2020年 年頭ごあいさつ

あけまして おめでとうございます。

 

 

 2019年、ビンチェーロをご利用いただいたお客様、拙いブログをご愛読いただいた皆様、ようこそのご縁に感謝申し上げます。

ありがとうございました。

生業を助けていただくお買いものには勿論のこと、当店が一員として関わっている動物愛護福祉団体アニマルリンク鳥取へのご支援やご協力にも 心より深謝の手を合わさずにおれません。 

 

 昨年末、店内に設置した保護犬保護猫支援のための「賽銭箱」にご喜捨いただいた浄財を数えたところ、嬉しいことに3万円を超えておりました。(12月分)

たいていの月は1万から2万円となっているので 昨年末の計算作業の仲間共々嬉しい悲鳴をあげました。

ちなみに、年末には シー子ちゃんの元の飼い主さんのお身内で、本犬の保護に関わられた東京のHさんからの浄財お振込み、さらに、一昨年、愛犬ポコちゃんを見送られた鳥取のHさんより、亡き愛犬の供養になればと、現在ビンチェーロで世話をしているクロちゃんのご飯代として、金一封を拝受しました。

この方々のように、ご自分が関わった子の幸せへの感謝と供養、まだ家庭に恵まれない子への慈悲心あふれるご支援の気持ちを、定期便のようにお届けいただいてる方も何名かおられ、大いに救われています。

店内の賽銭箱、チャリティー品の売り上げ、そして お手渡しの封筒なども含め、これらの尊き浄財は、全額を、医療費、飼養費として遣わせていただいております。

ここに、あらためまして、アニマルリンク鳥取の仲間を代表して 心より御礼申し上げます。

ビンチェーロの店内のみならず、募金箱を設置いただいているお店、動物病院、事業所さんなどにも ご協力に深謝申し上げます。

ちなみに、責任と深い慈愛で迎え、一生を支えて下さる里親家庭を待っている保護犬猫が まだまだたくさん居ます。

二頭目、三代目などとして愛犬愛猫を迎えるご予定の方には こうした保護犬猫の存在にも目を向けていただければ幸いです。

 何はともあれ、野犬ビンチェロの遺言を果たすつもりで店名を変えた時の気持ちを忘れることなく、命の尊さを想い、その輝きを最期まで守り、全力で支える飼い主さんに寄り添えるお店として ビンチェーロは 2020年も 非力ながらがんばります。

どうか よろしくお願いします。

 

 明けた2020年も、実店舗ならではの、いや、実店舗でなくては感じていただけない対話と交流の店として、ビンチェーロに、お出入りいただけますように、そして、また新たな出会いに恵まれますようにと お祈りしております。

ネット時代の荒波に吞みこまれて 哀しく消えてしまう日がこないように 懸命に櫓をこぎ続けるつもりのビンチェーロ店主です。

本年も、同じく愛犬愛猫を世話する飼い主の立場で、同志として仲間として、お気軽におつきあい下さいね。

おいらの遺言 「どの命も守られる世の中であるように。」を忘れないでね。

「おいら、本当は・・・・飼い主という人のそばで最期を迎えるのが夢だった。」

 

 

|店主のつぶやき|08:29| - | 2020.01.02 Thursday |

センちゃんの幸せ記念日

 以前 その年の最終営業日に良縁を授かってもらわれた子猫がありました。

かわいい保護猫は、展示用三段ケージの中で活発に動き、長い四肢を伸ばしては ひょうきんに踊って見せる愉快な子でした。

楽し気に踊るような姿から、バレリーナを連想して、私が「オドリン」と名付けました。

オドリンちゃんは、そのひょうきんさや愛らしさから、容易に里親さんに恵まれるはずでしたが、不思議なことに ご縁に出会うことができませんでした。

が、ずっとブログで気にして下さっていたご夫妻があり、いつもこの子を遠くで見守って下さっていましが。

そして、ついに、年末ぎりぎりに 我が家に迎えたいとのお申し込みを受けたのでした。

倉吉市のK夫妻のご自宅には、既に雑種犬のマーフィー君と、元保護猫の小梅君(オス)が居ましたが、何度も譲渡会に参加してはダンスをアピールするも、ご縁に出会えずしょげてるオドリンのことが、けな気でならず、ご夫妻の意見が一致して、「うちの子」にしようと決心が固まり ご連絡をいただいた次第です。

 

