コロ君に光射す

 何年も 皮膚病に悩んできたコロ君でしたが、体質かも知れないとあきらめかけていた頃、食餌、運動、皮膚の衛生ケアなどについて今一度見直していただくという飼い主さんのご理解と実行によって、かなり、かなり状態が好転してきました。

黒ずんだ顔や四肢は、見るからに荒れており、掻きむしることによって 肢から血が流れているのを目にすると 私の胸も痛んだものです。

その表情には、年齢相応の覇気が乏しく、なんとか その心身を活性化できないものかと思い悩んでおりました。

時を経て、飼い主さんから 本気で 彼の改善に向けた取組に着手したいとの意思表示を受けて、まずは主食を変え、買ってあるのに使っておられないという薬用シャンプーでの洗浄を実施していただくことになりました。

毎日のように運動に通って来られ、着実に、愛犬改革を目指していることが明白でしたので、私も その前向きな姿勢に賛同すると同時に 応援をし、結果で応えたいと願ってきました。

相乗効果というのか、飼い主さんの強い意志と願いが通じたのか、ここ最近になって コロ君の状態は劇的と言っても大袈裟でないほど改善されてきました。

飼い主さんも 主治医先生に「好くなってる」と言ってもらえたことが励みになったのか、ご自身も さらに意欲的になっておられるようです。

こういう報告を聞かせていただくのが 私にも大いなる励みとなり、アドバイスを素直に受け入れて、実行に移して下さったことに対し、感謝の念があふれてくるというものです。

健康相談に来られても、右から左に聞き流すだけの方もあるので、コロ君の朗報は、我が事のように嬉しい私です。

コロ君自身も、不快な症状に耐え、おやつの制限などで頑張りました。

しかし、何よりも お母さんのご尽力あっての嬉しい経過に、自称、犬の保健師、相談員のおばちゃんとしては、労いの拍手を贈りたい気持です。

アドバイスを素直に聴き、受け入れ、さらには実行して下さって ありがとうございます。

これからも応援しています。

加えて、諸事情あって行き来が容易ではなかった飼い主さんを助け、気持ちよくシャンプーの送り迎えなどで協力されたトリマーさんにも感謝しなくてはと思います。

 

|店主のつぶやき|21:54| - | 2018.05.29 Tuesday |