天気芳しくなし

まずは、昨日、土曜日の訪問犬さんです。

雨も嵐もなんのその。

小型犬には珍しいワイルドドッグのオジちゃんが 元気にやってきました。

ご覧の通り、跳躍もお手のもの。

 

店内に入ると、以前から気になってるというハーネスを手にとったお母ちゃんからご相談を受けて オジちゃんに合いそうなサイズを試すことになりました。

色はともかく、身体に合うサイズを実際に装着してみるところから始め、本犬の動きも観察してから 決めていただきます。

どうやら minimini.サイズのようです。

可愛い色や柄はお好みではないとのことで 渋系の色をご注文いただきました。

本犬も 違和感なく、まんざらではない様子。

うん、これならイケる。

想ったより簡単だし、歩きやすいわ〜〜、とお母ちゃんも納得の様子で、毎度おおきに〜♪ ということになりました。

 

お買いものに来てくれたシオンちゃんに 挨拶しようと近づくオジちゃんですが、お嬢様犬のシオンちゃんはご覧の通り、腰が引けて、拒否反応が露わです。

社会化途上というより、過去に、ドッグランで威勢の良い大型犬に取り囲まれたのがトラウマになっているとのことです。

相手によりけりですが、オジちゃんなら、社会化練習にピッタリのお相手(練習台)です。

オジちゃん自身も、つい数ヶ月前まで 他犬は全く苦手でした。

何度も来て いろんな子と接するうちに 段々慣れてきて、こうして自分から 未知の子にも近づけるようになったのです。

だから シオンちゃんにも 伸びしろがありますよ。

がんばってね。

また、社会化練習ができたらいいですね、と、双方の飼い主さんも 手ごたえに笑みを浮かべて満足げでした。

 

こちらは 本日 氷雨降る悪天候の中を来て下さったラブ&クルリちゃん一家。

フードを選んでいる間も、2頭は仲良さそうに、行動を共にしていますよ。

 

左側のラブ君が先輩。

右側のクルリちゃんが後輩。

どちらも 途中飼育断念の経緯を持っていますが、今では お互いが無くてはならない存在。

すっかり家族になれて よかったね。

 昨日 貰われていったカニンヘンダックス君も、先住犬君と、こんな風になってくれるといいなあ。

この2頭を眺めると、昨日の2頭が重なってしまいました。

みんな幸せになって欲しいものです。

 今日は ドッグランに出て遊ぶ子もなく、お店もヒマでした。

ラブ君とクルリちゃんは 貴重なる犬のお客さんでした。

 明日から4月。桜の時季本番というのに、まだ冷たいものが吹き荒れる今日のビンチェーロ地方でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|店主のつぶやき|17:15| - | 2019.03.31 Sunday |