狂犬病予防接種の日

いよいよ大型連休が始まる前の日曜日。

ビンチェーロドッグランにも 犬たちのひとときが花咲きました。

 

 

楽しげに「布スビー」をくわえて遊び出したのはいいけれど・・・・。

 

おやおや、これは 一体 どういうこと?

まずは ハグ母ちゃんが 子供に手本を示します。

年に一度のこの注射、ちゃんと打っておくのが 国の定めだからね。

狂犬病は ここ50年ばかり、日本には無いという理由だけで 愛犬家の間では関心が薄いようです。

だからといって その予防接種を受けなくていいということじゃないんですよ。

いつこそ、再び 悪夢のような狂犬病が侵入するか分りません。

遵法精神と 愛犬、そして我々の安定した日常を守るためにも、狂犬病予防注射は 受けましょうね。

ただし、もちろん、受ける子自体が健康であることが大前提です。

ハグ母ちゃん、じっと動きを止めて 接種を受けるという模範を示していました。

野犬歴長いけど、今じゃあ このように すっかり更生を果たしています。

飼い主さんとの信頼関係があればこそですね。

 

続いては 末っ子ハンズです。

先生 お手やわらかに頼んまっせ〜。

 

母ちゃんに保定されて 何をされるのか分らないままに終わってます。

 

お次はハーツ兄貴。

「先生 頼みますよ。」と言わんばかりに付き添うハグ母ちゃん。

すぐに終わるのが救いです。

アッちゅう間に終わります。

なんだ、たいしたことないじゃん。

 

父ちゃん 遅いなあ。

店内で 獣医の父ちゃんが戻るのを待ってる大吉君。

 

 

済んだ済んだ。

やれやれ 年に一度の予防注射が終わって、ホッとした上光母子。

注射の後は 運動を控えるために そのまま帰宅の途に就きました。

 

 

まだかなまだかな。父ちゃん 遅いなあ。

待ちわびる大吉君のもとへ、仕事を終えた父ちゃんが迎えに来て、「待ちかねたぞ武蔵」とばかり ドッグランに出て行く大吉君でした。

 

風を切って、それ行け〜!!

大吉君と光希は とっくに注射を終えてる身なので 思い切り遊びまわれます。

 

お互い元保護犬同士。

気が合う2頭です。

 

 

仕事の後の一杯はドッグランで。

遊んだ後の愛犬を見下ろしながらの温かい一杯は至福のひととき。

大吉君も 久々のドッグランで嬉しそうでした。

大好きな父ちゃんのそばで遊べる幸せに大満足。

 

温かい季節は 青空の下で 外の空気を吸いながらの休憩時間が疲れを癒してくれます。

今日は ビンチェーロの犬も含め、狂犬病予防接種の任を果たしていただき、お世話さまでした。

 

老齢となったサラちゃんが来てくれました。

まだ若かりし時、肥満細胞腫という病気にかかるも、専門家の指導を受けての食餌療法により 手術を受けずに 今日まで元気に生き延びて来ました。

飼い主ご一家は、一次、たいそう深刻に悩まれましたが、奇跡的に腫瘍が消えて、今は 嘘のように元気な老後を楽しむ毎日です。

飼い主さんも サラちゃん自身も よく頑張ったものです。

この調子で まだまだ天寿を長らえて欲しいものです。

 

3月末に里親家に引き取られた陸君が遊びに来てくれました。

 

まだまだ日も浅く、完全に軌道に乗ったわけではありませんが、新しい家にすっかり慣れて、先輩犬の空君が ちょいとタジタジになる場面もあるそうな。

 

一番の大事な子は先住犬。

飼い主さんの愛情が以前と変わらないことを体感したまま、新入りの存在をも受け入れ、そのうち、互いが無くてはならない大事な存在になっていくのを 気長に待っていただきましょう。

飼い主さんご一家も そのおつもりです。

 

新入りもかわいいけど・・・・。

 

一番は おまえだよ。

先住犬も新入りも分け隔てなく愛情を注がれる飼い主さんなのであります。

陸君 母ちゃんの横にひっついて 甘える術はお手のもの。

 

以前は 飼い主さんの腕から降りようともしなければ、離れようともしなかったナナちゃんですが、最近は なんだか活発になってきて、第三者の腕にも積極的に抱かれるようになりました。

これは大きな成長です。

 

今までは ぽつんと立ち尽くす姿しか撮れませんでした。

ドッグランに出ても 母ちゃんのそばに不安げに立ってるだけで・・・・。

でも、なんとも意外というか、珍しくも この躍動感あふれる姿を披露してくれたのは初めてのことです。

ナナちゃん、まだまだのびしろを感じます。

すごいなあ。

どうしちゃったの?

ビンチェーロおばちゃん なんだか嬉しい手ごたえを感じます。

 

テル坊が来ましたよ。

 

もうすぐ手術を控えたテル坊。

保護当時、事故で前脚を損傷していたので手術治療を受けているのですが、よく運動するせいか、最近、中に埋めた金属ピンと、成長した身体が ちょっと調和しなくなってるみたいで、思い切って抜いてもらうことになったそうです。

以前より 傷めた前脚をかばう仕草が頻繁に見られることがきっかけでした。

また、自然体で 思いっきり力走できるようになることでしょう。

ドッグランは 少しの間お預けになるね。

今日は存分に遊べたかな。

 

 

オジちゃんもやってきて コロ君も揃って 慣れた者同士の交流タイムです。

どの子にとっても ここは庭のような場所。

|店主のつぶやき|22:29| - | 2019.04.21 Sunday |