タロー君 いらっしゃい ♪

今日もお天気を無駄にしたら勿体無い。

そこへやってきたのは 県の収容施設で暮らすタロー君。

もちろん、みんな笑顔で大歓迎。

これだけ複数の犬が居るのは初めてなので タロー君 ちょっと緊張気味。

しばらく観察するうち、どうやらオスが苦手だということが分りました。

そこで ルーク君は一旦退散して休憩へ。

 

 

いつもお世話してくれる職員さんに 可愛がられているので こんなに甘えて 可愛いタロー君。

早く 守ってくれる家庭にご縁を授かればいいですね。

それまで、せめて、ドッグランで 楽しいひとときを過ごしてもらえたらと願います。

人にも犬にも慣れて いつか収容施設を出ていく日が来るといいですね。

ずっと里親さん募集してますよ。

 

 収容犬には罪がありません。

好きで捨て犬や野犬になる子なんて居ません。

最後まで守ってもらえず、路頭に迷わせるなんて、無責任な飼い主が 相変わらず多いのが現状です。

犬を迎えたときの気持ち 忘れないで欲しいですね。

そして、犬を迎えたい人は その命を無事に全うさせるまで 全力で守り切る熱意と覚悟をもてない場合は 最初から犬をあきらめるほうがいいですね。

不幸な捨て犬を見る度に いつも そう思います。

モノじゃない、命なんだ、という言葉をよく聞きますが、命を軽視する人が多いということなのかなあ、とも考えてしまいます。

タロー君のような子が 出ないように、そして、タロー君のような子を迎えたいという人が増えるようにと祈ります。

|里親情報|21:55| - | 2018.03.13 Tuesday |