 今年の最終日に来られたK氏が「今日はセンちゃんをもらい受けて5年目の日です。」と言われて ハッとしました。

そうか。あれから もう5年になるのか。

オドリンは名前を「センちゃん」に改めて K家の2匹目の愛猫となりました。

1匹目は 小梅君という気難しい子でしたので、新参者の子猫を受け入れるのは至難の業だったようです。

来る日も来る日も 拒否と嫌悪、威嚇と攻防の繰り返しという緊張の連続でした。

予想はしておられたのですが、こうまで 先住の小梅君が 新入りを忌み嫌う様子を日々目の当たりにすることになろうとは想定外だったと言います。

1ヶ月経ち、2か月が経つも、頑として子猫の存在を許せなかった小梅君でしたが、それでも、K夫妻の決意は固く、一度受け入れた子を返すという選択肢を持たなかったそうです。

 しかし、猫社会の不協和音に立ち入り、干渉しそうになる衝動を抑え、腹を据えて静観するうち、徐々に小梅君の態度に変化が表れてきたそうです。

 なんと、数ヶ月かかり、心を開いた小梅君は、さらに月日を重ねていくうち、新入りのセンちゃんを受け入れただけでなく、共に居ることが自然となり、むしろ 好んで傍に居る風景が当たり前になっていったと言います。

そして、センちゃんを家族として認め、かわいい後輩として生活を共にすることに、むしろ幸福感を覚えるに至りました。

 

センちゃんの近影です。

 ちょっと痩せ気味だった子猫は、すっかり身体が丸くなり、安らいで過ごす我が家が極楽のようです。

満ち足りると 猫も 体形、表情、動作、ともに穏やかオーラを発するようになるのだと解ります。

踊るより、大好きな小梅おっちゃんのそばに居ることが嬉しいようです。

 

左が頑固な先輩猫 小梅君。

右が ずっと拒否され続けた末に仲間として受け入れてもらい、幸せな関係を手にした元オドリン。現センちゃん。

小梅君の目つきは 独特のものがありますが、それに応えるセンちゃんの目も 優しさと思慕の念に満ちているのが解ります。

 

 

 

大好きなお風呂。

お父ちゃんが入浴の折には 左の小梅君が 殿様の側用人ならぬ「側用にゃん」として お供するそうです。

そのまたお供として行動を共にするセンちゃん。

こうして いつも一緒に ずっと浴室で お父ちゃんを見守るのも務めなのだそうで・・・・。

お父ちゃんが風呂場に行く気配を察すると 二匹が競うように 駆けつけると言います。

 

 

右側の茶トラは センちゃんに続いて 3年ほど前に さらに3匹目として引き取られたスワンちゃん。

センちゃんが スワンちゃんに優しく接しています。

今じゃ スワンちゃんも すっかり家族です。

こうして、K家は マーフィー君を中心として、今や三匹の元保護猫との暮らしが 緊張ゼロの自然なライフスタイルとして定着していきました。

 

 

K家の最初の動物、マーフィー君にはじまって、小梅君、そして せんちゃんという風に ご夫妻の愛護心には尊いものを感じます。

マーフィー君はご夫妻が 路上で瀕死状態を救護された へその緒のついた小梅君を ずっと見守り 成長を助けたそうです。

続く2匹目のセンちゃんのことも こうして守ってきました。

だから センちゃんも マーフィーおっちゃんへの不動の愛と敬意は 染みついています。

マーフィー君の仲立ちあってこそ 頑固者の小梅君と ふんわりとした関係構築に成功したと言えます。

 

 

 

せんちゃんが ようやく 小梅先輩にも認められたころの写真です。

マーフィー君に育ててもらった小梅君と 幼いセンちゃんの2匹が 大きな愛情に守られて ゆったり暮らすK家には 生きものへの愛があふれています。

こういう慈悲深いご一家にご縁を授かり、ず〜〜っと 5年経つ今なお、ビンチェーロとの絆が続いていることに、あらためて感謝の「センちゃん五周年記念日」なのでした。

K夫妻は、お仕事を持ちながらも、保護猫の存在に胸を痛め、今現在も、哀れな母子猫の救護を試みておられるそうです。

こういう方と出会え、共に鳥取県の動物愛護福祉に心を寄せ合える同志になれたことに あらためて感謝しながら 笑顔いっぱいで

マーフィー君を連れてお店を出られるK夫妻を見送りました。

ちなみに、お買いものには、保護猫の救護につながればと いつもの二倍量の愛猫用フードが加わりました。

 オドリンよ、いや、センちゃんよ、K家に出会えたご縁には共に感謝の手を合わせようじゃないか。

マーフィー君、小梅君、スワンちゃん、そして なにより救世主でもあるK夫妻と共に どうか良いお年を迎えてね。 

|店主のつぶやき|22:03| - | 2019.12.29 Sunday |

本年最終日のお客様

2019年の営業も大過なく 無事に終えることができました。

ご縁あって 来て下さった方、ブログをご覧いただいた皆様、本当に お世話になりました。

 お天気のせいもあり、遊びに来てくれたワンちゃんも 今年の遊び納めをして 満足気に帰っていきました。

クウちゃん

 

