愛しき子たち

愛犬愛猫の肖像画でおなじみ「いちりんのはな」さんに依頼しておられた絵が仕上がってきました。

 

 亡き先代愛犬ルミエール君とのご縁続きで 盲導犬のキャリアチェンジ犬(本来の用途から家庭犬としての方向転換を望まれた子)仲間の集合画をお願いしていたのは ヴェールちゃんの飼い主さんです。

ルミエール君を上部に、現在の愛犬ヴェールちゃんと、お友達犬アンズちゃんを下に並べるという構図で注文され、できあがった絵です。

みんなの共通点は 元盲導犬として生まれ、訓練を受けていたという経緯です。

優秀な血統の下に生を受けても、視覚障害者(ユーザー)さんの命を預かるという使命を果たさせるには 若干適さないところがあると判断されると、進路を変えて 家庭犬としての道に切り替える子も居ます。

家庭犬としては申し分のない資質に恵まれている子ばかり。

 依頼者のMさんは、二代目愛犬に、こうしたキャリアチェンジ犬を選ばれました。

しかし、無念にも 先代(二代目愛犬)ルミエール君は、図らずも夭逝してしまい、失意の日々でしたが、めでたく 二代目として迎えたヴェールちゃんを迎えたことで また笑顔の楽しいドッグライフを取り戻すことが叶いました。

他県に暮らすアンズちゃんとは こうしたお仲間であり、ルミエール君のときからのおつきあいだそうです。

 亡き愛犬ルミエール君の想い出を残すにあたり、現在の愛犬と、二頭に共通する親友犬を、同じ絵の中に収めたいとのご希望でした。

 いちりんのはなさんには 同じ絵を2枚頼まれたのですが、よくもまあ、これほど同じように描けるものですね。

断っておきますが、1枚は複写機でのコピーではありませんよ。

どちらも 一筆入魂で描かれたものです。

いちりんのはなさんも、アニマルリンク鳥取のチャリティー協力者のお一人で、作品を依頼されると、一部がアニマルリンク鳥取への支援金として寄付されます。

 なんと、手渡された翌日が ルミエール君の祥月命日だそうで、これまたビックリ!!

懐かしい愛犬の姿に目を細め「あの子が帰ってきたようです。大満足です。」と絵を抱きしめたMさんでした。

どの子も その特徴をよくとらえて、さすがだなあと感心しきりのMさん。

感謝の言葉を伝えると 作者さんも 喜んでおられました。

 

依頼された絵ができあがったことを知らないまま、偶然にも遊びに来られたMさんでしたが、誰も居ないドッグランで、いつものように思う存分 ボールを追いかけるヴェールちゃんです。

 

今日のお土産は 彼女の知らない先輩犬と自分たちが仲良く収まった素敵な肖像画です。

一枚は 親友のアンズちゃんちにプレゼントされるそうです。

予想以上に素敵な仕上がりと、感激しつつ、上機嫌にお店を後にされて、私もホッとしました。

今日から あの絵は M家の居間に飾られるのでしょうねえ。

ルミ君 見てるかな。

ふふ・・・・と 絵の余韻に笑みがこぼれてしまいました。

|店主のつぶやき|12:00| - | 2020.07.03 Friday |