ドッグランの顔ぶれ

目立つレインコートは 以前から愛用のものだそうです。

板に着いているのか居ないのか、気にはならないけれど、少々の違和感はあるようなタブちゃんです。

雨の日は これのおかげで助かると、まだまだ長く愛用する予定だそうです。

 

幼馴染のチーバと 久々にかけっこをするものと期待したも、あいにく そんな気になれないチーバを、つまらなさそうに眺めるタブちゃん。

可愛い姿のお爺ちゃん犬ボブ君は 腎臓ケア食で、まだ長い余生を頑張る気合充分です。

病院の処方食が苦手な子でも 民間ケア食にも とても良いものがあるので あきらめないで。

 

超久しぶり、およそ一年ぶりに姿を見せてくれたしょうちゃん。

やはり貫禄の体格は健在ですが、今後のためには 減量は必須課題だと思います。

 

最近 減量に成功したものの、そのせいで ちょっと体力も落ちたとおっしゃるお父ちゃんのこと 気にしているのかいないのか、相変わらずマイペースぶりが無邪気なナナちゃん。

 

高齢になってきましたが、動きには 年齢を感じさせないハッピーちゃん。

 

大病を乗り越えて 以前の元気を復活させたモコ君も 老犬の仲間入りで、食生活を見直してから さらに好調のようで 何よりです。

 

 

ちょうどタイミングよくやって来た春香ちゃんのリハビリ相手として つきあってくれたモコ君ですが、肝心の春香ちゃんは 歓迎するどころか迷惑顔・・・・?

春香ちゃんを誘おうにも 無理強いをせず 相手の動作で 接近を断念したようです。

何度か遭遇、対面を重ねるうち 春香ちゃんも 緊張がほぎれてきたようで、サイズ的にも雰囲気的にも モコ君は良い相手です。

また会おうね。

|-|21:40| - | 2018.10.13 Saturday |

未来の希望になったニコちゃん

 つい二日ほど前に お供で来てくれたニコちゃんが 本日午後4時過ぎに デイサービス先のカニスさんにて 約15年の生涯を閉じました。

かれこれ4年近く前に 近年、コーギーに多発することで知られるようになったDM(変成性脊髄症)と診断され、緩やかながら、病状は進行を続けていました。

今年はじめに 同病仲間のパールちゃんが旅立ってから9ヵ月後のことでした。

 お仕事で、日中介護のお世話ができない飼い主さんに変わり、カニスさんでのデイサービスに支えられていましたが、昨日までは食餌も摂れていたそうです。このところ 体調が低迷していることは聞いていましたし、最近は 大半を寝て過ごしていたので、生命活動が低下してきているなあと感じていました。

お家でも カニスさんでも手厚い介護を受けていたおかげで 床ずれもできず、ケアが行き届いていたことが分ります。

 途中、保護犬のマルちゃんを受け入れ 家族として過ごした想い出も温かい記憶として残っています。ご家族が慈愛深い方々で、捨て猫なども保護して 懸命に世話をなさってきました。

温かい愛情を惜しげなく注ぎ、この病にかかってからも 最良の世話で支え、不自由な身体になろうとも、手がかかろうとも、昔と変わらぬ気持ちで向き合ってこられました。

 病が進行すると、介護のレベルに合わせて 歩行装具、食器、布団、環境など あらゆることに心配りをして、万全を尽くされました。

元気に ドッグランを歩いていた頃の二コちゃん

 

クリスマスの頃、トナカイの紛争で笑わせてくれました

 

筋肉に優しく働きかけるスゥエーデンマッサージを月2回のペースで受けて、調子が安定していました。

 

DM先輩犬のパールちゃんに教えてもらい 誂えた歩行装具を得意げに引いて お店にやってきてくれました。

 

起立できなくなり 身体の自由が利かなくなってからは、この移動用ベッドで お買いものに同伴して、店内を興味津々で見回していましたっけ。

 

さて、そのニコちゃんですが、明日 火葬場ではなく 鳥取大学の方に送り出されることになりました。

ご遺族であるY家のご希望で、まだ解明されていないDMという病気の一日も早い治療法の確立を願い、二コちゃんの遺体を献体なさることを決意されたのです。

このことに 私は深い敬意を表します。

ニコちゃんは その肉体の営みを終えた後も、たくさんの犬を悩ませる病気を研究してもらうために 身体を捧げるのです。

愛犬が この病気を発症し、苦脳する飼い主、悲しむ飼い主が居なくなり、この病気に蝕まれることによって身体の自由が奪われることのないように、早く病気の仕組や治療法を見つけてもらいたいと誰もが願っています。

