お天気の日のお客様

鳥取市内の視覚障害者の方にお仕えしている盲導犬のディーノ君が 初めて訪問してくれました。

以前から、ユーザーさんからのご依頼を受けて 当店で おやつを買ってもらっていますが、本犬もユーザーさんもご来店は初めてです。

ユーザーのMさんの盲導犬として働き出したのは7年前だそうです。

 

優しい顔をしているディーノ君を、最初、女の子かと思いましたが、しっかりした体格の男子です。

 

ハーネスは着けているけど、たまには 遊ぼうよとの想いを伝えたら、「ええ、どうぞ、撫でてやって下さい。」とのお応えが返ってきたので、手を伸ばしたら ディーノ君 もう待てませんとばかりに ドッテ〜〜ンと腹を見せて ひっくり返りました。

 

思わず お口も開いて すっかりリラックス。

 

いいよね、たまには 普通のラブラドール、普通の愛犬に戻る時間を楽しもう。

ディーノ君、ちらりと お母ちゃんの顔を見て 「いいか?」とでも伺っているような表情が かわいいですね。

 

お仕事中バッグとハーネスが着いているときは うかつに触ったり、声をかけてはいけないのが盲導犬です。

が、今日は ユーザーさんの快諾を得て ディーノ君は すっかり OFFモードになっています。

 

この優しい目に なんとも 心安らぎます。

訓練を施されたプロの使役犬だけあって、落ち着きと知的な光をたたえた眼差しに 彼の品格と誇りが感じられます。

 

本当なら 嬉しくて はしゃいだり、跳びはねたりするところでしょうが、なんせ仕事中なもので 冷静にふるまいます。

 

彼の仕事は ユーザーさんを守る事。

ユーザーさんの目となり 光となって、広い世界への歩行を安全に導きます。

ユーザーさんには 家でしっかり甘えるそうですが、外では ちゃんと お傍で待機する このONとOFFの使い分けができるところが さすがです。

 

ビンチェーロで買ったおやつを与えるうち、毛並みが柔らかくなったようですと、言って下さり、売り手としても嬉しい限りです。

食も行動も、盲導犬協会の指示に従わねばならないので 制約下でのことになりますが、それでも 彼の健康と好みに合うものがあって ほんの少しでもお役に立てるなら とても嬉しいですね。

 

初めての訪問でしたが、ドッグランもご法度だそうです。

残念!!

せっかくなら 思いっきり OFFの時間を楽しんでもらいたいなあ。

どんなに嬉しがるだろうかと想いながら ドッグランを駆けまわるディーノ君を想像して 後ろ姿をため息で送る店主です。

 

ポロちゃんが 久々に来てくれました。

 

太陽の降り注ぐ空を見上げて 大満足の様子。

 

あれあれ?

なんだ、これは?

ちょいとからかってみましたよ。

 

狩りに興味ありそうですが、その正体が分らないので ちょっと躊躇もあるところが可愛かったです。

 

オジちゃん お天気なら勿体ないからと 今日も 短い時間ながら 走りに来ました。

 

カウンターの上にある狩り遊びの「獲物ちゃん」が気になって気になって・・・・。

 

さっきは、バクリとくわえて誇らしげだったけど、部品の一部が取れそうになったので こりゃヤバイと思って 取り上げたというわけです。

ごめんね。ひやかしちゃって。

ほんの束の間、本能がうずいたかな?

|-|18:03| - | 2020.03.17 Tuesday |