マメタ君

 

 

タブちゃん。

大父ちゃんに買ってもらったというダウンジャケットを着用です。

 

リバーシブルで 反対側はこんな色

 

もちろん、大ちゃんもおそろい。

 

 

ルル君

 

テル坊

 

お久しぶりのマーフィー君

 

 

来年は13才になるんですって。

貫禄十分。

 

 

今年も 週一ペースでのご利用、お買いもの、ありがとう。

 

 

ドッグランでは 社交の花が咲いています。

 

 

リンポチェちゃん、今年は良いご縁に出会えてよかったね。

そして、ハペ君も 人間と猫と、新たな犬という家族に恵まれた素晴らしい一年でした。

 

では、マーフィー君、老犬になっても 元気で遊びに来てね。

家族の猫ちゃんたちをよろしくね。

 

 

窓の外で楽し気に遊ぶ光景を羨望の眼差しで見ているクロちゃんでした。

 

リンポチェちゃん、初めての家庭で迎える、おそらく初めてのお正月でしょうね。

よかったね。

 

クロちゃんのファンの方が 遠方からのご家族を同伴でクロゃんとの会話を楽しんで下さいました。

 

 

目いっぱい撫でてもらって 嬉しそうなクロちゃん。

このご一家も昨年 最愛の老犬を看取られて 今は クロちゃんに会いに来られるのが楽しみだそうな。

10歳シニア犬と言えども まだまだ若々しくて元気なホクト君ですが、深刻な病気を抱えています。

しかし、全くそんな気配を感じさせない動きと笑顔に 我々は元気をもらいます。

命いっぱいを しっかりと生き切ってくれますようにと願いつつ、今日も ドッグランで嬉しそうに駆ける姿を眺めています。

無事に年越しができそうで ホットしていますし、病を苦にしている素振りも見せないので不思議なくらいです。

どうか 元気な いつものホクト君が新年にも会えますようにと願っていますよ。

 

 

本年最後を締めくくってくれたのは、老犬モモちゃんでした。

今年の秋、ベルリンカフェの後に 相方のサクラちゃんを見送って すっかり淋しくなったそうですが、まだまだ サクラちゃんの分も元気で長生きしてくれそうです。

 ビンチェーロをご利用いただいた飼い主様、ワンちゃんたち、そして猫ちゃんたち、今年も お世話になりました。

また、来年も この店での絆や愛護心を共有して、愛犬愛猫を守るという共通の原点の下にお会いしましょう。

|店主のつぶやき|18:25| - | 2019.12.29 Sunday |

あと一日

さあて、ビンチェーロの今年の営業は あと一日となりました。

今日は 寒い空気の中 フード駆け込みのお客様がありましたが、皆さんご多忙で ドッグランでのお遊びは省略でした。

 

世の中 なんだか 気ぜわしいなあ。

光希が 何かを感じて ケージ越しに外の気配を伺っています。

 

食が細いとのご相談に来てくれたレアちゃん。

元気いっぱいなのですが、飼い主さんは 彼女がガツガツ食餌をかきこむ姿を拝みたいのだそうです。

 

春香ちゃんの服にご注目あれ。

なんと、前にチャックで開閉かと思いきや、これ、そういう柄なんですわ。

だまし絵ってやつですかね。

かわいけりゃあいいか。

 

年末年始のお買いもの同伴のケンタ君。

いつものように しっかりと ご飯とおやつを確保してもらい 嬉しそうな笑顔です。

 

おやおや。

こちらは ネズミさんですか?

