門出 その1

 

今日は 3件の「譲渡」が実行されました。

 

保健所施設から 度々 ドッグランに遊びに来ていたタロー君と 同じく収容犬のテリー君、そして、1月末にビンチェーロに来て3ヶ月以上を暮らしたテル坊の 計3頭です。

 

 

里親さんの希望で、以前飼っていた子もお世話になったという病院に血液検査などを依頼しました。

駐車場で出迎えてくれた先生でしたが、未知の人には警戒心が強いため、軽々に頭など撫でることは控えて しばし様子を見ます。心配しなくても大丈夫だよ。

この後、鳥取市の担当職員さんたちと診察室に入っていきますが、あるいは 誰かが怪我をすることになるかもしれないという心配をよそに、難なく 採血と診察を終えることができました。

 

 

待合室で 診察を待つテリー君。

 

 

彼の未来が幸せであるようにと祈る複数の関係者に見守られながら、初めての病院での診察を終えて、いよいよ里親さん家に向かいます。

まだ 推定4ヶ月ぐらいのやんちゃ盛り。

 

タロー君 終の棲家に到着です。

広々した空間で まずは「旅」の疲れを癒してからね。

これで 長かった施設暮らしもおしまい。

今日からは の〜〜んびり フィラリア治療と併行しながら 楽しい想い出を作ってね。

 

|店主のつぶやき|21:08| - | 2018.05.15 Tuesday |