秋少しずつ深まる

 遊びに来てくれたテン君。

最近、お腹の調子を崩す子の話をよく聞きます。

実は 私自身も この三日ばかり 軟便だったりして、あれ〜?という具合です。

食欲も変わらず、相変わらず好物の揚げ物を食べて、元気さも変わっていないので 放置しているうちに 治りました。

 下痢、軟便は、 特に原因が判らなくても、いつもどおり元気で 目力もあって、反応が良いようなら様子を見てもいいでしょう。

そのうち治るだろうと、のんきに見守るのが私の流儀ですが、この時季 お腹緩む子が多くなるのは 季節や気圧の関係でしょうか。

あるいは ストレスなどもあるかも。

必ずしも治療が必要な疾患とは限らないので、全体の様子を観察し、やはり看過できないと思ったら、まずは かかりつけ医に電話で相談してみましょう。

テン君も そんなことを経験しましたが 元気はいつもどおり。

 

誰も居ないドッグランを お母ちゃんと独占で遊んでくれました。

カメラ目線決まってます!!

 

風に揺れる髪を気にすることなく 走り回るのは なっちゃん。

 

なっちゃんとは対照的に おっとりと静かなスズちゃん。

 

なっちゃんが動なら スズちゃんは静。

ドッグランでも ゆ〜〜くりと移動します。

 

シーズー同士が顔合わせです。

顔なじみでもあります。

 

こちら カメラに収まるのは久しぶりのゴンコ婆さん。

年はとっても まだ走ります。

 

本日ご来店のお客様に 撫でてもらって ごきげんです。

 

疾風のように走るチーバの姿も久しぶり。

穏やかな秋晴れに 調子づいたか。

こちらも12歳。まだまだ力走できるも 一応老犬。

 

老犬2頭が ケージから出ての運動タイムを のびやかに過ごすひとときでした。

 

お買いものに来てくれたナルちゃんとモコちゃん。

 

後輩モコちゃんは まだ子犬。

事情あって飼えなくなったのを引き取ったそうです。

幸いにして ナルちゃんが いい母ちゃん変わりを務めてくれて 大助かり。

 

不妊手術を終えたモコちゃんは、エリザベスカラーを苦にすることなく いつもどおりの活発さ。

ナル母ちゃんと絡んで ナルちゃん 動きを阻まれても 気にしません。

 

無事 不妊手術が終わって何より。

大好きなボールに執着し、幾度も追いかけるところは レトリーバーレベル。

 

ずっと、幼いモコちゃんを守役のように 優しく見守る眼差しが とっても温かいナルちゃんです。

ブリーダーのところで 何度か繁殖に使われ、母になった経験をしているせいか、子の扱いには慣れている様子。

もう 無理な出産から解放され、家庭犬としての第二の犬生に すっかりなじんでいるようです。

幸せになれてよかった。

 

店内では、試着させられてるオジちゃんの視線が 助けを求めているのが解ります。

着衣が苦手なのです。

 

あたしゃ、服なんぞ着たいと言ってないのに、母ちゃんの趣味で勝手に着せられてるのよ。

こんなもの 着なくったって、生きていけるのにさ。

 

次から次と あ〜あ、早く解放してちょうだいな。

服を着せられると 動きが止まって 不思議とフリーズ状態になるオジちゃん。

着衣は おしゃれや防寒と言う前に、彼女の場合は、抑止力の効果の方があるようです。

 

いいっていいって。

そんなとこ、合わせようが ゆるかろうが、関係ないちゅうの。

それより 早く脱がせて〜〜な。

どうやら 試着は オジちゃんにとってはお仕置きに近いものがあるみたい。

母ちゃんは けっこう楽しんで、「あら〜、かわいい、やっぱ、この色の方がいいわ〜、などと。

子の心、親知らず。

 

|店主のつぶやき|21:44| - | 2020.10.06 Tuesday |