 

 

はい、一応げっ歯類なので 自慢の前歯もついているという芸の細かさをご覧あれ。

来年の干支を早々と着てくるという 衣装に意匠を重ねるオジちゃんらしい演出です。

ちょっと 何見てんのさ、と言いたげな目つきですが・・・・。

来年も素敵な好いネズミ年になるといいね。

|店主のつぶやき|17:01| - | 2019.12.28 Saturday |

福は いらんかえ〜〜 ♪

11月のベルリンカフェで ご寄付いただいたワンちゃん服を超安価で販売しましたが、在庫のものを 店内に展示したところ、お目に止めていただいたお客様が 既に何枚かご購入下さり、少しずつではありますが、アニマルリンク鳥取の保護犬猫のための基金の足しになっています。

 昨日、新たに 愛犬の衣服を 保護犬猫基金にと寄付して下さった方があります。

いずれも小さい子向きですが、特に汚れていない身体であれば、お気軽に試着させていただいてかまいません。

冬用の温かそうなものもありますよ。

 お買いものついでに 是非お手にとってご覧下さい。

 

来年の「福」を買うつもりで これらの服を福に替えてみるというのも名案ですよね。

いずれも たっぷりの愛情を受けた幸福な子が使用したもので縁起もいいですよ。

使用したものとはいえ、まだまだ十分に着用できるレベルです。

|店主のつぶやき|15:17| - | 2019.12.28 Saturday |

年末年始のお買いもの

もうすぐ年末年始のお休みに入ります。

フードが切れて困っていたと、定休日の翌日の今日 どうにか息をつけましたとばかりご来店の飼い主さんに同伴のダロン君。

先代、先々代、いや4代に渡るご利用には まことに感謝の店主であります。

ダロン君は 便の回数が多いとのことで、今の食生活に ちょっと変更をご提案してみました。

便秘より 下痢よりいいことなのですが、便の質は勿論、量も適量というのがありますからね。

 

ねえ、お母ちゃん、僕の好きなあれ、もう買ってある〜?

 

 

額の上に 北海道鮭のトバを置いての「マテ!!」。

一点集中し、息をひそめて「ヨシ!!」の号令を待つダロン君。

北海道の鮭は もうたまらくいい匂いなもんで、恍惚の瞬間だったことでしょう。

 

 あれよあれよという間に、今年の営業もあと二日です。

愛犬、愛猫の主食やサプリメントなど、日常の食は正月明けまで持ちそうですか?

ビンチェーロは 明後日29日 日曜日が今年最終となります。

お急ぎ下さいませ。

|店主のつぶやき|17:18| - | 2019.12.27 Friday |

木枯らしの前の晴天

一昨日水曜日の好天は どこへやら。

定休日の昨日と今日は なんとも空模様のご機嫌が悪くて、今朝なんぞ、木枯らしどころか台風並みの強風にビックリ!

 

こちらは、水曜日の一場面。

好天が勿体ないと ドッグランに出したら、早速 日向でごろ寝を決め込んだクロちゃんと、その横で のびをするゴン子です。

 

ちょっとやそっとで起きないクロちゃん。

何を夢見てるか、気持ちよさそうです。

 

水曜日は 飛行機雲が やたらと目立っていましたが、なにかあったのでしょうか?

たまたま来ておられたお客様によると、空を仰ぐなり「ああ、カニだわ。」との反応。

なになに? なんで 飛行機雲が「カニ」なわけ?

彼女曰く、なんでも、都会の富裕層が 自家用ジェット機で 賀露(鳥取の漁港)にカニを食べに来るとのこと。

この時季には そういう人が増えて、ジェット機が鳥取上空を飛び交うってことですか・・・・。へ〜〜え。

飛行機をさばく管制官が忙しかろうと思いますが、よくニアミスが起きないことですねえ。

 

|店主のつぶやき|17:02| - | 2019.12.27 Friday |

クリスマスイヴ 

今日は 雪の無いクリスマスイヴです。

クロちゃんも、まだご縁に恵まれないまま、ビンチェーロでクリスマスを迎えることになりました。

何もしませんが、せめてもの扮装だけで 気分を演出します。

 

トナカイの角を着けてみると・・・

 

全くの自然体で すんなりなじんでいるのが不思議。

なんだか この子の顔見てるうち、自然に ある犬を想い出しました。

 

我が家の愛犬ベンケの最晩年の姿です。

現在地に移る前のお店で 初代番頭を務め、いつもお客様をお迎えしていた頃です。

窓辺に設けた定位置で 穏やかに お客様を見守っていましたっけ。

なんと13才で去勢を受けたのを機に、あれよあれよという間にダルメシアン状態の水玉模様になってしまってビックリでした。

漆黒の身体が 老いを語り出してからの去勢は、老化を一気に加速させてしまったのかと 若い時期の去勢をしなかたことを悔いたのも苦い想い出です。

ちなみに、老犬になってからの去勢には理由があります。

彼の場合、13才で、前立腺肥大が判り、その対応として 予定外の処置となった次第です。

この撮影の半年後に 彼は14歳半で 安らかに一生を終えました。

 

