春遠からじ

水戸のお客様から、ご注文と共に、愛犬LuLuちゃんの近況をおしらせいただきました。

10歳を超えた老犬となったLuLuちゃんは、この犬種(ウィペット)の宿命というか、見事な力走の代償ともいえる、関節の不調を乗り越えて、今も元気です。

そろそろ梅の便りもと想ったところに、紅梅を背景にした写真が届きました。

水戸といえば 偕楽園が有名ですね。

 宝もののように、しっかりとした健康管理を受けながら 子犬のときから見てきた子が そろそろ介護も視野に入れなくてはならない年齢となりました。

生のLuLuちゃんには会ったことがありませんが、ず〜〜と 健康に関するご相談を受けてきたので、親近感を覚えます。 

春はまだ浅いと言えども、このような風景を目にすると、心がウキウキします。

 

同じく高齢犬の大ちゃん。

いつもは、週一回の土曜日に 運動に連れてきてもらいますが、今回は日曜日でした。

笑顔での巡回はいつものルーティーンです。

 

まだ風の冷たいドッグランは、そう長くは居られません。

やはり、一巡後は 脚が店内に向きがちです。

 

店内では、何やら難儀している生きものが・・・。

 

すみません、すみません、と土下座せんばかりの謝りようは、一体誰?

妹分のタブちゃんの様子を、心配そうに見守る大ちゃんでした。

タブちゃん、吊るしの衣服を ちょっと試着してみただけですが、このありさま。

 

いつも はりきってるコンビのテンちゃんとこつぶちゃんです。

 

ドッグラン側から、窓越しに店内を見渡すお父ちゃんを 興味津々で見つめるのは モモちゃんです。

 

 冬の散歩は、体温調節不得手の老犬には ちょっと苦手かも。

そこで、早速 吊るしの服を試してみます。

タブちゃんには ちょっとサイズが合わなかったのですが、モモちゃんには ちょうどよくて 早速お買い上げ。

 

夕方近くになって、ユキナちゃん、チャチャちゃん、モモちゃん一家が来られました。

これは 風を切るももちゃんです。

 

そして、こちらが 長い間、痒みとの闘いを続けてきたチャチャちゃん。

嬉しいことに、最近では 症状が劇的に好くなり、食べ物制限も解禁となったそうです。

それでかしら、とっても表情が明るいのが以前との大きな違いです。

 

一番大きなユキナちゃんは、重量感のある豪快な走りを 得意げに披露していました。

風と一体化しています。

|店主のつぶやき|17:53| - | 2020.02.02 Sunday |