母の命日

今日は2年前に旅立った母の祥月命日です。

私を産んでくれ、育ててくれ、守り支えてくれた93年の一生でした。

母の遺品には 金銭的に価値のあるものはないのですが、私のお気に入りは 彼女が自ら土をこねて焼いた食器です。

数少ない作品の一つに、好物の味噌汁を入れて お供えしました。

素人にしては 厚さも均等で、手にとっても、不要な重さも感じません。

母の作品は どれも素朴で 自然の風合いを意識したと思われます。

手にふんわりと優しくなじんで、その人柄が偲ばれるから 私にとっては、金銭的価値以上の重要文化財です。

品の良い色合いの浅い器に、昆布だけで出汁をとった味噌汁が湯気を立てています。

「お母ちゃん、熱いうちに 召し上がれ。」

 

花屋さんに行く間がなくて、しかたなく 庭を眺めまわしたら そろそろ紅葉しかけたドウダンツツジを見つけました。

何か花がないかと、さらに目を凝らすと、今シーズン、初めて開花したと思しき山茶花を発見。

そして、足元に 一本だけミヤコワスレが 「どうぞ摘んで下され」とばかりに、遠慮がちに ひっそりと咲いているのを続いて発見。

娘が わざわざ花屋さんで買い求めた花でなくとも、身近なところで、しかも、季節を感じる花を、むしろ母は喜んでくれる気がします。

一輪きりのサザンカとミヤコワスレは、素朴で そう悪くないと思いますが、何より、母が間違いなく喜んでくれるのは、紅葉したドウダンツツジでしょう。

5年ほど前、90に近い老母に どうしても見せたくて 隣県、豊岡市の山中にある安国寺に連れていった折、その燃えるような紅葉の見事さに 母が大いに感激したのを鮮明に覚えています。

母は、その後 幾度も幾度も 安国寺の紅葉を話題に出して、忘れえぬ想い出だと嬉しそうな顔をしていました。

秋になると 最近では必ずといっていいほどネットの画像に登場する あの紅葉は さすがに格別です。

規模は決して大きくないのですが、室内から望む燃える紅葉で屈指の名所となっています。

今風の表現なら「インスタ映え」の典型と言えるでしょう。

さほど広くはない部屋の、開け放たれた障子越しに 燃え盛る炎かと見まごうほど激しく映える紅葉を、この目で実際に見てみたいという願望と、あと何年も残されていない母の余生に せめてもの死に土産になればと、ささやかな親孝行のつもりでした。

「あの紅葉は見事やったねえ。安国寺行けてよかったわ〜〜。」

想い出すかのように 満足そうに目を細め、何度も感想を聞かせる母に、もっと良いこと、もっと喜ぶものをと望んだものの、たいしたことできないまま別れることとなりました。

離れた地に居ては、結局、母を看取るという 最大で最後の孝行も果たせずじまいでした。

自慢させるネタもなく、元気なこと以外 とりえのなかった不出来な娘ですが、せめて 温かい湯気の立つ味噌汁でも供えて、勘弁してもらいましょうか。

 ちなみに、隣の白飯は、初めて生協で買ってみた おにぎり一個分の保存可能な白いご飯です。

必要なときに そのままレンジで温めれば いつでもたべられる 便利さが売りのようです。

赤絵の器は既製品であって、母の作ではありません。

 

 母が逝って もう2年経つのかと しみじみ 在りし日を回想しながら、暮れゆくのが早い秋の日を見送ります。

庭のドウダンツツジの一枝が、あの名所の座敷で味わった感激を 再び母に届けることができたなら 娘としても嬉しいです。

母の反応を知る術もないのが残念ですね。

「お母ちゃん 命日 おめでとう」、は おかしいし、こういうとき なんて呼びかけるのでしょうか。

 

|店主のつぶやき|16:45| - | 2020.11.13 Friday |

勿体なや秋晴れの定休日

 せっかくの快晴だというのに、この日は幸か不幸か定休日。

今が盛りの紅葉を見に行きたいのは山々なれど、GO TO トラベルの気になれない店主です。

 というか、定休日なればこそ果たさねばならない用事をこなすのが常の木曜日です。

ゆ〜〜ったりランチを楽しんだり、お買いものや行楽にお出かけできたら どんなにいいでしょうけど、今の私にゃ遠い憧れ。

 

