デイサービスで安心

コーギーによく発症する傾向があるということで知られるようになったDM(変成性脊髄症)と診断されて3年以上が経つニコちゃんを日中支えるのは カニスさんです。

老犬の介護に力を貸すことができればと、カニスさんでは、要介護のワンちゃんのお世話も受けて下さることが多く、ニコちゃんの場合も、飼い主さんが仕事でお留守をなさる日中のデイサービスによって 大いに助けられていると大満足のご様子。

ニコちゃんの場合は、後肢の麻痺で困難となってきた寝返りなどの体位交換や、楽しい気分転換、食事、給水、外気浴など、生活の質を保つためのケアを担ってもらっています。

一昨日 私が伺った折には、ちょうど涼しい店内に出て、シリコン製の容器から水を飲ませてもらっているところでした。

介護用ベッドから出て 場所を変えることも 彼女にとっては嬉しいひととき。

 

一週間、行き場のないペル爺さんの介護を見守ってきたバニラも、ニコちゃんの介護につきそって 見守るのが仕事。

この日も ちゃんと任務を果たしていましたよ。

丁寧に そして手厚く 老いた子に慈愛の心で向き合う母ちゃんを 少しでも手助けしているつもりのようです。

介護を受けるニコちゃんもけなげですが、言葉なき介護職員も また とてもけな気です。

ペルちゃんの居なくなったカニスさんですが、まだまだ 生きようと頑張る命が輝きを放っています。

心温まる光景でした。

|店主のつぶやき|18:10| - | 2018.08.05 Sunday |