にぎやかに保護犬交流

今日 やって来てくれたのは

 

 

アニマルリンク鳥取の保護犬たちの健康診断を兼ねて遊びに来てくれた動物病院の先生の愛犬 大吉君です。

 

カニスドッグランで かなり犬慣れしてきた大吉君には 初対面の上光一家との遭遇も 決して苦ではなかったようです。

やはり、回を重ねるということは大事ですねえ。

 

あ〜ら、いい男!

不妊手術前で まだ色気のあるハルに言い寄られて ちょっと困り顔の大吉君。

 

 

 

なかなか積極的なハルですが、大吉君も、まんざらではない様子。

世の中 何かというと すぐセクハラの罪に問われるので、ブログの台詞にも注意が必要ですね。

 

 

健康診断を終えて くつろがれる先生との談笑中も、犬たちはリラックスして おつきあいができました。

 

今度は 久しぶりのシー子ちゃんが来て、それから ミッキー君が来て いよいよ ビンチェーロドッグランは、保護犬交流会の会場と化しています。

思えば みんな 今の家族と出会うまでに つらい目、淋しい想いを味わってきた過去を持つ子ばかり。

でも、みんな ちゃんと幸福に辿り着くことができました。

それぞれの子たちを診てこられた先生も この偶然の再会に笑みがこぼれます。

 

 

ミッキー君(左)も シー子ちゃんも みんな息災を確かめ合います。

 

「おゥそうか。君も保護犬か。」

そうです。

大吉君も 子犬時代、さまよっているところを保護され、ついに飼い主現れぬまま、先生の愛犬として迎えられました。

お仕事もプライベートも共に居られる日々を楽しんでいます。

 

 

テル坊のお母ちゃんも、お訪ね下さり、大吉君とも 笑顔でご挨拶です。

 

そう言えば、ハグも、保護当初から 先生のお世話になっていて、フィラリア陽性から陰性になったそうで、今日の再会をお互いに喜んでいました。

保護当初の野犬時代をご存知の先生も 家庭犬となって 表情がやわらいだハグの姿には感慨深く 言葉をかけてねぎらいます。

おまえ、本当によかったなあ。

アニマルリンク鳥取ゆかりの保護犬が集い、互いに今の幸福を喜びあう素適な時間でした。

 

|店主のつぶやき|17:30| - | 2018.04.22 Sunday |