お届けものに来たカニスさんは けっこうにぎわっていて、お喋りどころではない状況でした。

背景には写り込んでいませんが、たくさんのワンちゃんがドッグランに来ていましたよ。

この瞬間は偶然 保護犬ラッキーが ぽつんと佇むかのように見えますが、そうじゃないのです。

 

最近は 担当獣医師の処方による消化酵素摂取と カニスさんのお世話が功を奏して、順調に回復をたどっているラッキー。

長らく悩んでいた腸の調子も好くなって、健康道まっしぐらの日々を重ねています。

今の課題は体重の増加です。

やみくもに食べさせればいいというわけではないので 彼の場合は この先、全身状態を検査し、その結果をふまえた指針に沿って

まだまだ続くであろう生涯を支える術を実行するのみ。

素晴らしい性格に恵まれているので やはり望みは家庭犬として送り出すことです。

この願いが叶えられる日を目指して 頑張っているカニス店主さんです。

 

一方、こちらは ビンチェーロ店主が食生活を担当させていただいているモグちゃんです。

3カ月前は裸同然だった身体に被毛が生えそろってきました。

これまでも、皮膚に問題を抱えた保護犬を何頭か関わってきた経験を活かし、食材やサプリメントを選んでおります。

この日も 食材を届けに行きました。

 

分厚いふかふかのベッドは 彼の支援を積極的に担っている方からのプレゼントだそうです。

彼を優しく受け止め、包み込むかのような心地よさが 気に入っているようです。

驚いたことに、このベッドの下には 滑り止めや湿気を防止する設定も施されているそうです。

どこまでも細やかに 彼の快適さと健康に留意されていて感心というより尊敬の域です。

私には思いつかないことで、お恥ずかしい限り。

飼い主さん方に 健康生活を説きながらも、まだまだ学ぶことが多い店主です。

 

トリミングのお客様のワンちゃんも お迎えを待つ間、モグちゃんの居るところで安心して過ごします。

 

モグちゃんの視線の先には、おやつを手にした支援者の方が立っておられます。

 

与えるおやつにまで心遣いをいただき、安心安全のビンチェーロおやつを差し入れして下さるそうで、頭が下がるばかりです。

 

お客様わんこもご相伴のようですね。

 

あれ? もう無いの?

おやつには貪欲なまでの執着を隠せないモグちゃん。

空の袋を未練たらたらで凝視します。

 

先日のベルリンカフェ後、初めて ビンチェーロドッグランに遊びに来た折、意欲的に歩きすぎたのが影響したらしく、後肢に ちょっと負担がかかっちゃったみたいです。

芝生を自由に歩く快感を知って せっかく連れてきてもらったのですが、やはり 過ぎたるは・・・・といいますからね。

筋力を鍛えるためと思っての運動でしたし、決して無理はさせていないのですが、本犬自身が好んで歩きたがるのを こちらも嬉しくて 彼の主導に任せたのですが、帰着後、少し後肢の調子が好くなかったようです。

彼の状態を見極めず、その反応の良さに喜んでしまった店主の私も大いに反省です。

 しかし、モンタさん曰く、徐々に回復傾向にあるとのことで、焦らず、調子に乗らず、ゆっくりと 鍛錬よりお楽しみというレベルで これからも見守りたいと思っているので モグちゃん どうかご勘弁を。

おばちゃん、つい浮かれちゃって ごめんよ。

 

これは一週間前のモグちゃん歩行の図です。

アスファルトの上を歩く姿は、ほとんど健常犬と変わりません。

 

モグちゃんベッドには、猫も居心地の良さから ちょくちょくお邪魔に来ているようです。

 

保護猫と遊ぶのも モンタさんならではのお楽しみ。

ほほえましい光景が 見る者を癒して、オキシトシン大放出中。

 

 

