生まれて初めての着衣

不妊手術を終えて五日目のハルちゃんは、傷口を気にして執着のペロペロ発作がなかなか収まらないため、思案の末に、ラピス母ちゃん発案の療養服を着せてもらいました。

自分のキャミソールとやらをアレンジして  その場で手際よくハサミをいれながら着せたのですが、鮮やかな動作には感心します。

でも、特に違和感がないようで、大人しく 眠りに就いてくれました。

隣りはルームメイトのゴンコ婆さん。

遠い昔、あたしも 同じく不妊手術を受けたけど、こんなことまでしてもらわなかったなあ。

あんたは恵まれとる。

 

愛情こめてアレンジした衣服とはいえ、圧迫感やらなんやらで 身のこなしがイマイチ思うようにならないことがストレスになってはいけないと、2時間ばかりを 何も着せず、店内で自由に過ごさせました。

どうやら ホッとしたようで、テーブルでのお客人との会話を聞きながら 眠りに就きました。

傷は日に日に回復しているのは間違いないのですが、どことなく 以前とは違う感触に まだなじめないのかも。

 

こちらも ラピス母ちゃんお手製の色違い。

黒衣も また可愛い。

 

 

光希も負けじと黒衣で競い合います。

母ちゃんの着ていた服は 幸い そのまんま 小細工無しでぴったりです。

大好きな母ちゃんの匂いが ほのかにして 生まれて初めての服もまんざらではなさそうな光希です。

|店主のつぶやき|14:54| - | 2018.07.07 Saturday |