 

皆さんから可愛がっていただき、幸せな老後でしたが、今のクロちゃんと 雰囲気も似ていて 重ねてしまいます。

パソコンで取り込める貴重な記録は この2枚だけ。

なにしろ 旅立ってから10年以上が経ちましたもの。

クリスマスには、首から大きな鈴の連なった首輪をして出迎え、お客様を笑顔にしていたものです。

ああ、なつかしや。

 

こちらは 広島のお客様の愛犬 ケンシロー君です。

以前お送りいただいたものを ちょいと拝借してみました。

飼い主さんは、生前のベンケをご存じの昔なじみさんです。

ず〜〜と そのころからのおつきあい。

二代目わんこも すっかり老犬になって、またしてもベンケと重ねてしまう私です。

 

超久々にご来店のお客様が連れてこられた愛犬クリームちゃん。

17才になったそうです。

でも まだまだ元気で、店内をしっかりとチェックしてましたよ。

 

同じく愛犬のアスカちゃん。

トナカイの角を いやがることなく 素直に受け入れてくれました。

「どう?似合うでしょ?」とでも言いたげな顔です。

 

2頭は仲良し家族。

飼い主さんの教育が行き届いて よく従っています。

 

久しぶりに来た今日はクリスマスイヴなので 好きそうなおやつを選んで買ってもらっていました。

元気そうでよかったです。

クリームちゃんも年をとっても 可愛さは むしろ増してきたように感じました。

老犬というのは いつも思うのですが、生きてきた道のりが長いせいか、独特の味が出ているのが魅力です。

どの子も 幸せなクリスマスが訪れるといいなあ。

また お揃いで来てね。

|店主のつぶやき|17:00| - | 2019.12.24 Tuesday |

もうすぐクリスマス ♪

お天気の間に 精一杯走ろうと来てくれたクルミちゃん。

小さい身体で 全力での力走は見ごたえありました。

 

エアロ&ゆずちゃん組が お天気のドッグランを水入らずで楽しんでいきました。

 

店内でのお買いものは、以前お試しいただいたヤムヤムヤムです。

えらく気に入り、食べっぷりが これまでにないガツガツ感だということで お好みの「かつお」をご購入です。

こんなに喜んで飛びついたフードは初めてですと その反応に大満足の飼い主さん。

ようこそ ありがとう。それではとばかり、クルミちゃんにツリーのかぶりものをして写真に収まってもらいました。

 

なんだ、まだかいな。

お次は お決まりの「トナカイ」です。

くるみトナカイ、可愛かったですよ。

 

こちらは 日曜日に来てくれたモモちゃんです。

穏やかな老犬ならではの 静かな笑みを浮かべて ポーズをとってくれました。

まだまだ元気で居てね。

 

ほ〜らね。

トナカイだって なんの抵抗もなく されるまま。

 

元気なうちに せいぜい ドッグランで筋力を保てますように。

平素のお手入れがよいようで 年齢の割に、歯も白くてきれいです。

 

こちらは お買いものに来てくれたテンちゃん。

おいら 気が進まないんだってば〜。

腰が引け加減ながらも 一瞬で クリスマス写真を撮れました。

笑いものにされて、プライドも何もあったもんじゃないぜ。

まあ、そう言いなさんな、と、新発売のおやつで ご機嫌を直してもらいました。

|店主のつぶやき|17:52| - | 2019.12.23 Monday |

飛ぶ犬

スマホの連写機能とやらをテストしてみることになり、被写体を前に シャッターを長押ししてみました。

デジカメでは 本体も背景もぼやけてしまい、せっかくの躍動感が出せないのが残念でして・・・・。

 しばらく押していると 一呼吸する間に何十枚が撮れてしまいますが、その中で、ばっちり、くっきり これだ!というのが、意外にも見つからず、辛うじて 地面から浮いた姿を載せてみます。

被写体はオジちゃんです。

風切る速さを うまく再現できず残念です。

やはり プロの腕と機材に対抗しようなんて 所詮無理な話でした。

 

夕方近い時間は光量も少なく 暗い写真になってしまいます。

素人ということで、お粗末な写真でも 苦笑いしながら おつきあいくださいな。

|店主のつぶやき|18:00| - | 2019.12.17 Tuesday |
全 [297] ページ中 [2] ページを表示しています。