日曜日は好天

 日曜日は 嬉しいことがありました。

先週に続き、今回も初めて譲渡会参加の子にご縁を授かりました。

譲渡会開始から1時間後の「出会い」でした。

この子を保護し、ワクチン、去勢までを担って下さった方も 報われたことと思います。

これほど早くに譲渡先が決まるというのも珍しいことです。

 

この日は この時季には珍しい晴天となり、ドッグランでは はりきって遊ぶ子の姿がありました。

 

いつもは お母ちゃんにべったり貼りついているシオンちゃん。

 

本犬は不本意ながら 勝手に帽子を試してもらったら、この不機嫌な顔。

 

ところが 気を直そうとドッグランに出たシオンちゃん、その動きが活き活きしているのを見て 新発見です。

 

他の子が居ないことも幸いしたのか、とっても嬉しそうに きびきびと動くだけでなく、この日は お母ちゃんとの訓練が目を引きました。

脚側歩行、静止など、なかなか絵になる切れ味の良さに感心しました。

単に溺愛するのではなく、日常の安全を確保するという意図での習慣づけとしての訓練は とても役に立つものです。

指示に従って動けるとかっこいいからという理由ではなく、まさかの時に 命を守るために必要なこととして 身に着けておくことが望まれます。

たとえば、愛犬が離れて 道路の向こう側に居るのを見つけたとき、愛犬も反射的にこちらに突進してくるかも知れません。

「マテ!」の指示で 動きを制することができれば、無防備に道路を横断して車にはねられることもありませんね。

 シオンちゃん、いつも お母ちゃんの肩に抱っこされる姿しか見ていなかったので ちょっと嬉しい発見でした。

まだまだですと言いながらも、愛犬をちゃんと守るために練習している飼い主さんも、喜々として指示に応じるシオンちゃんも

なかなか頼もしい!!

 

タブちゃん、この日は母ちゃんと二人で訪問でした。

 

 

折しも 遊びにきたペロちゃんに なにやら一言言いたげのタブ姐さん

 

 ファインダーに収まった子たちは 偶然 保護犬でした。

 

モモちゃんも いつもの笑顔で ドッグランを楽しんでくれました。

 

やっぱり、大おっちゃんが居ないと テンション上がらんわと タブちゃん

 

智頭から パコちゃんがお買いものに来てくれました。

ちと太ったのかな?

保護当時とは 印象が全く違います。

 

店内でも 笑顔は変わらず、誰にでも可愛がってもらっているモモちゃん。

 

大人しいのをいいことに パコちゃん 帽子モデルさせられました。

 

 

リンポチェちゃんも来てくれましたよ。

 

テル坊とハペ君が 意気投合して、弾けるように相撲ごっこで盛り上がりました。

そう言えば 初場所も終わりましたね。

 

カリンちゃんといろはちゃんが来てくれました。

ちょっと風が冷たいけど、二頭とも元気いっぱいです。

 

う〜〜^、さむ!!

 

 

身体は小さいけど 声は迫力あるいろはちゃん。

カリン姉ちゃんに育ててもらい、これでも大きくなりました。

|店主のつぶやき|16:42| - | 2020.01.27 Monday |