木曜日の外出先で

ビンチェーロでは見かけない子が居ますよ。

ここは 八頭町のペットサポート&スポーツフィールド「カニス」のドッグランです。

 

この子は いつもビンチェーロのご飯を食べて 元気いっぱいのゆづちゃん。

今日は お母ちゃんの見守る中 たっぷりと遊びます。

 

ドッグランで 気の合った友達犬とくつろぐバーシュ君(左)。

奥のフェンスの向こうに居るのは 譲渡先募集開始のトイプードル「ダイキチ」です。

ダイキチ君に関する情報は こちらを どうぞ。

 

http://blog.canis-field.com/

 

ゆづちゃんの家族犬ジジちゃん。

15歳となり、後肢だけでなく 最近は前肢の自由も利かなくなってきたそうです。

でも、ご覧の通りの立派な補助具を着けてもらって 懸命にがんばる姿に声援を送らずにいられません。

 

まだまだ食欲もあって、生きる気満々。元気ですよ。

四肢が衰えてきたこと以外は異常なし。

こうして 不自由の身であっても ドッグランに連れて来てもらい、犬としての生活の質(QOL)を支えてもらい、幸せな子ですね。

老いて 益々愛おしさが増してきたような・・・。

 

お天気のドッグランには おなじみさんが遊びに来ていて みんな楽しそうです。

 

しっかり遊んで発散し、運動によって 心身の健康を保ち、命一杯をキラキラと光らせて生きている子を見ると、どの子も このような境遇が与えられたら どんなにいいだろうと、例の如く 不遇の子たちに光当たる世の中を夢見る私です。

みんな みんな この2頭の犬たちのように、そして、時間とお金を費やして、ドッグランでのひとときを与えられる子たちのように、10年から20年の一生を幸福に暮らせますようにと 心の中で祈ります。

カニスさんの看板犬バニラも、先般 家族犬エナちゃんを看取って 淋しそうでしたが 元気になっていてホッと安心。

 

ちなみに、こちらが エナちゃんが亡くなった直後のバニラです。

どこか遠い眼差しが とても淋しそうでした。

つい昨日まで居た相棒が カニスから、いや この地上から永遠に消えたことを必死で受け止めようとしていたのでしょうか。

今は 元気になってくれて 本当によかったです。

 

|-|21:04| - | 2019.05.10 Friday |