モグちゃんのお食事タイム。

自分が提供した食餌を黙々と平らげる光景を目の当たりにするのは 担当者冥利に尽きます。

 

モンタさんは、私がお願いした通り、ドライフードをたっぷりの水分でふやかしたものを食べさせて下さっています。

老犬だからというより、水分をしっかりと摂取させたいからという理由での食餌です。

無論、フードは 当犬の体調を鑑みて選んだものです。

 

時々体勢を変えながら、美味しそうに平らげてくれました。

 

フード自体も美味しいけれど、内容もなかなかのものです。

提供する食材は、モグちゃんの身体が喜び、健やかな余生がまだまだ続くための支援となるようにと祈りをこめています。

モグちゃん、空になった食器を名残惜しそうに眺める姿に感謝です。

モグちゃん、食べてくれて ありがとう。

この一食一食が あなたの生きる力となりますように。

まさに一食入魂です。

 

満腹になり、静かに身を横たえます。

温かいベッド、温かい服、こんなに恵まれた生活が 今さらですが、実現できて 本当によかった。

もっと早く 苦労などせずに 幸福な歳月を楽しめたらよかったのになあ、と ちょっと胸が痛みます。

|店主のつぶやき|12:05| - | 2020.11.13 Friday |

気が進まない試着

 ビンチェーロに来ると おもしろいこと、楽しいこと、いっぱいあるからと ほいほいついてきたものの、ほとんど いいことがなかったオジちゃんの冴えない顔をご覧あれ。

 

以前買ってもらった雨合羽を着せられて 浮かない顔です。

雨が降っても これなら濡れないからと 愛犬を想ってのことなのですが、当の愛犬は 喜ぶどころか 勇うつそうです。

着衣は苦手なオジちゃんにとって、一種の拷問みたいなものです。

 

これからは寒くなるからと、もう一つ 着せてみることに。

しかし 本犬の後ろ姿も なぜか覇気がありません。

 

ほ〜れ、機嫌直しに、ウグイ どうだ!!

 

電池仕掛けのウグイの尻尾が ぴょんこぴょんこはねるも、オジちゃん 全く関心示さず。

着衣状態では 遊ぶ意欲も削がれるようです。

 

お天気の時間帯にドッグランに遊びに来たしょーちゃんも、ピョコつく魚を見ても 一瞬 ひょいっと後ろに飛びのいただけで、関心も好奇心も一切無い様子。

そうか、なるほど、なんでも動きゃあいいってものではなさそうですね。

|店主のつぶやき|15:52| - | 2020.11.11 Wednesday |

アニマルリンク鳥取 古着コーナー

 当ブログにも ちょくちょく載せているビンチェーロの古着コーナーですが、ベルリンカフェ前後から、新たな提供品が吊るされております。

大半が超小型、または小型犬用となっております。

一部 レインコートのみ 500円で、あとは 全て100円均一品です。

可愛い系、渋系、粋系、いろいろなタイプのものが ずらりと並びます。

お好みのものを、同伴の愛犬ちゃんに試していただき、お気に召したら お買い上げ下さいませ。

 

愛犬用介護、トイレ、保温などに関する商品もあります。

老犬、寒さに弱い子などに役立ちそうなものもあります。

 

一点100円でお買い上げいただいた売り上げ金全額が収益として、保護犬保護猫の医療費飼養関係費用の助けとなります。

間接的ご支援となりますので 遠慮なく試着させて、どんどんお買い求め下さい。

 なお、傷、ほつれ、汚れ、不具合などが無いものであれば、広く 皆さまからのご提供を歓迎しております。

たとえ〇千円も出して買われた服であろうと、未使用であろうと、まさかの100円で販売させていただくことをご理解の上、ご協力いただければ幸いです。

 ちなみに、中型犬、大型犬用のサイズはほとんど無いのでご提供いただける方があれば どうか よろしくお願いします。

|お知らせ|15:39| - | 2020.11.11 Wednesday |

寒い雨の月曜日

週明けの月曜は 朝から怪しい曇天でした。

ドッグランに含まれた雨が 犬たちの足元を濡らしますが、私も長靴でした。

フードを買いに来られる折は 飼い主さんだけのことが多いのですが、今日は 久しぶりに連れてきてもらったショコラちゃん。。

 

