散歩ボランティア

 

上光一家の一件以来、我が家の愛犬共は ほぼネグレクト状態に甘んじておりました。

不本意とは言え、手をかける時間を割くこともできないまま3ヶ月が過ぎておりました。

ようやく 子犬たちの大半が巣立ち、日中お預かりだったハグ&ハーツも無事卒業したのを機に、以前のように店内での暮らしを再開したところです。

ブチコは、ドッグランに放すことができないため、散歩は必須日課となっているのですが、果たせないのを知って、あの親切なラピス母ちゃんが 都合のつく限り、二頭の散歩を買って出てくれました。

本当に助かります。

ありがたやありがたや。

 散歩から戻って敷地に入ってきた途端、二頭の足取りが にわかに速度を上げます。

 

|-|17:29| - | 2017.03.20 Monday |

上光一家の勉強会

 

今日は めでたく譲渡先に巣立っていった「上光一家」が、ご都合で欠席の一家族を除いて全員集合でした。

ジャンボ太郎だった一期(いちご)君、大胆だったくるみちゃん、ちょっと弱腰だったメロン君、その相棒で元気一杯のマロン君、そして、母犬のハグと去年春生まれの息子犬ハーツと 現在ビンチェーロで暮らす光希の合計9頭が、久々の再会を喜び合いました。

「愛犬との暮らし方」というタイトルで 僭越ながら私が講師を務め、知識と経験に基づいたお話をお聴きいただきました。

どの保護者さんも しっかりと耳を傾けて下さり、とても手ごたえを感じております。

危険回避に努め、愛犬の天寿を無事に守り切るためにできることを たくさんお伝えしたつもりです。

来週は、谷畑トレイナーも駆けつけて 子犬のための指導教室を開きます。

また、元気な姿に会えるかと思うだけで心が奮い立つ想いです。

みんな元気で 「生まれてきてよかった・」と思える一生を送ってね。

ビンチェーロおばちゃんが 望まれる限り応援していくからね。

皆さん 和気藹々で、お互いが親戚同士のような感じです。

ビンチェーロを中心に アニマルリンク精神の下、犬も飼い主も成長してもらいたいと願います。

どの子も大切に扱っていただき、心配りをしながら育てていただいて 本当に嬉しく、それぞれのご家族の様子に満足することができました。

長い一生、これから いろんなことがあろうかと思いますが、可能な限り支援していこうと思っております。

|店主のつぶやき|18:45| - | 2017.03.19 Sunday |

本日の同伴わんにゃんさん

 

遊びに来てくれたミッキー君は、今日マナーベルト初体験しました。

装着すると 違和感を覚えてか動きが止まってしまい、そのまま停止状態となりましたが、よそんちで これを装着すると、余計な神経を遣わずに済むので これから どんどん慣れてもらいたいですね。

 

サクラちゃんは 久しぶりの登場です。

極寒時に一次体調を崩したものの、今はすっかり元気になり、ドッグランを駆け回る姿は 以前と変わりません。

しかし、以前は熱烈ストーカーまがいだったチーバへの思慕は もう薄らいでいるようです。

チュッチュ攻撃も全くなく、チーバも すっかり飽きられてしまったようです。

なんだかつまらんなあ。

久々に同居猫ちゃんと来てくれたリズちゃん。

大の仲良しです。

愛犬愛猫の同伴は、ホッケちゃんちと同じですね。

違う種同士が仲良しというのは見ていて微笑ましいこと この上なし。

いいことですね。

|-|18:28| - | 2017.03.19 Sunday |

こんな支援方法もあります

 保護猫活動を応援したい。

でも、うちは猫を飼うことができないから無理。

我が家は集合住宅だから預かることもできない。

そんな方にも 保護活動への参加を可能にする手段がありますよ。

遠方に居てもできる応援。

それは、次の四つですね。

 

1. 支援金の振込み

2. 保護猫の譲渡先を探したり、不妊去勢を呼びかけるTNR活動紹介など 周知を目的とする発信、拡散、宣伝活動

3. 譲渡会スタッフとしての現場の手伝い(掃除、接客、手順案内、昼弁当の差し入れ、猫のお世話など)

4、 現在呼びかけている「へるしんきのたま」生産ボランティア

 

