お天気に恵まれて 11日のビンチェーロ

建国記念日、ご来店のお客様が 両手で大事そうに捧げ持った浅い段ボールには、あらら、子猫?かと 一瞬思ったのですが、よく見ると、それは 可愛らしいダックスフントちゃんでした。

 

よく見ると それは本物のワンちゃんではなく、フェルトで制作された先代愛犬の姿でした。

御気に入りのポーズ、好みのサイズ、見慣れた表情まで、細かい注文をつけて 制作依頼の末、出来上がったのだそうです。

私は 思わず 両手を開いて そっと触れながら、その質感にも驚かされました。

体温まで感じられるかと錯覚するほど 実物に模した作りで、次の言葉が出てきません。

 12才で没した先代わんこ モカちゃんを フェルト細工で再現してもらい、それを ご自宅の三段ボックスに収めて、生前と同じように 共に居る気分を味わっておられるそうです。

よく見ると、片方の前脚を折ってくつろいでいて、それも 希望通りだそうです。

まるで そこに居るかのようです。

 今は 保護犬のピンキーちゃんと暮らしておられますが、先代犬の想い出を大切にと、依頼されたようです。

フェルト細工は 一針一針、日数と手間をかけての根気の要る作業です。

本当によ〜くできています。

亡き愛犬の姿は このご家族にとっては 二つとない宝ものです。

 

こちらは「うちの子ワッペン」でご注文を受けたホクト君です。

年齢と共に 顔も白くなってきたホクト君の優しい雰囲気がうまく出ていると思います。

 

こちらは シェルティーのルル君からのご注文。

毛の流れも 感じが出ています。

 

お買いものに同伴のネムちゃんに わんこ帽かぶってもらいましたよ。

 

こちらが大型犬用です。

ちと ネムちゃんには大きすぎたようです。

これをかぶってモデルを務めてくれる大型犬 来てくれないかなあ。

 

お天気に誘われて お買いもののクルミちゃん。

ドッグランで のびのび運動です。

 

ヒナタ君との挨拶風景。

ヒナタ君、お尻の匂い ちょいと失礼しますよ。

 

お互い 挨拶終わったら ヒナタ君が のびのび運動開始。

 

店内では、いつもの「クルミちゃん劇場」が始まりました。

今回の新作芸は、「BACK」。

お母ちゃんが「バック」と言うと、後退します。

 

わんこ帽かぶったら なんぞ もらえるのかしら。

期待してるのか、既に舌を ペロリンチョ。

 

まあ、とりあえずかぶったけど、「褒美」は まだか?

 

ちゃんと伏せをして ご褒美のお出ましを待ちます。

 

初めて来てくれたハナちゃん。

とても童顔ですが、6歳だそうです。

 

さてと、ハーネスというものを 試してみるか〜。

どれどれ、なるほど、意外と簡単ね。

 

サイズは これで決まりました。

あとは、お好みの色柄を決めなくては。

 

にぎわう店内に ひときわ明るいイチゴ娘登場。

青いへたがポイントの春香ちゃんです。

小型犬は こういう扮装が似合いますね。

 

ピンキーちゃん、嬉しそうに駆けだしました。

体重を少しずつ落としているところです。

段々、身軽に動けるようになりますよ。

 

春香ちゃんに近づくルル君。

今では 自ら 他の子に近づけます。

 

ドッグランには陽が降り注ぎ、楽しそうに交流する子たちの姿が点在していました。

どの子も リードから解放されて、自由に動ける喜びに浮かれているようです。

場慣れしている子も、まだの子も、それぞれのペーストリズムで リードを意識することなく動けるのが楽しいようです。

お天気に加勢してもらい、この日来れた子は幸運でした。

 

ピンキーちゃんは 安定感のあるハーネス試着も難なく受け入れて 早速お買い上げ〜〜!!

 

カニスドッグランでも顔合わせ経験のあるイブキちゃんと ここでも一緒になったオジちゃんが 夕方迫るドッグランで この後、思いっきり走っての交流を楽しみました。

|店主のつぶやき|07:33| - | 2020.02.12 Wednesday |