本日の訪問犬さん

 

火曜日お休みの飼い主さんに連れられてやって来たルーク君。

一昨日来た空我君にも会いたかったと残念がっていました。

今日は これから陽が高いうちに 紅葉狩りだそうです。

行ってらっしゃ〜〜い。

 

 

シェルティーのアスカちゃんとダックスのクリームちゃんが来てくれました。

相変わらず愛らしいコンビ健在にホッとしました。

 

クリームちゃんは、年齢的にも老化は否めず(15歳)、肝臓の機能が低下傾向だそうです。

飼い主さんは、薬に頼らずに 身体に負担のかからない方法でのケアを希望しておられます。

体調に問題がない今のうちから 土壌(身体)を健やかに維持できるようアドバイスさせていだきました。

|店主のつぶやき|16:32| - | 2017.11.14 Tuesday |

新商品入荷のおしらせ

 

 ナチュラリーフレッシュから 新しく小型犬用小粒が発売となりました。

種類は「チキン&ダック(アヒル)」ですが、従来の「チキン&ダック」に 新たに緑イ貝を加えております。

よく小型犬にありがちな 関節の障害や問題に対応し、そのサポートを意図してのことです。

ニュージーランドで採れた緑イ貝はグルコサミン、コンドロイチン豊富なだけでなく、おいしさも抜群です。

厳しい目で選んだ原料を使い、食する犬の健やかな身体づくりに配慮したナチュラリーフレッシュならではのフードを 是非 この機会にお買い求め下さい。

1kg  2,592円、 2.27kg 4,644円、2.27kg×2  8,640円。

なお、当店では ただいま 同商品のサンプル(試食品)を差し上げております。

味見希望の方は お気軽にお申し付け下さい。

中粒のターキー&ラビット、ポーク&ビーフ、チキン&ダックもあります。

いずれも品質だけでなく、嗜好性の高さでも、便の安定感でも定評があります。

 

|お知らせ|11:37| - | 2017.11.14 Tuesday |

予告 (時間限定営業のおしらせ)

都合により 下記の通り、短縮や時間限定での営業とさせていただく日がありますのでご注意下さい。

 

 

 24日は、午後3時開店とさせていただきます。

 

27日(月)は 午後からの営業をお休みさせていただきます。

 

午前11時から正午までの一時間のみ開店しますので ご了承下さい。

 

翌28日(火)は 午後2時より営業の予定となっております。(あくまで予定です)

 

勝手ながら 上記の通りとなり、ご不便、ご迷惑をおかけする方もおられましょうが、なにとぞご承知下さいませ。

|お知らせ|09:33| - | 2017.11.14 Tuesday |

本日のお客様

子猫を保護されたお客様、タロー君ちのお母ちゃんが 保護猫同伴でご来店です。

猫ちゃんは 愛犬タロー君との距離を縮めて 今じゃ お互いが無くてはならない家族となったそうです。

ただし、息子さんの猫アレルギーが判明という障壁が立ちふさがりました。

が、なんと、息子さんは 鼻水などの症状を抱えながらも この子との別れを選ぶことはできませんでした。

アレルギーを乗り越えて この子の居る暮らしを選択されたと聞いて 嬉しくてなりません。

猫ちゃんには「にゃん太」という名前が正式につきました。

お母ちゃんに甘えてしがみつく様が 可愛くて、息子さんが折れたのも解ります。

かわいいでしょう。

息子さんの症状が落ち着くことを祈ります。

家族みんなが笑顔で暮らせますように。

 

さあさあ、上光兄妹と遊びましょ。

 

せっかくなので まだ今日も展示されたままの写真を見てもらいました。

へ〜え、そうだったのか。

まあ、こんなに可愛かったんだ。

すごいな、えらいな。よく頑張ったね。

一枚一枚の写真に ため息で味わうNさんでした。

足元では タロー君が 探索中。

タローちゃん、上光兄妹の誘いに乗ったり、逆らったり、追ったり、けしかけたり・・・。

彼なりのやり方で交流を楽しみました。

|店主のつぶやき|21:48| - | 2017.11.13 Monday |

宴の後

昨日の賑わいが嘘のように静かなドッグラン。

いろんなものがあふれたフリマ、アニマルリンクの露店は 昨日のうちに片付けられて 売れ残りも収納されました。

さてと、たくさん売れ残ったのを どうしましょうか。

 

 

