雨の訪問者

外は冷たい雨が降る今日の日曜日。

やはり、こういう天気の日はお客様が少ないのは予想通りです。

 

犬連れの方が来られない淋しいお店に 若いオジちゃんが いつもと変わらぬ元気オーラを放ち やって来ました。

まさに、「雨の訪問者」です。

往年のフランス映画にありましたね。

あらすじ忘れましたけど、ワルツ仕立てのテーマ音楽だけは 今もよ〜く覚えてますよ ♪ ♪

チャールズ=ブロンソンが怪しげな影として不安をあおる役どころでしたっけ?

 

水浸しのドッグランでもものともせずに遊ばせる気満々のおかあちゃんですが、まずは 店内で 光希と対面させてみることに。

光希にとって、オジちゃんは、映画に登場するチャールズ=ブロンソン演じる正体不明の怪しい訪問者のようです。

 

 

え? なに? なんなの、この子?

うろたえかける光希。

好奇の視線でなりゆきを見るオジちゃん。

オジちゃんは しっかりと相手を見つめますが、気弱な光希は、視線を外しがちに 相手の正体を探ります。

 

相手が把握できないうちは、どうにも視線が定まらない光希。

自分にとって有害か無害か、友好的か好戦的か、短い時間と緊張の空気の中で 推し量っています。

オジちゃんは ただ遊び相手になって欲しいだけ。

仲良しになりたいだけ。

不安そうな先輩に対し 無作法にしかけるでもなく、様子を見ようとするところに、彼女の賢さを感じます。

 

 

来月は いよいよ不妊手術だそうです。

今日も 新発売おやつをもらうために、彼女特有の「お手」をしては 未知の味を経験していました。

撥水性の服が、なかなか温かそう。

裏ボアなんですよ。いいな〜。

今日は 譲渡先を求める犬猫へのお尋ねもなく、なんだか終始 静かな一日でした。

|店主のつぶやき|17:44| - | 2019.01.20 Sunday |