お土産のりんごを薄くスライスしたものを 犬たちに一片ずつ分けてくれて、どの子も目がキラキラしています。

美味しくいただきました。

 

お母ちゃんが なっちゃんを抱っこしているのを見て ちょっと複雑なショコラちゃん。

 

他に緊張する人物も居ないので ひとまず安堵したようです。

 

Wさんの腕に抱えられたスズちゃんは、メルヘン気分満点の服で登場。

 

ちゃんとカメラ向いて〜〜、とお願いしても 渋々のスズちゃんですが、決して不機嫌ではありません。

 

外が薄暗くなりかけた頃、マメタ君が来てくれました。

彼も 我が道を行くタイプでして、カメラ目線など 望むべくもありません。

いいのです。気分よく過ごしてもらえたら それで。

今日は冷たい雨の降るドッグランで はじけて遊ぶ子の姿は無かった、と言うところですが、なっちゃんは 塗れようが汚れようがおかまいなしでした。

あいにく証拠写真は写せていません。

 

こちらは日曜日の夕方に来てくれたモモちゃんです。

いつも穏やかなモモちゃんですが、この日のおやつには この通り ワイルドな反応でこたえてくれました。

そりゃ美味しいって、ビンvチェーロのおやつは 小細工(添加物)無しのほんまもんですから。

お店で美味しい試食もできたし、満足したモモちゃんは、飼い主さんと二人、暗くなった夜道を駐車場に消えていきました。

 

|店主のつぶやき|17:09| - | 2020.11.09 Monday |

週末と日曜日   嬉しい訪問者   猫のため息

 ベルリンカフェが終わって、週が改まってからは、当日 あれほどにぎわっていたビンチェーロも いつもの静かな日常に戻っています。

 

ベルリンカフェ当日は残念ながら来れなかった子も お顔を出してくれました。

楽しみにしてたけど,飼い主さんのご用で来れなかった春香ちゃん

 

先週は ベルリンカフェに来場し、人と犬に酔ってしまい、くたびれが出なかったかと案じていた大ちゃん&タブちゃん一家も、いつものように定期訪問を果たしてくれました。

 

店内で、毎度おなじみのファッション物色光景。

ギャラリーも あれがいい、こっちがどうかなと、勧めます。

好みのは あいにくサイズが合わないんですよと残念そうな春香母ちゃん。

 

この日は「ええとこの子」スタイルで決めました。

淡くて上品な色も またお似合いの春香ちゃん。

 

大ちゃん、先週のカフェは 年寄りには堪えたかと思いきや、いつもの元気で また来てくれて ホッとしました。

 

タブちゃんは 老犬の域に達してなお、可愛い色柄が似合います。

 

元気いっぱいのクルちゃん。

この日は 同居犬のライチ君と同じく ユリウスのハーネスを新調してもらいました。

 

あらら、またお着換えの春香ちゃん。

渋系も またいいんじゃない?

秋らしくて素敵と褒めたら 一瞬チラリとドヤ顔を向けました。

 

休憩の店内で さらにお色直しが続きます。

 

ライチ君は 夕方のドッグランで 自由奔放にボール遊びにはまり込んでいました。

 

クルちゃんも一緒に遊ぶ表情が楽しそうです。

飼い主さんのお仕事が済んでから、愛犬の運動に充てる時間を設けるよう努められたようです。

 

買ってもらったばかりのオレンジのハーネスで これから散歩が楽しみ!!