たくさんの人と犬、お店でにぎやかだった倉庫も ご覧のとおり。

広々と 静かな空間が 誰を待つのでしょうか。

来年も より有意義なベルリンカフェが ここで開催されればいいな。

|店主のつぶやき|21:36| - | 2017.11.13 Monday |

ベルリンカフェ翌日

今回のイベントの展示物は 「上光一家」の記録でした。

保護当日から 譲渡された現在までの経過を あらためて辿ってみて、感慨がこみ上げてきます。

あんなに小さかったんだなあ。

こんなこともあったっけ。

そうそう、そうだった。

いろんな思い出が去来します。

 

 

これが一番象徴的な一枚です。

この子らをここまで守れたのは、たくさんの方々の後方支援があったからです。

獣医さん、ブログ読者さん、ビンチェーロのお客様、アニマルリンクのメンバー、里親さん、そして、距離的に離れていても、いつもこの子らの幸せを祈って応援してくれている人々があればこそ、ここまで漕ぎつけたのです。

Aさん始め、冬の最中を厭うことなく、正月も返上で通ってくれた仲間にも 筆舌に尽くせない感謝があふれんばかりです。

この おしっこで濡れて 臭気を放つ毛布が どんどんたまる中、洗濯班に届けてくれた人、受け取って このクソ寒い中、洗って茶の間一杯に干してくれた人。

寒い季節に温かい気持が集まって 彼らは無事に成長することができました。

本当にありがたいことです。

一頭も死なさずに済みました。

そのことを思い出し 愛護への道にいざなってくれる想い出深い写真です。

支え合う気持が いかに大きな力になるのかを教えてくれる写真です。

 

県の収容施設(保健所)で 引き出しのとき、運命の刻を待つ光希。

緑の壁に囲まれて ひたすら怯えています。

ここを生きて出られるのは もうすぐ。

 

 

 

 子犬たちより一日先に捕獲された母犬は、翌日 救出された我が子と感激の再会です。

黙って 授乳開始。

子犬たちは むさぼるように乳にしがみつきます。

そうそう、命の炎がメラメラとたぎる素敵な場面でした。

|店主のつぶやき|21:31| - | 2017.11.13 Monday |

動物愛護と福祉に関するトークショー

たくさんの人が 関心を持って聴いて下さったトークショー。

 

 

保護犬保護猫の治療や診察に 手厚く対応してくれている3軒の動物病院さんには いつも頭が下がるばかりです。

どんな細菌にも汚れにも、感染症にも怯えることなく 救命に惜しみなく支援の手を差し出して下さる先生方。

こうした病院さんに支えていただき、多くの子たちが救われてきています。

いずれの病院さんにも、ご尽力には感謝していますが、今日は その中のお一人 たなか動物病院の院長先生に、日ごろ向き合っている保護犬猫の現状や、生死の現場で感じることなどをお話しいただきました。

 

 

元アナウンサーで 現在県会議員を務める福浜さんも 鳥取県の動物愛護について熱心な姿勢を変えず頑張ってくれています。

各地で見聞されたことを素に 鳥取県の向上を願う熱い語りが印象的でした。

 

 

 

ドッグランで談笑に興じていた人々も 熱い内容に 思わず耳を傾けます。

 

 

鳥取県の担当者さん、15年来の経験豊富な猫保護と啓発の実践者であるAさん、MONTA譲渡会で懸命に譲渡に向けての努力を続けるNさん、そして、我がアニマルリンク鳥取の代表 谷畑さんが これまでの体験談を交え 多くの県民に 理解と実践を促さんと、魂の語り部となりました。

猫が嫌いな県民から苦情の電話を受けることが多い現状を嘆き、猫がワルモノではなくて、被害を無くすために何をするべきかを知ることが 住みやすい社会づくりにつながるのだと語る県担当者さん。

殺処分という悲しすぎる役目を実行する県担当者さんのお気持ちは察するに余りあり、これは 誰もが他人事ではなく、自分の地元の問題として とらえないといけないと思いました。

かわいそうに、なんとかならんのかなあ、などと他岸の火事を眺める気分では いつまでも解決しませんね。

救護に尽力する人々を 下で支える人が一人でも増えれば 命を全うできる子たちも増えるはずです。

こうした集いを もっと 何度も開く必要性を感じました。

 

ベルリンカフェご来場の皆さま、討論会をご清聴の皆さま、そして、ご出席の方々 本当にお疲れさまでした。

無事 終了することができて 感謝しております。

|店主のつぶやき|18:18| - | 2017.11.13 Monday |
全 [432] ページ中 [2] ページを表示しています。