夕暮れ時

昨日 夕方に用事で出かけた河口付近に面した薮に無数の白いものを発見。

よく見ると サギの群れでした。

夕方になると、こうして群れて休むのでしょうか。

 

 

 淋しい夕暮れに、か弱き者たちが身を寄せ合って過ごす光景を見ると、羨ましいというのか、ほほえましいというのか、外敵から身を守るための習性であれば、どうか安全に夜を過ごせますようにと願いながら しばし眺めていました。

私が離れて車に戻ると、近所の人なのか、ステテコ姿の軽装で 高齢男性が川向にカメラを向けていました。

川を隔てているので 猫なども来ないと踏んで こういう場所を選ぶのでしょうか。

水面に映った姿に、魚がはねるのか、時折 元気な波が立っていました。

彼らは こういう魚を 餌としてあてにしているのかも知れませんね。

 鳥は 現代に生きる恐竜だという説、納得できます。

姿を変えていますが、形態は まさに恐竜に酷似しています。

ということは この薮も「恐竜の島」に見えてきました。

浪漫を感じませんか?

 

|店主のつぶやき|17:39| - | 2019.08.31 Saturday |