再び あの「焼場に立つ少年」に寄せて

今日は終戦記念日。

 

毎年、この時季になると、戦後生まれの身とは言え、知らぬ存ぜぬ、関係ない、では済まされない心境で、戦争について考えさせられます。

私なりの反戦手段として発信をしていますので 今年も また おつきあい下さいませ。

 

 昨年は、米軍の従軍カメラマン ジョー=オダネル氏の秘蔵写真のうちでも最も知られている一枚、「焼場に立つ少年」についての考察を記しましたが、さらに詳細を知って、なるほど、そうだったのかと それこそ「閃光」に打たれたような衝撃を受けました。

 

 長崎に原爆が投下された直後、背中に幼い弟を背負って裸足で立ち尽くす少年の写真です。

首を後ろに垂れた弟は既に絶命していて、少年は 犠牲者が次々と焼かれる火葬場の前で、弟が焼かれる順番を待っているところです。

その頑ななまでに結ばれた口元には血がにじみ、持っていきばのない悲しみと恐怖に必死で耐える目が 見る人の心を打ちます。

おそらく 彼の親もやられたのでしょう。

この情景は 彼の年齢では許容を超えた残酷さです。

弟を焼く場所に 気丈にも足を運んだ少年は まだ10才前後と思われます。

この少年を見つけ 必死でカメラを向けたオダネル氏でしたが、軍の規則で、日本人や 被災者などを撮影することは禁じられていたそうです。

彼は 私用のカメラで 密かに 彼ら被爆者の惨状を写し 帰国後は 家族に「絶対に開けてはならない」という箱に封印したそうです。

しかし、オダネル氏は 原爆投下を肯定したり、「ざまあ見ろ ジャップめ!」などと言う言葉が飛び交う国内の感情に段々といたたまれなくなっていきます。

さらには、彼自身も放射能にやられ 身体を蝕まれていきました。

「これは間違っている。真珠湾攻撃が先だと言っても だからといって これを実行したことは絶対に許されないことだ」

その気持ちが抑えられなくなり、ついに 何十年もの間 封印してきた長崎での写真の入った箱を開けたのでした。

それは とても勇気の要ることだったでしょう。

そして、何度も日本に足を運んで あの少年を探し回りましたが、ついに 彼を見つけること叶わいませんでした。

83歳で 狂おしくたぎる戦争への憎しみを抱えたまま その一生を終えました。

彼は どうしても あの少年に謝りたかったし、労いたかったのではなかったでしょうか。

私の推測ですが、あの少年を さんざん手を尽くしても探し出せなかったということは、原爆病というおぞましい病に没したのかも知れませんね。

どうあっても いかなる理由や法則があろうとも、戦争は絶対にしてはならないということだけは確かです。

私の老母は、福井空襲での悲惨過ぎる体験談を 私に何度も何度も語って聞かせてくれましたが、年老いてからは それを語る度に泣くもので 痩せた肩を抱きながら 私もなす術はなく、できることはただ こうした文字による発信で 反戦を訴えることだけなのです。

順番が来て 少年の背中から 赤子を下ろし、係員が 焼けた灰に その遺体を置くと、ジュ〜〜っという音がしたそうです。

それを聞きながら  それを見ながら 少年は 何を思っていたのでしょうか。

弟と最後の別れを終えると 彼は 黙ったまま その場を去っていったそうです。

その後 彼がどうしていたのか、とても気になるところです。

絶対に幸福になって居て欲しい。

この無慈悲で過酷な体験を糧に変えて たくましい大人に成長していて欲しい。

そう祈らずにはおれない私です。

 

なお、この写真を撮影したオダネル氏の遺志は 息子に継がれて 彼もまた戦争抑止に向けた活動をしているそうです。

オダネル氏の封印された写真は 日本でも公開されて、多くの人に戦争の過ちを伝えたそうです。

彼は 軍の命令で長崎に入るまでは むしろ 人類初の原爆の結果に期待すらしていたことでしょう。

ところが その 想像を絶する情景を目の当たりにして 心が変わったそうです。

身体を「大破」され、その顔までが無くなった人が その目であろう部分から涙を流している姿も 彼を直撃したに違いありません。

広島、長崎、沖縄、そして 多くの戦没者の死を決して無駄にしないためにも、私なりの手段で 戦争反対を呼びかけていこうと思っています。

それは、我々の愛犬 愛猫の命をも守ることにつながるからです。

うかれようと 騒ごうと それはそれで楽しんで大いにけっこうでしょう。

しかし 静かに 平和を考え 祈るひとときも大切にしたいと思います。

亡夫の霊だけでなく、戦没者の冥福を祈ります。

 

 

 

|店主のつぶやき|18:38| - | 2018.08.15 Wednesday |

防衛

夜 光希はじめ ビンチェーロに居る犬たちのお世話に出てきてくれたMさんに同伴の愛犬ラピス君の定宿となっているケージに、本犬(ラピス君)が入っているときは、妹の光希が 張り付くように守ります。

お城の門番か、お殿様の小姓のように、外敵からの防衛に努めているかに見えます。

何かあれば 即 身を挺して守る気満々です。

 

はい、あんちゃんは 任しといて。

私が 全力で守ります。

怖がりの癖に 実にたくましい妹犬です。

|店主のつぶやき|17:39| - | 2018.08.15 Wednesday |

「上光一家」の夏休み

 夏休みに入った5人の子供さんが滞在する時間が長くなり、楽しくて 嬉しくて仕方ない上光一家のハグ(母)、ハーツ(長男)、そして末っ子のハンズ。

相手をしてもらったり、一緒に昼寝したり、遊びにつきあったりして 夏休みは刺激がいっぱい。

長いお留守番もなく、どんなに楽しいことでしょう。

子供たちは いずれも責任感があるので、散歩、給餌などの日課も きちんと果たします。

日ごろは ご夫妻が担当することも 管理責任者としての意識高い子供たちが積極的にこなしています。

 そうそう、子供たちは、元野犬だった犬の母子を愛犬として迎えた経緯に触発され、夏休みの自由研究に、この捨て犬問題をとりあげ、早速保健所にも足を運んで 担当者さんから 当地の現状などについて説明を受け、熱心に取材をしてきたそうです。

