七夕

昨日 久しぶりに元気な姿を見せてくれたラッキー君。

長らく悩んでいた皮膚炎に明るい兆しが見えて 以前より見違えるようになっていました。

保護犬時代の名前「フサオ」に戻り、ふさふさの毛が復活です。

よかったよかった。

 

 

 

そのあとに来たのは 土曜日のお友達 大ちゃん&タブちゃん一家です。

新調したばかりのクッションハーネスはお揃いです。

夏場は面積の少ないハーネスにするんですって。

胸当ては全面反射材使用で よく目立ちます。

 

 

 

 

2度目のご来店。ユティル君。

お年ではありますが、ドッグランではご機嫌でしたよ。

 

按摩好きのタブちゃんは、按摩の手を休めると、こんな風に催促するそうです。

無視すりゃいいものを ついつい そのかわいさから、「はい承知いたしました。」と続けてしまうのが 人間の弱さなり。

 

気圧の関係か、少し前には 下痢で不調傾向だった大ちゃんも すっかり復活。

まだまだ戻れる余力がある健康体に感謝です。

 

新型ハーネス着けても 全く違和感なく、軽やかな走りを見せる2頭。

どちらも10歳代となりましたが、元気で何より。

 

春香ちゃんは、トリミング後のさっぱりスタイル。

 

店内でおやつもらって まだ催促?

辛抱強くオスワリで 嬉しい瞬間を待ちます。

 

病が判り、これからの治療方針やケアについて 熟考を要する飼い主さんのご心中は複雑です。

治療は獣医師さんに任せ、飼い主さんが家でできる支援について共に考えさせていただきました。

がんばれ、ホクト君。

 

オジちゃんと光希。

光希の背中に「山」ができています。

ちと緊張した様子が伝わります。

 

遊びに来てくれたミッキー君を迎える光希。

背中の毛は立っていませんね。

まろやかな状態です。

 

あたし、これがいい!!

な〜〜んて 地面に伏せたオジちゃんの口元で 哀れにも最期を迎えそうな小さなアマガエルがおびえていました。

これこれ いじめてはいけないよ。

 

2頭のアメリカンコッカー一家がご来店。

元気そうですが、どちらも中高年です。

頭頂部がうず高いモヒカン刈りが最大の特徴です。

 

初めての来場、ラッキー君です。

某県の保護団体から引き取られた若犬です。

保護されるまでは野犬だったそうです。

 

元野犬の光希とは 何か通じるものがあるようで ラッキー君の方から寄り添っていました。

 

息子さんには気を許しているようで、ふれあいを許します。

やはり、子供というのは純粋無垢なので 清らかな動物の魂と相容れるものがあるのだと思います。

私など 愚かなオバハンなんぞ足元に及びません。

欲も計算も無く、許しあえる関係を築いてこそ、心許してくれるのでしょう。

焦らず、気負わず、義務感も無く、気長に時間をかけて この子が家族として脱力できる関係ができることを祈るばかりです。

無心な気持ちで接する子供に学ぶものがありますね。

 

コロ君と光希

こちらも元保護犬 なっちゃん。

 

本日は猫譲渡会でしたが、残念ながら ご縁なし。

二匹が寄り添って 幸せのお迎えを待ちながら 時間だけが過ぎました。

二匹で仲良く新天地に赴ける日は来るはずですが・・・。

|-|17:16| - | 2019.07.07 Sunday |