特に 4については、下記のモンタさん譲渡会スタッフブログをご参照下さい。

早速、遠方からも助太刀志願者が取り組んでくれているようです。

ありがたいことです。

現場で 日々 世話や治療に奮闘しているスタッフも よくやってます。

そして、どんな形であれ、保護猫たちを助けるために、間接的でも懸命に気持を行動に表して下さる方には頭が下がるばかりです。

猫の医療費と食費など 飼養のための経費を応援していただくためにも 「へるしんきのたま」生産活動にご協力下さい。

もちろん、技術的にできないという方は、1、2,3の方法もありますよ。

モンタさんを中心として 一匹でも多くの猫ちゃんを幸せに送り出そうと懸命に頑張っている同志たちにお力を貸して下さい。

 

http://ameblo.jp/7528535?

|お知らせ|07:35| - | 2017.03.19 Sunday |

19日(日)は わんカフェとにゃんカフェ(譲渡会)あります

 明日 19日は、いつもどおり、ビンチェーロでは「わんカフェ」、そして、モンタさんでは「にゃんカフェ」が開催されます。

わんカフェで面会できるのは いつもブログでご紹介している「上光一家」の子犬です。

他にも 情報を提供できますので ご相談に来られませんか?

一つお願いですが、明日の3時から5時は、既に譲渡された上光一家の子犬たちを対象とした「愛犬との暮らし方講座」がありますので、その時間帯のお買いものなどについては、店主の代わりを譲渡会スタッフが務めますのでご了解下さい。

また、午後2時過ぎごろからは 上光一家が交流でドッグランを使用しますので こちらもご協力下さい。

猫ちゃんの方は 参加猫などについて モンタ譲渡会スタッフブログをご参照下さい。

当店のトップページにバナーを設けております。

可愛い子猫ちゃんの参加もありますよ。

是非とも ご来場下さい。

※ 子犬の面会については、譲渡を希望、または検討される方を対象とさせていただきます。

 

 

わんカフェ    ビンチェーロ  0857−82−1681

 

にゃんカフェ   モンタ     0857−20−2313

 

 各会場とも1時〜4時 同時開催

|お知らせ|18:06| - | 2017.03.18 Saturday |

マナーベルト

 男の子の管理者として、是非知っておいていただきたいマナーの一つが、俗に言う「かけション」という行動です。

我が家ではしなくても、自分のテリトリー(縄張り)でない場所に 自分の匂いをつけて安心する行動に困惑するのは、当の飼い主さんだけでなく、その場所の関係者や周囲の人も同じです。

家ではしない、家を出るとき済ませてきた、と言われる方がありますが、これは尿がたまって排泄する生理現象とは違うメンタル的な行動です。

今日 上光一家の世話を手伝いに来てくれたNさんが同伴した愛犬ラピス君は いつもご覧の通りのマナーベルト装着スタイルです。

かけション癖により、商品や家具類などが被害に遭うことのないよう、このような配慮を忘れません。

他には ぷうすけ君とか、テンちゃんなど、男の子の何頭かが 店内ではマナーベルトを着けていますよねえ。

うっかりかけションしても、マナーベルトのおかげで 余計な神経を遣わずに済みます。

マナーベルトは 当店のアニマルリンクコーナーでも販売していますが、各サイズの使い捨て品もホームセンターなどで購入できますよ。

ラピス君も使い捨て派で、こんな可愛いのを よそに行く時には常に装着しています。

女の子用もあるようですが、圧倒的にマーキング(かけション)が多いのは男の子です。

他家やお店などに同伴させるときには、飼い主さんの安心ももですが、文字通りマナーと心得て、こうした便利グッズを活用なさることをお勧めします。

|店主のつぶやき|17:56| - | 2017.03.18 Saturday |

今日 来てくれたわんちゃん

 

老犬の域に達してきたモコ君。

そろそろ 年齢にあわせたケアが必要になってきますね。

進行に任せるだけでなく、それを遅らせたり、緩和させたりの支援も飼い主さんの愛情の大切な要素ですね。

久しぶりに訪れてくれたナルちゃん。

無事に不妊手術を終えて、今日は 好物のおやつを買ってもらいました。

以前来たときより 落ち着いてきたように感じました。

|店主のつぶやき|17:43| - | 2017.03.18 Saturday |
全 [328] ページ中 [2] ページを表示しています。