梅雨明け寸前

長い梅雨の明けるのを待ちわびているのは人も犬も同じです。

いたずらに草が伸び、湿地帯になっているドッグランにも 大胆に遊びに来る子は ほとんど居ません。

 

首に保冷剤を巻いたルル君が 曇天のドッグランに出るも、豪華な長毛が濡れて汚れるのは遠慮したいところです。

これからの季節、 この毛量では過酷でしょうね。

 

ワイルドドッグのオジちゃんは 本犬も その飼い主も、濡れようが汚れようが なんのその。

本領を発揮できることが目的のドッグランです。

許容量の大きいオジ母ちゃんなればこその潔い感覚です。

トリミングの直後でも 神経質にならずに ほいほい連れてきてもらう幸福なオジちゃんです。

この日は 用事で訪問のなっちゃん母ちゃんに えらく甘えていました。

珍しくも 雨でも風でもOKのワイルドなっちゃんが、今日はお留守番だそうです。

 

 世間では コロナ感染者数の増大が日常的な話題になっていますが、この田舎の鳥取県でも連続で増えて ついに29日夜には二桁突入となりました。

しかし、感染者を非難し、攻撃し、罵倒し、脅かすという社会の反応には ただただ驚くやら呆れるやら。

善人が多いと思っていた鳥取県民にも そんな人が居るのは残念で悲しいです。

攻める方だって、いつこそ感染者になるか分らない危うい情勢ですぞ!!

医療従事者差別などは全く意味不明です。

自分がかかったら、助け、守ってくれる一番の救世主を 罵る理由が解りません。

この方たちが頑張ってくれればこそ、社会が、命が維持できるというのに・・・・。

世の中 狂い始めているのでしょうか。身だけでなく心もウイルスに侵されつつあるのかと考えると、憂鬱になります。

せめて 今日あたり梅雨が明けてくれれば 気持ちにも光が射しこんでくれればと祈る店主です。

|店主のつぶやき|07:00| - | 2020.07.30 Thursday |