 

前日 カニスさんで開催の「飼い主さんと愛犬のしつけ教室」に 初めて参加したというムギちゃんが、早速 習ったことを実践しているところを見せに来てくれました。

 

良い集中力です。

 

そして 軽い身体は 簡単に離陸犬になってます。

 

 

あら〜〜!! つい先日のベルリンカフェで サプライズ登場のもぐちゃんが来てくれました。

 

 

モグちゃんのことを知って 我が愛犬同様に、いやそれ以上に 深い愛情で応援なさっているMさんが、仕事休みを利用して、モンタさんに代わり ボランティアで連れて来てくれました。

 

一週間前に 初めてビンチェーロドッグランに来たときの記憶は、まだ新しいのか 匂いで 想い出している様子。

 

新しいセーターは つい先日 ボランティアMさんが わざわざ買ってきてくれたものだそうです。

寒い身体を温かく包むようにと 優しい気遣いにも温もりが感じられます。

気のせいではなく、歩む姿も、速度も この日はしっかりとしていて、いつもより安定感があります。

こうした運動の時間を積極的に設けてもらい、無理のない範囲で筋力をつけることも 本犬の健康づくりに作用する気がします。

 

こちらは 久々に姿を見せてくれたワッフル君です。

フードを買いに来られるのは飼い主さんだけというのが続き、元気で居るのかなあと思っていたら いつも通りの元気でした。

 

ドッグランで遊びに夢中になっていたムギちゃんが、珍しそうに モグちゃんに近寄ってきました。

 

なんか違うぞ、この先輩は・・・・?

仙人のような 哲学者のような風情に 心惹かれたか。

モグ先輩、我関せずで、我が道を進みます。

 

先日 初めてこのドッグランに来た折、芝生の上を歩いた経験が刺激になったらしく、是非また歩かせてみたいと願うモンタさんに代わって 連れてきてもらって、モグちゃん、地味ながら満足そうに歩を進めていきます。

保護犬になる前は、散歩したことあったのでしょうか。

ひょっとして 歩くということ自体、初心者だったりして?

あるいは、野山を放浪しすぎて この身体になったのでしょうか。

 

 

無理せず、休憩をはさもうね。

これまたMさんが 冷たい床に休ませるのは忍びないと自ら用意された温かい敷物に身体を休めます。

どこまでも行き届いたサポーターさんぶりに 感心すると同時に敬意と感動を覚えます。

なんて気の利く方なんでしょう。

 

 

ワッフル君は 久々のビンチェーロに来れて この笑顔。

長らくのご無沙汰だったけど、季節も変わったし、これから ちょくちょく来てね。

 

おや、Mさんの愛犬アンちゃんとビス君が いつの間にか そろってモグちゃん親衛隊になっています。

 

可愛い親衛隊に「悪くないなあ」と ちょっと誇らしげな目のモグちゃん。

 

このまま来年の年賀状に使えそうなポーズを決める3頭。

 

優しい、安らかな表情を浮かべて 身も心もくつろぐモグちゃんです。

ちなみに、背景に写っている雑貨は アニマルリンク鳥取のチャリティー商品です。

布の小物やマスク、がま口、キーホルダーなど、機会あれば 是非 楽しんで下さいね。

保護犬猫の支援用商品なので、まさに モグちゃん、このコーナーの店番のようです。

 

なんなら、このままビンチェーロの看板犬に収まりそうな錯覚が・・・・。

自然に お店の風景に同化しています。

 

少し休んだ後は、小さな親衛隊たちと、自由に店内を闊歩。

 

 

珍しく いつもは静かなアンちゃんが 店内を とっても快活に走り回っていました。

カメラついて行けず。

 

ビス君も気にしながら モグちゃんを見守るかのようです。

おい先輩、大丈夫か?

ありがとよ。

 

離れた場所から、見守る視線を背に、とことこと店内を巡回し・・・

 

商品棚を点検していきます。

物色? それとも点検?

そっちは猫用コーナーだよ。

 

アンちゃんには ちと高すぎるドッグラン出入り口。

無理はすんなよ〜〜。

 

 

ほ〜ら、降りてごらん。

少し陽が当たって温かくなっている草の上に 休憩後 再び身を置いてみるモグちゃん。

 

小さな仲間は 共に自由行動。

 

 

モグちゃんの過去は誰も知りません。

どこで暮らしていたのか、どこで生まれ育ったのか。

そして なぜに あの姿で行き倒れていたのか・・・・。

遠い目で田畑を眺める彼の脳裏に何が去来しているのやら・・・・。

 

