていたのが衝撃的でした。

 ウェルシュコーギーのパールちゃんは とても手厚い飼い主さんご一家の下、何不自由ない幸福を満喫していました。

実は 彼らも 人気の裏で暗躍する営利優先の業者を潤わせる道具となっていた犬種の一つと言われています。

無論 全てではなく、一部には健全に犬種の質を守ろうと努める繁殖家も居るのですが、そうした良識ある繁殖家は 残念ながら少数派と言われます。

 

 まさか、元気一杯の愛犬が 老齢期に入って このような病に苦しむなどと 誰も予想はできませんでした。

幸いなことに、彼女のためなら なんでもするという飼い主のOさん一家に支えられて その闘病生活は 決して暗く、辛いものではありませんでした。

それどころか とても有意義で 命のきらめきが際立つ日々でした。

 

 

 あるとき、ご縁あって、横浜からの転勤で県内に住む角田さんという女性と知り合うことができました。

彼女は スウェーデン式ドッグマッサージという施術法を習得しており、一頭でもお役に立ちたいとの志を発揮できる場を求めておられました。

施術を受ける側には いくつかの条件があるのですが、まずは 担当獣医師先生の承諾を得て 早速 試してみることになりました。

一回目、二回目と、二週間に一度のペースで 施術を受ける度に 驚くほどの改善が見られました。

動かない脚が随意で動かせたり、代謝が活発になったおかげで 皮膚の状態が良くなったり、可動範囲も拡大して、ご一家を大いに喜ばせ、驚かせたものです。

角田さんの技と 心をこめてのマッサージは 予想以上に効果を実感することができました。

ただ、残念至極ですが、こうして 根気良く続けたマッサージを ついに受けられなくなる日が訪れました。

角田さんが 転勤で鳥取を離れ 遠く関東に引っ越されたのです。

残念で仕方ありませんでしたが、こればかりは どうにもなりません。

でも、パールちゃんは 獣医師先生、専属トリマーさん、そして何より 彼女中心で全力を尽くす生活に徹するご家族の熱意によって、予想外に その生活の質を長く保つことができたことが幸運でした。

 

 

 最初の訪問以来、ずっとパールちゃんの食を、私の助言をふまえながらお求め下さったOさんご一家でした。

たとえ不治の病であろうとも、その余命が限られていようとも、最善を尽くして天命を待ちたいとの思いに寄り添い、私にできることがないものかと考えてはきたものの、如何せん 浅学非力の身では、十二分にお役に立てず、命の期限を望ましい状態で満たしてあげることができたのかどうかと振り返っています。

麻痺が徐々に進んで 後肢に続いて前肢、そして嚥下、発声などにも 病の手が伸びてくるのを見守るだけというのは さぞかしお辛かったことと拝察します。

そんな日々が経過し、病が進んでも、ありがたいことに 彼女の食べたいという欲は衰えることなく、即ち、生きようという本能の火がメラメラと燃えている手ごたえを感じることが 飼い主さんの推進力となり、希望となっていたようです。

飼い主さんは 結婚、出産と、人生の大切な出来事をパールちゃんと共に祝い、次はクリスマス、次は正月と、ささやかな願いを 一つずつ叶えることができました。

家族の一員として、喜びも憂いも分かち合ってきたパールちゃんでしたが、ついに その天寿を終える日を迎えました。

三日間のお通夜を経て、本日 外は雪でも、暖炉のように暖かいご家族に見送られ、遠い世界へと旅立っていきました。

いつも笑顔で一家団欒を眺めていたその姿のまま、口角を上げ、嬉しそうな笑みを浮かべた表情でした。

13年9ヶ月の 持ちきれない想い出の数々を むせるような花々に包んだお土産にして・・・・・。

病を受け入れ、けなげに生きようとしていた、いや、生きることを楽しんでいたパールちゃんから学ぶことはたくさんありました。

Oさんご一家のみならず、関わらせていただいた私も 知識と経験を糧とさせてもらいました。

決して悲壮感に屈服することなく、ひたすら笑顔での前進で 献身ではなく伴走と言う形で寄り添ったOさんご一家にも心からのねぎらいの拍手を贈らせていただきます。

 

寝たきりだった今生の姿を返上し、四肢を自由に動かして 思いっきり飛び跳ねるように 駆けていく姿が目に浮かびます。

 

ありがとう、パールちゃん

ありがとうございました、O家の皆さま。

そして、当ブログで パールちゃんの経過を気にして下さった方々 長い間ありがとうございました。

 

 

|店主のつぶやき|17:47| - | 2018.01.13 Saturday |

「初場所」はじまる

 もうすぐ相撲ファンのお楽しみ「初場所」が始まりますね。

昨今の角界は 問題多しということもあり、複雑な想いで、半ば興ざめに近い心境の方もおられましょう。

 ビンチェーロドッグランでも 犬相撲が お天気の日に 予告無く始まっています。

唯一の男子であるチーバは、他の女子どもに飽きられることなくモテモテで、今日も 競うように たかられています。

彼の口元を舐め舐めして 盛んに甘えるポーズをするシホと、「遊ぼう」ポーズで 仕掛けてくる光希の相手をすることは、まんざら面倒でもないようです。

しつこく絡まれても、許せる関係です。

いろんな技をしかけてくる相手を、これまた巧みにかわしながら、良い運動ができるというものです。

冬の日の束の間の陽だまりで 取組の後は しばしの休憩日向ぼっこ。

なんの利害計算もなく、ただ無邪気で純粋に楽しむ犬相撲には 気持ちよく声援を送れるというものですね。

寒さと荒天のため、とかく運動不足になりがちな愛犬たちですが、皆さんも 機会をみて しっかりと全身運動させてあげて下さいね。

|店主のつぶやき|17:30| - | 2018.01.12 Friday |
全 [228] ページ中 [1] ページを表示しています。