善意の服をまとう

夜といっても、6時前ですが、もう 外はまっ暗。

ご近所の「上光母子」が ドッグランついでに 老犬母ちゃんハグの保温のために、衣服を検討したいと、早速、店内に展示したフリマ品に興味を示されました。

 

 

まさかの淡いピンク。

でも、着せてみたら 例によって なかなか可愛い。

 野犬歴の長いハグ母ちゃんにとって 衣服を着るなんて 想像だにしなかったことです。

ベテラン野犬のプライドが 衣服なんぞ許さん。

そう易々と、衣服なんぞ着せられてたまるものかと想ったら・・・・・。、

なんと、すんなり このありさまです。

 

1枚じゃいけない。

もう一枚。

二着目に袖を通したら もう 野犬の面影は吹っ飛んでしまったハグ母ちゃんです。

しかも、二着目は、スポーツタイプときたもんだ。

 

 

長男ハーツ君も 赤い背番号付きを着せられて、妹の光希と ごきげんで遊び始めました。

光希は あんちゃん、なに着せられてんのさ。」と しらけ顔。

 

 

いいぞいいぞ。

赤も シャキっとしまって見える。

聡明なハーツ君が さらに賢く見えます。

 

 

おや、母ちゃんと あんちゃんが着てるから、末弟のハンズも 着ないわけにいきません。

早速 合いそうなサイズを着たら、ドンピシャ!!

「おッ、なかなか似合ってるじゃないか、弟よ。」

 

 

スポーティングシャツをまとったハグ母ちゃんと、そっくりな娘の光希。

 

 

みんなに見られて 照れながらも まんざら悪い気のしないハンズ君。

かわいいスヌーピー柄を試着して、そのまま お買い上げなり。

これで 生まれて初めての着衣デビューが決まった上光母子。

 10歳は超えたであろうハグ母ちゃんの寒さ対策が気になっていたので、今日は 来てよかったと飼い主ご夫妻。

ハグも まさか、この年で 巷のわんこ同様に、衣服を身にまとうなどということは 想定外でしょうね。

元は野犬で鳴らしたハグ母ちゃんでも、年齢相応にケアが必要と、飼い主さんも ちゃんと保温対策を考えて下さっています。

温かいい室内で家族と暮らしている3頭も、木枯らしの散歩は やはり堪えますからね。

100円という善意のチャリティー品ですが、こうして いろんな子を温めてくれるのです。

|店主のつぶやき|17:19| - | 2019.12.01 Sunday |