気まぐれで飼いはじめたんじゃない、ただ(無料)の犬だから貰ったんじゃない、かわいそうだから引き取ったんじゃない、たった一つの大切な命を最後まで守る務めを果たすために、そして この限られた一生という時間を共に幸福になるために迎えた3頭なのです。

 

 

安心して居られる「家庭」という空間に 親子で 兄弟で居られるだけでなく、母犬にとっては未知なる魔物だった人間に守られる毎日を これからも楽しむ3頭です。

素適な夏休みを 一緒に満喫してね。

|店主のつぶやき|21:55| - | 2018.08.14 Tuesday |

この子を探しています

 

8月1日に鳥取市東今在家の家から姿が見えなくなったワンちゃんの件ですが、その後、いまだに行方が分らないまま 飼い主さんがたいそう心配しておられます。

 

今一度 見かけられた方、話題を聴かれた方など、この子に関わる情報をお寄せ下さればと思い 再度のお願いです。

 

居なくなった場所  鳥取市東今在家

居なくなった日   8月1日

ワンちゃんの特徴   オス、13才、老犬、後肢に不自由があり 動きが不自然、大人しい、青い首輪装着

目撃情報など     鳥取市三代寺付近、国府町宮下界隈

呼び名   リク

 

この暑さの中 一日も いや一刻も早く 無事に保護されることを切望しています。

既に通報済みですが、まだ 保護情報はありません。

多くの方々にご協力をいただければと願います。

|お知らせ|16:31| - | 2018.08.13 Monday |

あ・・・・・お帰りなさい

 今日は 菩提寺のご住職が我が家に棚経に来られました。

打ち水をした玄関先に出てみたら、あれまあ、黒い揚羽蝶が低空で舞っています。

直感で 亡夫だと思えてなりませんでした。

彼は 生涯 和服、それも黒衣を好んでいた禅僧でしたので、夏に紗の衣を着た姿を彷彿とさせる蝶に 思わず「おかえりなさい」と声をかけてしまいました。

お盆でなくても 彼はずっと私の中に居てくれると感じているのですが、私に その存在を見せようと蝶に身をやつしたのでしょうか。

偶然にせよ、その蝶は なかなか玄関先を離れようとせず、いつまでも 静かに舞うばかり。

ガサツな私とは違い、ふるまいの一つ一つが優しかった亡夫と重なって いつまでも見入ってしまいました。

「中に入られませんか?」と戸を開けていざないましたが、振り向いたときに その姿はいずこへと飛び去っておりました。

彼の好きな甘い菓子とデラウエア(葡萄)を ちょっとでも食べてもらいたかったのですが、やはり幻だったのでしょうか。

 

|店主のつぶやき|17:48| - | 2018.08.12 Sunday |

お休み前のドッグラン

 明日からお盆休みをいただくビンチェーロをお訪ね下さったワンちゃん一家をご紹介しましょう。

対応できない時間帯で 十分な撮影ができなかった子もありますが ごめんなさい。

 

 

ほぼ毎日のように遊びに来てくれるコロ君とは遊びのツボが合って リズム感も板についてきた光希

 

 

ドッグランで独り遊びの後、まったりと店内で飼い主さんとの談笑につきあうはるちゃん。

 

つい最近 肺炎を患ったも、すぐに元気を取り戻したバーシュ。

 

 

相方が肺炎になろうが 土砂崩れの避難を強いられようが、全然関係なく元気なジーボ。

 

元気印健在の上光一家は 暑さもなんのそので 出力全開です。

 

あらら、左端の子は 逆立ちしちゃって・・・・。

どうやら 兄妹を飛び越えたようです。

 

生意気な娘(光希)に厳しく当たるハグ。

 

 

ハーツあんちゃんとハンズ弟の2頭は 男同士の遊びで エネルギー発散も十分できました。

ドッグランでしか果たせない運動が楽しみで楽しみで・・・・。

今夜は爆睡保証付きです。

 

カリンちゃんは 小さい身体に似合わない力走で知られていますが、もう カメラが着いて行けず、今日も躍動写真を撮ることが叶いませんでした。

ビュンビュンと目にも止まらぬ疾走ぶりを いつかはカメラに収めたいと願っているのですが・・・・。

 

 

もふもふ ふわふわがトレードマークのポロちゃんも 涼風に吹かれるように走っていました。

わずかな枚数にも光る一枚が無くて とても残念です。

 

皆さん、暑さを厭わず、ご来店ありがとうございました。

明日からお盆休みですが、また、ドッグランでの力走とドラマを楽しみにお待ちしてます。

|-|17:38| - | 2018.08.12 Sunday |

本日までですよ

本日12日(日)が、お盆前最後の営業日です。

主食フードや、必要なものは間に合っていますか?

本日を逃すと、17日となりますが、実は状況によっては臨時休業という場合もありえます。

実質一週間のお休みとお考えいただき、お早目のご準備をお願いします。

営業時間は11時〜18時となっておりますので 宜しくお願いします。

 

なお、日曜日ですが、猫譲渡会はありません。

販売とご相談のみ対応します。

 

|お知らせ|06:44| - | 2018.08.12 Sunday |
全 [516] ページ中 [2] ページを表示しています。