再び店内で 今度はおやつタイムかな。

モグちゃんは 自らは強引にせびることなく そっと見守ります。

でも、犬一倍旺盛な食欲の持ち主なのです。

我欲で行動しないところは なかなかの紳士です。

 

大好きなみかんまでもらってるビス君。

一粒だけよ。

 

歩く様子が ちょっと疲れてきたモグちゃん。

さて、無理せず、そろそろ帰ろうか。

 

スポンサーを買って出たMさんの善意で 今日は楽しく過ごすことができたモグちゃん。

モンタさんに迎えに行き 車でビンチェーロに連れてきて、また帰っていきます。

そう言えば 今着ている服だけでなく、厚いベッドも、おやつも Mさんの心づくしです。

「我が子」以上の手厚い愛で支えて下さるお気持ちに 頭が下がるばかりです。

しあわせなモグちゃん。

お仕事で忙しいモンタさんのところに 大満足で帰っていきます。

温かい「おうち」が待っています。

 

 ドッテ〜ンとひっくり返るオジちゃん

 

ウェル君が来ましたよ。

いつもどおり 尻尾振りっぱなし。

 

そこに 勢いよく大きなマロン君が挨拶に。

 

ドン引きするかと思ったら、ウェル君も 互角に対応します。

なかなか肝が座っとる。

 

なんと、普通に遊び始めました。

サイズなんて そんなの関係ない!

 

ゴールデン君も加わって この日は大型犬が優勢か。

 

10歳だけど可愛いまんまのツヨシ君も 笑顔を振りまいて ドッグランを楽しみました。

 

ルル君も参加。

 

ドッグランを 楽し気に駆けまわる子たち、友好的に接する、あるいは そうしようと努める子たち。

どの子も 後に良い想い出になるといいですね。

 

店内で オジちゃんが見上げる先には

 

三毛母ちゃんが居ました。

この日は譲渡会でした。

 

かわいい4カ月の子猫は すっかり安定して いつでも送り出せる順調なる成長ぶり。

 

姉ちゃんは先に貰われていったけど、あたしは まだなの。

誰か、「うちにおいで!」と手を挙げてくれないかしら。

 

保護主さんの懸命の保育と日々のお世話が実って とても良い子に育つことができました。

譲渡会に参加を重ねるうち、おかげさまで人慣れもしてきて、甘える術を覚えました。

「うちの子」に迎えたい方、譲渡会の日でなくても 面会ご希望に応じます。

実は まだ譲渡会待ちの子がおります。

どうか この母子を 一緒でなくてかまいませんので ご検討いただける方があれば、お早いご連絡をお願いします。

未公開の子たちも 現在 保護主さん方が、懸命に育てております。

その努力が実を結ぶ日がくることを楽しみに 励んでおります。

|-|21:54| - | 2020.11.08 Sunday |

三毛母子 「幸せ み(三)っけ(毛)た!」の朗報待つ!!

 保護主さんが保育から手がけた三毛の赤ちゃんも 順調に成長し、いつでもお嫁にいける状態になりました。

めでたく 送り出せるのを待つばかりの母猫と娘猫が 明日 またやって来ますよ。

 

この子は 前回 ありがたいことに良縁を授かりました。

 

手前の子も 健康で 遊び好きの性格で 慣れたら かけがえのない「愛猫」になります。

すっかり成長したとは言っても まだまだ子供。

お母ちゃんのお乳は離れたけれど、甘えん坊の愛すべき子です。

若い母猫も 行先を求めて 一生産まなくて済む身体にリセットも終えて、いつでも 愛猫生活スタートできます。

長く 幸せなキャットライフを一緒に過ごしてくれる素敵な家族を待っています。

20年に及ぶ一生を楽しみながら 深い愛情で守っていただける方 いざビンチェーロへ!!

 猫が初めての方にも 親切にアドバイスしますよ。

あまりの愛らしさにハマってしまうかも。

是非 面会にいらしてみて下さいね。

明日 8日 お気軽にお越し下さい。

 

猫譲渡会  午後1時〜4時

 

|里親情報|17:37| - | 2020.11.07 Saturday |
全 [647] ページ中 [3] ページを表示しています。