この病気に 不幸にも支配された身体を提供することは 大変貴重で ありがたい申し出に違いありません。

ニコちゃんの飼い主さんは大きな心で 愛犬を差し出されますが、それは 即ち、ニコちゃんを、未来の希望に替えて輝かせることに他なりません。

献体は、決して 解剖で臓器を取り出されて 本来の姿でなくなるという悲劇などではなく、むしろ 健やかな未来を拓くという誇らしい使命を果たす貴重で尊い善行と言っていいでしょう。

ニコちゃんは たくさんの学生さんや教授の熱い志が待ち受ける中、尊厳を持って迎えられるのです。

なんと誇らしくて 厳かな「花道」でしょうか。

 これからの命を守る医学の発展のために、貢献していただく道を選んで下さった飼い主さんに心から感謝せずに居られません。

ニコちゃんの在りし日の いろんな姿を思い出しながら ああ、彼女は 輝く未来をつくる一頭となって、明日 出発するのかと、感慨が後から後から湧いて出てきます。

 元気な姿で 楽しそうに 幸せそうに、そして 家族を誇らしげに従えて ビンチェーロにやってきたニコちゃんは、火葬場とは違う方角に あの誇らしげな足取りで進んでいくのでしょうか。

がんばったニコちゃんには 悲しい涙より、誉高いお役目への期待があふれている気がします。

DMという宿命病が 彼女の献体によって 大きな一歩を踏み出し、悲劇としてあきらめなくてもよい日が早く訪れることを切に願います。

ニコちゃん 行ってらっしゃい。

しっかりと 未来の希望となれるよう お役目果たしてきてね。

|店主のつぶやき|22:04| - | 2018.10.11 Thursday |

マナーアップカフェ まだお席空いてますよ

25日(木)に開催されるマナーアップカフェ、まだお席が空いていますので 是非 ご参加をご検討下さい。

美味しいパンケーキを、あの「大江の郷」さん、ココガーデンのテラス席で楽しみましょう。

愛犬同伴ですが、ここはひとつ、ヨーロッパのカフェに来たつもりで、きちんとマナーを守らせる練習の場とご理解願います。

テーブルで一緒に食べたり、椅子に座らせたりすることなく、スマートに 節度を守って 秋のひとときを楽しむ集いです。

飼い主さんのそばで 大人しく待つことができればこそ、欧州の愛犬たちは どこへでもお供ができるのはご承知の通り。

愛犬と実践の場で学ぶ機会は滅多とありません。

是非 ご一緒しましょう。

詳細は カニスさんのブログ案内をご覧下さい。

犬友達と 有意義なひとときを過ごしましょう。

お申込は カニスさんでも ビンチェーロでもお受けします。

 

 

http://blog.canis-field.com/?cid=1

|お知らせ|17:37| - | 2018.10.10 Wednesday |

プライドはいずこ?

ん? なんか もらえるの?

昨日遊びに来た大ちゃん、期待に輝く眼差しの先には・・・・。

 

 

なんだ、これかァ・・・・。

結局 ターキーアキレス1枚で ハロウイーンの紛争をさせられるという寸法でした。

 

 

 

へいへい。不本意ではありますが、たまには親孝行だと思って、遊ばれてやるか。

この際 自尊心はしまっておいて 人間につきあう大ちゃんでした。

|店主のつぶやき|17:26| - | 2018.10.10 Wednesday |

お天気の休日

 

体育の日の今日、あちこちでイベントが多く お客様は少ないかと思っていましたが、ちょこちょこと出入りがあり、にぎわう時間帯もありました。

 

お母ちゃんに同伴のなっちゃん。

相変わらず 人間は誰でも好きで 尻尾と愛想を振りまいていました。

 

初めてご来店のキャバリアちゃん。

まだ若犬です。

 

お母ちゃんと一緒の来店は嬉しいひととき。

今日も 元気いっぱいでやってきたテル坊。

身体は 保護当時より5kgも太り、しっかりしてきました。

譲渡してからの成長が目覚しかったので まだ1歳だという結論に達しました。

 

故パールちゃんちの男の子が お買いものについてきて、居合わせたテル坊にご挨拶です。

パールちゃん亡き後も 3頭のわんちゃんが居て 賑やかさは相変わらずのようです。

テル坊も ひとまず上手に挨拶を受けることができました。

こういう場合、ちゃんと人間が介在し、犬への配慮、子供への対応など 監督する必要があります。

危険の無いように 大人が双方を守ります。

加害者にも被害者にもさせてはなりません。

 

