土曜日の訪問者

8月に他界したミミちゃんのご遺族Sさんが 同居犬元ちゃんを伴ってのご来店です。

さぞやお淋しいでしょうに、笑顔で冗談も出るほどお元気になられて 無理なさっているとは思えませんが、懸命に元気になろうとしておられるのか、短いながらもやり尽くされたので 悲しみという後遺症が思ったほど重症ではないのか、いずれにせよ、前向きに歩んでおられることは望ましいことです。

ただ、Sさんが二階から降りようとすると、ミミちゃんが嬉しそうに見上げていた一階の廊下や 寝ていた床を見ると、姿の消えた空間には 今も淋しさが漂っているそうです。

 

いつも夕方近くに遊びに来るコロ君が元ちゃんと合流。

旋回してばかりの元ちゃんとは、遊ぶ手法が分らなかったようです。

Sさん、お元気でよかった。

看取りという辛い試練を乗り越えた先には きっと 新しい希望が見えてくることでしょう。

ずっと応援していますよ。

|-|21:36| - | 2018.10.21 Sunday |