陽射し嬉しい日曜日

 最近、ずっと気になっていた野良猫が、衰弱の果てに行き倒れのようになってるのを発見し、矢も楯もたまらず、愛犬クルミちゃんの「許可」を得ることなく、保護されたTさんは、現在 とっても頑張っておられます。

 

子猫の存在に興奮して吠えるクルミちゃんを どうにかこうにかコントロールしながら、子猫の保育に全力を挙げている最中です。

悩んだ末の救護でしたが、幸いにして回復の一途をたどり、軌道に乗ったようです。

次は、いよいよ譲渡先さがしの手伝いで出番かと思いきや、Tさん、想定外の決心をされました。

猫は異分子として 到底相容れないクルミちゃんが居ながら、なんとか それを乗り越え、夢の共生をめざして、子猫を自宅に、このまま迎える決意をされたのです。

始めは 「え?まさか、マジで?!」と 耳を疑いました。

しかし、一旦は 飼えない、保育も無理との判断から、救護の手を出さないという選択をされたのですが、衰弱して、命の危機にさらされているのを横目で見て 知らん顔をする方が がんばって世話を焼くこと以上に エネルギーを費やすことを想うと、救護の方が精神的に楽ということで 保護を選ばれたそうです。

思えば、愛犬クルミちゃんも、山中で生まれて 危険にさらされていたこともある生い立ちでした。

そこを、複数の有志の愛護心によって救われ、無事 家庭犬として収まることが叶いました。

 

ならば、今度は 救われた過去の恩返しのつもりで、救う方になってみようというお気持ちも働いたかも知れませんね。

クルミちゃん、家庭内では 同居の文鳥も亡くなって、とうとう一頭だけになりましたが、まさかの猫ちゃん到来を、果たして、どう受け止めているのでしょうか。

いつの日か、機が熟し、新入りの子猫を家族として、仲間として受け入れてくれる日が来るまで、気長に待つ覚悟もできて、Tさんは、懸命に 保育と、愛犬愛猫の世話に向き合うという使命を選ばれました。

楽を選びたがる人が大半と言う世の中で、こうした イバラの道ともなりうる道を あえて選ばれたことに感謝と敬意を覚え、この先も ずっと見守っていけることが 新たな楽しみにもなりました。

がんばれよ、猫ちゃん。

がんばれよ、クルミちゃん。

そして、どうかお励み下さいませ、飼い主さん。

今の試練が いつか実を結び、笑い話となりますように。

 

保護されてこそ 今の幸福を享受しているクルミちゃんよ、今度は、保護する側で 幸福を分けてあげなさいね。

 

元気いっぱいで登場は、ゆず君です。

 

嬉しくて 楽しくて 動きが、お尻ゆらゆらが止まりません。

 

先代犬もキャバリアでしたね。

新たな愛犬を迎え、末永い天寿を願いながら また一からスタートされたのですね。

どうか、健やかにと祈っていますよ。

 

アンちゃん&ビスちゃんは、お天気と、可愛いワンちゃんに誘われてドッグランへ。

 

早速 ユズ君飼い主さんと あれこれお話が弾んでいる様子。

横着して、店内から写したこともあり、足元のビス君は写っていません。

愛犬家同士 楽しく語らえたことでしょう。

仲よくなれたらいいですね。

 

ルル君ご来店。

 

お天気に誘われて 嬉しそうにドッグランを楽しんでいました。

いつもの笑顔を見せて 近寄ってくれるのですが、カメラの焦点が定まらないので はい、そこまで!

 

ルウ君が二度目のご来店。

 

凛々しい顔ながら、まだ若いので やんちゃな目をしています。

 

店内で お父ちゃんに抱っこ。

 

古着ブティックで試着も楽しみました。

今日も 衣服のご寄付があって、品数増えましたよ。

ベルリンカフェでも古着ブースが出るので お楽しみに〜〜♪♪

 

夕暮れとなり、ドッグランに陽が落ちかかったころ、遊びに来てくれたのは ご近所上光一家です。

 

ハグ母ちゃんも 相変わらず元気そう。

セガレたちと めいっぱい走っていましたよ。

追いかけたり追いかけられたり。

やっぱり、リードから解放されての力走はすか〜〜〜〜っとするみたいですね。

光量の関係で やはり 撮影はほとんど失敗でして、ごめんね。

 

2週間ぶりの訪問、モモちゃん。

 

少し薄暗くなったドッグランの倉庫を歩いて

 

ドッグランにも出て、少しだけ散策しましたが、秋の日は短く、あれよあれよという間に日暮れになってしまいました。

老犬ながら いつも 清潔を保ってもらい、この日も元気に歩く姿に安心しました。

首には 季節柄 ハロウインのかぼちゃの飾りが付いていましたよ。

 

一方、日中 人待ち顔の猫達。

譲渡会に 幾度参加すれども なかなかご縁にありつくことはできません。

左が母ちゃん、右が娘です。

 

 

きれいな三毛ちゃんも 隣のハンモックで 所在なく遊んでいます。

だ〜れか 来ないかな〜〜。

 

そこにご来場下さったお嬢さんのご所望で、早速抱っこされてみる三毛ちゃん。

 

とっても愛らしいので お嬢さんも満面の笑顔です。

先住猫が居るため、その子との調和を考えながらのご検討になります。

 

そして、ご家族のご同意と、タイミングさえ合えば、ひょっとしてトライアルに持ち込めるかも。

愛護心篤く、とっても愛情深くて、管理にもお心遣いが感じられるので こういうご家庭に貰われたら さぞかし幸福になるだろうなあと 嬉しい妄想をたくましくしながら、しばし猶予をということに・・・・。

なにごともご縁に従うのみです。

必ず 良いお知らせができると確信して 時を待つのみ。

面会にお越しいただいただけでも ありがたいものです。

|店主のつぶやき|21:52| - | 2020.10.18 Sunday |