寒雨の土曜日

今日は 倉吉で猫の問題解決に関する勉強会がある日でしたが、あいにく参加できないまま、お店で仕事をしました。

 何年ぶりかで モモちゃんが来てくれました。

すっかりお婆ちゃん(16才)になっていますが、愛らしさは以前と変わりません。

 

腎臓や心臓に病気を抱えており、それに負けず 元気に過ごしていたモモちゃんでしたが、最近は ちょっと低迷傾向だそうです。

それでも 命ある限り、飼い主さんも精一杯のケアに努めておられます。

そういう飼い主さんを応援するのも 店主の張り合いです。

モモちゃん、老いに負けず、不調に負けず、このまま 上手に年を重ね、無事に天寿を全うできますように。

 

で、こちらも16才の大爺さん。

毎週土曜日、体調に問題ない限り 定期訪問で姿が見られると安心できます。

 

タブちゃんは 大爺さんとお揃いのレインコート着用で さっそうとドッグランに出ました。

 

デヘヘ、そんなに見つめるないや。

室内では ちゃんと手編みの服着て 緩急をつけてるところがにくいですね。

この服は 確か タブ母ちゃんの作だとか。

 

初めて登場の可愛らしい柴わんこ、コハク君です。

 

ステゴザウルスならぬコハクザウルスになっています。

遠く出雲からのお越しです。

 

店内で、おやつ試食コーナーでも、飼い主さんの指示を待ってから従うという教育の成果が見られます。

飼い主さんとのアイコンタクトが しつけの基本ですね。

 

ニットのわんこ帽かぶってもらい、ちょっと見せものになってもらいました。

 

おいら、そんなのとっくに卒業したぜ。

そんな目で 若い衆を眺めていた大爺さんも、気づいたら このありさまでした。

大好きなお母ちゃんの膝が一番みたいです。

 

きりりと凛々しいコハク君、100円服を試着したら 想像以上にぴったり!!

 

ドッグランでは タブ姐さんの母性がくすぐられたようで、幼い後輩犬のことが気になって気になって仕方がない様子。

おばちゃんが遊んであげるから〜♪

 

おいら どうしていいのか・・・・。

おばちゃんの積極的なお誘いを どう受けていいものか、戸惑いながらも悪い気はしないコハク少年でした。

 

ほら、おいで!

おばちゃんが遊んであげるってば〜〜。

なおも 可愛い坊やを誘い、どうにかして子守をしたくてたまらないタブちゃんなのでした。

こういうタブちゃんを見るのは 珍しい光景です。

 

 

親切、かつ、しつこいばかりに何度も誘われるも、どう対応していいものか分らないコハク少年ですが、視線を合わすことなく、おばちゃんより優位に立たないところに利発さが表れています。

どう見ても タブ姐さんが優位。

可愛い坊やと どうにかして遊びたいけれど、彼女も 幼い相手を どう扱っていいのか分らないようです。

|店主のつぶやき|16:59| - | 2020.02.08 Saturday |