犬による癒しカフェ

昨年夏に愛犬ランちゃんを亡くしたYさんが訪ねてくれました。

手元に愛犬の姿が無くなって まだ1年足らずですが、どうにか立ち直れてきたと笑顔で話してくれました。

今日は 強いストレスがかかった後に、自分の癒しを求めて ハルたちとふれあいたいと寄ってくれたのです。

 

 

 

心得たもので、ハルは、ちゃんと座って 望んだ瞬間を待ちます。

試食コーナーで おやつの物色をするYさんは 取り付かれたように楽しそうです。

 

 

さて、どろえがいいかな?

魚? それとも肉にする?

あ、なんか新しいおやつも入ってる。

一人はしゃぐYさんを 待ちきれない様子で凝視する2頭。

 

もう待ちきれないよ〜〜!!

ついにテル坊が立ち上がりました。

ハルは それでも根気よく マテをしています。

 

犬が居なくなっても、やっぱり時には あの感触を味わいたい。

そう思ったときには いつでもどうぞ。ここは 犬による癒しカフェですから。

そうお誘いしたのがご縁で、時々 訪ねてくれるYさんにも、愛犬と過ごした頃のなつかしい想い出が昨日のようによみがえっているようです。

今後 犬を迎えることはないでしょうが、ビンチェーロに来て こうしてふれあえることが救いになると喜んで下さいました。

テル坊は 来月には巣立って居なくなりますが、ハルがお相手することでしょう。

淋しさやつらさを緩和したり、気分を一新したいときには またいつでもどうぞとお声をかけました。

しんどかった今日を忘れることができましたと、Yさんは 笑顔で元気に帰っていかれました。

よかったよかった。

あんたら、いい仕事したねえ。

 

 

|店主のつぶやき|21:53| - | 2018.04.21 Saturday |