新たなチャリティーショップのご案内

 アニマルリンク鳥取が関わっている保護犬猫の医療費や飼養費を稼ぐため、店内に設けたチャリティーブース(慈善ショップコーナー)には、これまで「手作り雑貨のおおつぼ」さん、「手づくり小物 美諒」さん、「RANTAN]さんの三つが 作品(商品)を展示販売しておられます。

 この度 新たに「LaKi」さん(パソコンでつくるカレンダーやポスター、カードなど)、手作りの編み物、縫い物などを手掛ける「ふうちゃん」さん、可愛いフェルトのぬいぐるみショップ(屋号は後日ご紹介)、そして、これまでも 愛犬の肖像画でおなじみ「いちりんのはな」さんなどが 店内の一隅に設けたチャリティーコーナーに作品を展示販売されることになりました。

いちりんの花さんなど、お客様からのご依頼を受けてからの制作で対応されるお店もあります。

2020年は、ビンチェーロの本業と同様、こうしたチャリティーショップでのお買いものも楽しんでいただければ幸いです。

 

LaKiさんによるカレンダー見本です。

てはじめに、ビンチェーロの犬どもの写真を使って作っていただきました。

 

 素人(私)の撮った写真は冴えませんが、自分の撮った写真でオリジナルカレンダーが お好みのサイズ(A4,A5)で作ってもらえます。ラミネート加工や、はがき、チラシなども受けて下さるそうです。

うちの子だけのカレンダー、来年こそは頼んでみませんか?

売り上げのうち、紙代など実費を差っ引いた全額が保護犬保護猫基金となります。

 

こちらは アニマルリンク鳥取会員で 肖像画を得意とする「いちりんのはな」さんの 見本帳です。

写真通りに描かれた絵は、まるで生きているかのような生々しい質感に圧倒されます。

 

淡彩画(水彩)、鉛筆画で、息づかいが聞こえてきそうな仕上がりです。

これまでも、亡き子の肖像画を頼まれた方が 思わず抱きしめずに居られない写実性に 大満足とのご感想を聞いております。

 

 

昨日のブログでご紹介した わんこ帽「ふうちゃん」のコーナーです。

見本は デザインを選んでいただくためのもので、極小犬のサイズです。

顔周りや耳と耳との間隔を採寸して作ってもらいます。

うちの子にぴったりのサイズで 安定感ある温かい帽子を作ってもらいませんか?

また、新作見本ができたらご紹介します。

上記のお店(作者)は、いずれも、売り上げのうち、実費だけ、またはわずかな手間賃以外の全額をアニマルリンク鳥取にご寄付下さるそうです。

アニマルリンク鳥取のチャリティーコーナーも 徐々に華やぎ、にぎやかになってきそうです。

 お買いもののついでに、是非 お気軽に のぞいていただければ嬉しく思います。

各作家さんも がんばって下さっています。

不遇な犬猫を無くすため、頑張ってるアニマルリンク鳥取を、そのまた支えてくれる こうした作家、お店さんを 皆さまも応援していただければ、鳥取の動物愛護福祉への推進力は加速されていきます。

どうか 皆さま、犬猫を飼っている人も居ない人も、ワンティームで励みましょう。

|店主のつぶやき|16:40| - | 2020.01.07 Tuesday |