秋の名残り

 いつも、犬とは関係ない食べ物の情報を提供して 私を楽しませて下さる春香母ちゃんから、またしても、お手頃な値段の「うまいもん」を教えてもらいました。

母ちゃんたちの食い物談義が白熱化してきて、愛犬の存在を うっかり忘れそうになってしまい、ドッグランでのひとときを やり直し。

なんでも、某セルフのうどん屋さんの「カツ丼」が絶品だと聞いて 是非とも食べに行きたいのですが、長らく外食から離れて久しいので、出かけるにも勇気と決心が要りそうです。

1000円以下なら、どうにか手が出せそう。

いつか叶えたいものです。

 

店内では最近の「新作」を見つけた春香母ちゃんが 早速 我が子に試着開始です。

新作といっても、無論、当店の吊るし服は全て 皆さまからの提供品で、いわゆる古着です。

 

元の値段が何千円しようと、ほとんどが100円で買えますよ。

提供者には失礼かなと思いつつも ご承知の上で寄付いただいています。

売り上げは全額が 保護犬猫基金になります。

 

あらまあ、この日は 目についた多くが 商札のついた新品でしたよ。

せっかく買っても、肝心の愛犬が着てくれなかったり、サイズが合わなかったりしたら、他の子に喜んで着てもらうのがベターな選択。

この日、春香ちゃん、3着のおニューを買ってもらいました。

 

テリー君が遊びに来て 久々のドッグランを縦横無尽に駆け回ります。

手前で 見学しているのは オジちゃん。

 

オジちゃんの快速は有名ですが、テリー君と走ってみると、惜しいかな、テリー君の方が、目で追うのが大変な速さ。

しかも、激突しそうで、しない、身の交わし方が抜群のすばやさです。

 

短期決戦で 店内での休憩を所望するテリー君です。

 

オジちゃんは ボール命なので、テリー母ちゃんに投げてもらう瞬間を一点集中で待ちます。

 

走る走る。

目にも止まらぬ速さ。

カメラが惜しい。

いや、私の腕が あまりに悪すぎます。

 

愛犬の 野性的な力走を、初めて目にされたお兄さんに、褒めてもらうテリー君。

すごいなあ。話には聞いてたが、これほどとは。

 

どういうこと?

いきなり テリー君の前で ゴロンとひっくり返ったオジちゃん。

最近のオジちゃんは リード付きで、トレーニングに励んでいます。

100%の自由は、ちゃんと規律を守れるようになってからと、母ちゃん 最近 気合が入ってますよ。

 

テリー君も 試着に参加。

おいら、こんなのまとうの 望んでないけどなあ。

野生児としては ごもっともなご意見。

 

集中力が高まったら、このような芸当もお手のもの。

鼻の上の大好物を、じっと待ちます。

この目が なんともいいじゃありませんか。

 

鼻といえば、こちらは ビンチェーロのご近所の風景。

秋の名残りの彼岸花の色が日々褪せてきて、さみしくなりました。

 

もう行ってしまうのか。

夏よ。

 亡母の好きだった彼岸花が 盛りを過ぎて枯れようとしています。

淋しさが また襲ってきます。

|店主のつぶやき|21:00| - | 2020.10.08 Thursday |