梅雨の晴れ間の週明け

週明けの月曜日、お天気も今日までということで 雨の前に訪問して下さったお客様が何組かありました。

 

元保護犬のネネちゃんは 推定では とっくに16歳を超えているようです。

先住の家族犬のルナちゃん(シェルティー)を見送り、その次の先輩犬カイ君も 15歳を過ぎて このところ不調傾向とのこと。

寄る年波に勝てず、老衰も手伝って 徐々に余命が迫っているのは 自然の流れとしてやむをえないことでしょう。

飼い主ご夫妻は、この先は 負担の多い積極的治療を選ばず、余生を いかに安らかに保つかが最良の道と考えておられます。

私も全く同感です。

緩和ケアで支えられることがあれば 是非ともお役に立ちたいものです。

いつもは同伴のカイ君、今日は鳥取大学病院での血液検査に出向いているそうです。

 

一番新しく迎えた子が 一番の長老犬となりましたが、一番元気なのだそうです。

ありがたいことだと仰りながら苦笑いのご夫妻のご心情はよく解ります。

ルナちゃんを送り、今 長らく共に過ごしてきたカイ君の最終章を見守る中、心づもりができているとはいえ、胸中はお辛いものがありましょう。

安らかな余生。

数字ではなく、その質の良さを最優先として これからを支えていかれる決意を感じました。

私もエールを送ります。

 

おやつを買いに来てくれたコロスケ君は まったりとお父ちゃんの腕の中。

 

たくましくて凛々しい風貌ながら、れっきとした女子のムギちゃん。

昨年秋のベルリンカフェで、素敵な帆布のバッグを販売しておられた方が飼い主さんです。

 店内に貼ってある「アスティン君 さがしてます」のポスターに視線を落とし、まだ見つからないことを知り、残念そうにため息をつかれました。

愛犬のムギちゃんも保護犬なので、アスティン君のことも 気になって仕方ないようです。

せっかく保護されておきながら 予定された幸福の着地点を外れて 一体 どこに居るのでしょうねえ。

無事で生きていてくれたらと 心から祈るしかないと仰っていました。

 

と、そこへ登場したのは 初めてのワンちゃん、ハナちゃんです。

無論 お互い初対面。

 

お友達からのプレゼントだというバンダナも なかなか素敵。

 

ハナちゃんは ドッグランで弾けるように走っていましたよ。

 

日光が暑いので ここは 倉庫が無難かな?

ボール大好きで 集中力も抜群です。

 

せっかくなので 前からちょっと気になっているハーネスを試着体験。

うんうん、いいんじゃない?

 

この日は ハナちゃんの名前にふさわしい、可愛い花柄のハーフチョークカラーを買ってもらいました。

お散歩中の首ぬけ事故を防止するために こうした安全首輪をお勧めしています。

 

お買いものに来てくれたカリンちゃん&いろはちゃん。

 

古着コーナーで試着した衣類が 一発で決まりました。

どちらも可愛いし、よく似あってますね。

 

オジちゃんの視線の向こうには・・・

 

ゴールデン母子のユズ&エアロ組です。

 

日光も少し弱まり、どうにか 遊べる気温ですが、湿度は高いので そう快適とは言えないかも。

母子は いずれも 楽しそうに独占ドッグランを満喫していました。

 

オジちゃんも試着。

でも母ちゃんの趣味は 可愛い子ちゃん系でなくて渋い粋なデザインなのだそうです。

|店主のつぶやき|17:35| - | 2020.06.29 Monday |