本日の訪問者と 今日の店内

 ビンチェーロ初登場の黒ラブちゃんはヴェールちゃんという2歳のキャリアチェンジ犬(盲導犬の訓練開始後に不適正との理由から家庭犬への道に転身を望まれた子)です。

相応の訓練を受けた経緯もあり、なかなかの礼儀正しいふるまいには感心します。

盲導犬にはなれなくても、家庭のコンパニオンドッグとしては 優れた資質が助けになります。

 

数日前にトライアルで迎えられたばかりだそうですが、早くも「うちの子」として正式申請を済ませたところなんですって。

数カ月前に 先代愛犬ルミエール君を喪った飼い主さんにとって ヴェールちゃんは 天使というより救世主です。

飼い主さん、耐えがたい淋しさを乗り越えることも、ヴェールちゃんとなら 大丈夫だと決断されました。

 

ビンチェーロドッグランデビューも果たして もう水を得た魚状態です。

刈ったばかりの大地を 喜々として駆ける姿のまぶしいこと!!

若さが弾けます。

 

やはりラブラドールだけあって、ボールが大好き。

先代わんこが 白球やフリスビーを追って 快活に駆け回っていた姿を彷彿とさせるヴェールちゃん。

飼い主さんも なつかしさと 再び 同じようなドッグライフを楽しめる喜びをかみしめておられるようでした。

また、フードなどのご相談にご縁を授かることができて、私も ルミ君に再会したかのような気になりました。

また、ドッグランで 元気に走り回る姿が拝めるのかと思うと ワクワクしてきます。

 

 こちらは、数カ月前まで鳥取市の収容施設に居たというギン君です。

今日は 初めてのドッグランに出て ご満悦。

ご縁あって迎えられたからには、しっかりと幸せなまま天寿を全うしてほしいものです。

今日のご縁をきっかけにして、飼い主さんの気楽な相談相手になれたらと思います。

保護犬の過去を払拭して、みんなが羨む幸せをもらいましょうね。

店内からドッグランを見たら、ギン君、礼儀正しく 飼い主さんの指示に従っているのが分りました。

ちゃんとスワレをして、冷静に動いているので、譲渡当時からかとお尋ねしたら、迎えてから仕込んだとのこと。

人に対しては友好的で明るい性格。

犬に対しては これからです。

店内の子に さほど興奮もせず、緊張も警戒も見られませんでした。

 

目の具合がはかばかしくない様子の春香ちゃん。

人間でいうところの弱視に近い状態なのかも知れません。

けれど、嗅覚、聴覚、皮膚感覚など、なんぼでもカバーできるセンサーが働くので さほど不自由はないでしょう。

それに なんてったって、ちゃんと 彼女を補って支えてくれる家族があることが幸いです。

怖いもんなんかないで〜〜、とでも言ってるような春香ちゃんです。

ビンチェーロ入りして五日目のクロちゃん。

これこの通り、ケージに入ることに 抵抗も不安も感じなくなっています。

最初の関門を超えることが大切なのですね。

 

用意された「布団」の上を選んで座り・・・・

 

自分の好みの形に折って、ドッテンと横倒し。

ほどなく、グ〜グ〜と 気持ちよさそうな寝息を立てて熟睡です。

ケージでも 床でもOKになりました。

周囲を気にすることもなく寝られるなんてオオモノです。

ただし、未去勢なので、発情前後のメスには反応すると思います。

 

このようにブラッシングもさせてくれるようになりました。

シェドバスターで軽く圧をかけながら毛を梳いても 嫌がることなく お任せです。

どんな暮らしをしてたのかなあ。

どうして誰にも探されない境遇になったのかなあ。

ねえ、どうしてなの?

え? おいらが訊きたいぐらいだよ、なんで 見放されたのかなあ・・・・・。

こうして 五日目が終わり、徐々に身も心も軌道に乗りつつあるクロちゃんです。

ビンチェーロの生活も悪くはないようですが、理想は やはり「うちの子」と言ってもらえる境遇ですよ。

早く、そう呼ばれる日が来ますように。

クロちゃん がんばろうね。

|店主のつぶやき|18:17| - | 2019.09.11 Wednesday |