 

ユキナちゃん一家も 久しぶりでドッグランを堪能していました。

 

ニコちゃんちは お店の外での作業を担うご用があるため、しばらくの間 お店で過ごしてもらいました。

出入りする子たちを眺めたり、気にしたり、寝たきりなりに 刺激があって よかったかな。

不自由なりに まだ楽しみもあります。

歯痒い状況にも慣れて お供もいやではなさそうです。

 

 

心臓病に配慮して、勢いに任せて興奮させたりできないアンズちゃんは、犬の居ない空間を 飼い主さんと二人きれで 彼女ならではの方法で楽しんでくれたようです。

 

初めて来てくれたチョコちゃんは、これまた初めて口にする鮭の中骨やまぐろ、にしんなどが珍しいと見えて、興味津々の反応を見せてくれました。

「ん? これイケる。味といい 歯ごたえといい・・・・。何 これ?」

「あ、それ、鮭の中骨。美味しいでしょう?」

 

 

 

まだ あどけない風貌ながら もう13歳ぐらいのチョコちゃんは、年を感じさせない動きで リードから解放された嬉しさを味わっていましたよ。

今のところ健康に大きな問題はないそうで、このまま いい感じで ゆっくり年をとってくれたらいいですね。

|店主のつぶやき|21:42| - | 2018.10.08 Monday |

ちくわちゃん

愛犬のご相談ということで 初めてご来店のYさんのワンちゃんは まだ8ヵ月のチワワ ちくわちゃん。

お名前の由来は その身体の模様からです。

おでんに入れる あのチクワの焼き色そのものを連想させるからだそうです。

言われてみれば ホント、おでんのちくわです。

 ペットショップで購入されたのですが、どうも その行動になにか問題があるようだとのお悩みでした。

ご来店の瞬間、ひ弱そうな顔をのぞかせたちくわちゃんでしたが・・・・・。

ドッグランに出てみたら 犬が変わったかのように 活き活きと 尻尾を上げて 誇らしい様子で行進したり、走ったり。

怯える様子は微塵もなく、心から嬉しそうに はしゃぐ姿からは 問題らしきものは見えてきませんでした。

「ええ〜!! うっそ〜! 走ってる走ってる。こんな姿 初めてみました。」 と たいそう感激の飼い主さん。

お散歩では決して魅せたことのない表情だそうです。

運動や遊びの質を見直してみると きっと望んだ展開が待っているような気がします。

飼い主さんのご心配が負の幻想に終わることを願い、愛犬と もっと楽しんでもらうようにとお話ししました。

今日 気づけたことがあってよかったと思います。

悩みが希望に替わって よかったと感じてくださっていると思います。

 

 

ああ〜〜、おもしろかった。

やっぱり 走るって 楽しいなあ。

走れるって幸福だね。

|店主のつぶやき|18:17| - | 2018.10.05 Friday |

ハロウイーンより栗拾い

世の中 いつからか 私の記憶では つい最近のように思いますが、西洋渡りのハロウイーンなるお祭りが えらくもてはやされています。

それこそ 猫も杓子もハロウイーンに浮かれてますね。

で、愛犬家の世界にも すっかり浸透しているようでして、いただいたハロウイーン紛争道具を、やって来たタブちゃんに着けてもらいました。

当の彼女は むしろ迷惑顔で、笑顔はありません。

人間を面白がらせるために 笑いものになるのも たまにゃあ しゃあないかという顔で つきあってくれました。

 

ちょうど そこにやってきた春香ちゃんにもと思ったら すでに トリマーさんに着けてもらった扮装でした。

こちらも あまり歓迎していない様子です。

 

居合わせたお客さんたちは 誘い合って 店の前で栗拾いです。

大粒とまではいきませんが、なかなか甘い実がなります。

5日ほど前から ゴロンゴロンと落ち始め、お客様の楽しみになっています。

 

 

タブちゃんは 店内で お母ちゃんの楽しみが終わるのを待っていました。

皆さん 草を分け入って たくさんの実を拾われましたが、お優しいことに、それを ご来店のお客様に分けたり、お互いに譲り合ったりして この季節ならではの気分転換を満喫していただけたようです。

皆さんちの晩御飯は 栗ご飯かな。

|店主のつぶやき|18:06| - | 2018.10.05 Friday |
全 [527] ページ中 [2] ページを表示しています。