雨の水辺で嬉しい再会

今日もまたしてもカメラ不携帯のまま用足しへ。

最近では、運転中も キョロキョロ よそ見することが多く、自制しなくてはと言い聞かせています。

先般、思いがけないコウノトリ目撃に興奮してからです。

 また会えるかも知れない、きっと どこかに居る。

田園地帯を走るときは その期待に胸がふくらみます。

この時季 水田で見かけるのは シラサギ、アオサギばかりですが、きっと「あの子」も どこかに居る気がしてなりません。

 今日も そう思いながら走ってたら・・・・。

居ましたよ。居ました。

田んぼの向こうに、あの 神々しい姿を発見した瞬間は 胸が打ち震えました。

 カメラカメラとバッグをかき回すも、しまった〜! 持ってきてない!!

こうなったら 一旦帰宅して カメラを持って出直すしかない。

そう思って 一目散に帰宅。

 カメラをつかんで また 現場に向かいました。

しとしとと降り始めた雨。

車が通過するも、周囲に人が居ません。

 

居る居る。

待っててくれたのか、コウノトリよ。

 

うまそうに水面の獲物をついばむ姿。

可愛いですね。

ドジョウかな。蛙かな。

 

羽づくろいも。

 

蓮の葉も似合います。

 

 

水面に映った気高い姿も ほかの鳥には無い格調の高さを感じます。

 

 

前回と同じく たった一羽。

せっかくのチャンスを活かそうと、飛び立つ芸術的瞬間もカメラに収めたい衝動にかられましたが、外敵を意識しながら 懸命に食事に集中するところを 自分の欲で邪魔するのは さすがに気が進まず、今回は ここまでです。

願わくは、大きな羽を広げて 優美な飛翔の光景を収めたいものです。

 幼鳥か成鳥かは分かりませんが、ともかく、無事に生き延びてと祈り、貴重な姿に再び出会えた幸運に感謝して そぼ降る雨の中、そっと退去しました。

|店主のつぶやき|20:50| - | 2019.06.11 Tuesday |