三毛猫ちゃん、おめでとう

 先日、当ブログでご紹介した 譲渡先募集中保護猫ちゃんに めでたく貰い手さんが決まりました。

当店をよくご利用のKさんは、道ばたで見かけた子猫が、あまりに弱弱しく痩せ細っていたのを見かねて、発見から二日目に、保護を決心されました。

最初は親猫が どうにかするだろうと思って様子を見るに留めておられたのですが、どうやら 誰からも世話を受けていないようで、このままでは命の危機が迫ると思い、放っておくことができなくなったそうです。

保護された日に ご近所の動物病院を受診し、健康状態を確認された上で ビンチェーロに貰い手探しのご相談電話を下さいました。

先生のご指導を受けて 慣れない保育に着手されるも、お家では飼えない事情があるため、この子を任せることのできる方を見つけるために 私に連絡をされた経緯を知り、それなら私もお力になれたらと思いました。

野良猫の相談電話を受けることは多いのですが、その多くは いわゆる「丸投げ」依頼なのです。

こういう依頼主は 自分は何一つ努力も行動も起こすことなく ただ排除だけを頼んでくるのです。

当方も 手間と出費を担うだけの余力がないため、自助努力で解決しようと頑張る方のみ お手助けをすることにしています。

保護した人自身が動かないことには 解決の道は拓きません。

Kさんの場合は、動物病院、ペット用品店などを経由し、どうにか この小さな命を 安心して託せる人に渡すまでを 頑張られました。

そして、今日、その想いを受け継いでいただける里親家庭に 晴れてお渡しすることが叶いました。

 

ビンチェーロの展示ケージで「面会」を待つ「トロロちゃん」(Kさんがつけた仮の名前です)

さて、どんな人かなあ。

どんな家族かなあ。

何も知らずに 果報を寝て待ちます。

会った瞬間に 運命の扉が開いて、もう 「うちの子」と決めてもらったトロロちゃん。

あまりに可愛すぎて 里親候補者さん一家は メロメロ状態です。

この子を その生涯が終わる日まで 全力で守るとの意欲と覚悟が光ります。

丈夫に育って、健やかな一生を送れますように。

無邪気に抱かれて戯れる様を見ると、その願いが必ず叶うようにと あらためて強い祈りが湧き起こります。

引き受けた命に熱心に向き合うご家庭を これからも できるだけ応援をしていこうと思います。

 

 

この三毛猫ちゃんは、犬も人も好きなようで、おびえることなく 堂々とした態度で ハルちゃんを見下ろしていましたよ。

幸せになってね。

|店主のつぶやき|18:03| - | 2018.07.08 Sunday |