6月2日記録分

 写真取り込み要領に慣れず、即日投稿ができなかった分をご紹介します。

今回は 6月2日の記録です。

 

 

先日より動きに活力を感じさせる走りは、譲渡犬の先輩家族空君です。

小さい「弟」ができてから 家族構成の変化になじむまでに 少し時間がかかりましたが、日に日に慣れているそうです。

 

新たに迎えた陸君と 違和感も不自然さもなく ドッグランを歩く様も 気になりません。

 

 

でも、先住の空君は やはり 常にお母ちゃんの愛を確認せずには居られないようです。

 

珍しく 上光一家の兄犬ハーツ君が遊びに来ました。

この日は、母犬と弟犬は欠席。

野犬時代を共にしたこともある「同胎兄妹」の2頭は、同胎水入らずのドッグラン遊びを満喫してくれました。

たまには 二人きりもいいなあ、と思ったに違いありません。

 

用心深さ天下一品の光希ですが、最近では 第三者の手で撫でられることも 緊張はあるも、抵抗が無くなりつつあります。

これも ささやかなれど 大きな成長です。

 

二度目のご来店は、愛らしい色調のミコちゃんです。

人懐こさは抜群です。

 

居合わせられたシオンちゃんのおかあちゃんが ミコちゃんと我が子を交流させたいと働きかけるも、当のシオンちゃんは 激しく遠慮したまま。

ミコちゃんなら 絶対安全なのになあ。

でも、対面の回数を増やす毎に、きっと 他犬との付き合い方も体得してくれる日が来ると信じて待ちましょうね。

 

いつか シオンちゃんと友達になれる日を待つミコちゃんなのです。

 

小さいミコちゃんが ドッグランに出てみたら 強面の犬共が待っていました。

上光兄妹は歓迎しているのですが、なんせ 野性味あふれる連中なので 今度は、ちょっと遠慮しちゃう側のミコちゃんです。

 

ルル君と

 

ちくわちゃん。

健康相談に同伴のユティル君は、小さい身体に似合わず堂々としたふるまいの「大物」のようです。

初対面のオジちゃんの挨拶にも臆することなく対応できるなんて、感心します。

老犬時代に突入した年齢に達した今こそ、食餌管理には これまでとは違う念を入れていただきたいと願います。

肝臓、腎臓などの解毒臓器を いかに疲れさせないように守るかが 今後の健康にかかってきます。

拙いアドバイスですが、実行していただければ 少しはユティル君の老後に光が射すと思っております。

がんばれ〜〜!!

まだまだ元気で生きようね。

 

ユティル君とちくわちゃんも なんの問題もなく同じ空間に居ます。

特にふれあいをしなくても、こういう経験が とても大切です。

よくぞ 穏やかに過ごしてくれたと褒めてあげましょう。

 

こちらは ドッグランに加わったカリンちゃんです。

コロ君の挨拶を受けました。

 

そのあと、彼女の十八番である 高速力走を披露。

風を切る速さで、身体が宙に浮きそうです。

はやい 速い。

 

いや〜〜、今日も走った走った。

ああ、おもしろかった。

思いっきりこんな風に走れるのが ドッグランの醍醐味です。

 

ドッグランに居合わせて飼い主さんやワンちゃんたちが談笑。

喧嘩も小競り合いも なんのトラブルもなく楽しめたことに感謝です。

飼い主さんたち、犬たち ありがとう。

 

ドッグランに夕日が射す頃、若いクマ子ちゃんがやってきました。

遊び疲れたオジちゃんも ちょっとつきあいなよ、と 再度登場。

しかし、遊び人ならぬ遊び犬のオジちゃんも、さすがにエネルギーが残っていないと見えて 動きに切れがなく、クマ子ちゃんの独り遊びとなりました。

|店主のつぶやき|12:26| - | 2019.06.04 Tuesday |