風はまだ冷たいけれど

上から目線で ドッグランを見下ろして「うむ、良い眺めじゃ。」と納得の大ちゃん。

 

家族犬のタブちゃんと遊びのスイッチが入りました。

 

ヌノスビーを投げたら やっぱり用途を間違えて、別のやり方で遊ぶタブちゃんでした。

 

 

チャチャちゃんたちが遊びに来ましたよ。

 

お互い「よそもの」として 緊張の面持ちでの対面。

ご挨拶がうまくいったら まずは安心。

 

 

体格の良いユキナちゃんの存在感に ちょっと威圧を感じるタブちゃんですが、それでも 同じ空間で 紐なしで居られるようになりました。

 

 

一日済んで くたびれる頃、「家族水入らず」で ドッグランに出てみたラピス兄と光希妹。

お互いの存在が 今じゃ全く普通、いや、居てあたりまえ、いやいや、居ないと不安? な関係となった2頭。

一方が行くところ、もう一方が追い、守られたり守ったり、遊んだり遊ばれたり。

 

用心棒から離れると 上空のトンビの標的にされないか 心配。

ピー、ヒョロロロロ〜〜、と実にいい声でさえずってるトンビは、猛禽類なので 眼下の小さい生きものには目ざといようです。

気をつけましょう。

ラピス君を遠くで見守る視線が こちらにあります。

|店主のつぶやき|16:59| - | 2018.04.16 Monday |